2021年

4月

14日

新年度、初心!

2021年度が始まり、おかげさまで継続ご用命の年間支援事業も年度当初よりフル稼働、WHOアフリカ事務局ご用命の第4回野口英世アフリカ賞広報コンサルタント事業も本格始動、また、多くの有意の事業での引き合いも頂き、ありがたくも挑戦・成長の機会を頂き、快進撃の中にあります。

 

ちょうど2週間前、新年度を迎えるにあたり、OJ本部オフィスの棚卸をし、2020年度に感謝、2021年度へエールを送り、OJの夢と可能性に挑み、年度末に景色が変わっているOJを目指し決起したのが遠い昔に思える程です。

 

さあ、新年度の初心、今一度!

精気満ち満ちるパワースポットOJに!

 

2021年度へ決起!

棚卸で日露友好交流にゆかりのOJ北海道センター栗林センター長寄贈のロシアグッズを整え、OJの創成期をつくったロシア事業へのエールも。

ちなみに21世紀初頭まで、OJの事業の3分の一はロシア関係でした。

R.K.

web拍手 by FC2

2021年

4月

13日

歴史は続く

先日、小平にある「ふるさと村」に行ってきました。

江戸初期そして明治時代以降の建物を移築して保管・復元されています。

 

羽子板や駒など、今では飾り物になっているような玩具で遊ぶこともでき

子供達が距離を取りながらも遊んでいるのを見ると

このような光景は久しぶりである事に気付かされました。

 

昔ながらの日本の良さを残す。

それは文化だけでなく、精神や心根のようなものも残していければ

歴史を続けていくことができるのではないでしょうか。

 

年間支援事業に携わっているOJとしても

今までの良さを残しつつ、更に新しい事も取り入れて

次の時代へ繋げていければ、と考えています。

(R.T)

web拍手 by FC2

2021年

4月

12日

元に戻ることは、ない!

 

 桜前線は、東北地方へ北海道へ、

 桜を愛で歓喜する光景は続き、

 元に戻ることなく、先へ先へ、わくわくの波は日本列島を縦断していく。

 

 1年前、動きの止まった世界に茫然自失、

 流れに翻弄されつつも、

 事業に動きをつくることを我社唯一の道と決め、

 我社の、「やりましょう!」の文化が後押しし、

 動きを喚起する新たなモデルを作りだした。

 

 年間支援事業が次々とこのモデルを受入れ、動きがひとつまた一つと

 その輪を大きく逞しくし、新しい世界への変貌を可能とした。

 

 この経験は、人をして組織をして可能性への挑戦心を覚醒し、

 決して戻ることのない世界づくりへの基盤を作り上げている。

 

 今、新年度の事業支援を通し、この基盤の上に、更にその先の世界へ

 共有共鳴できるお客様との繋がり、広がりへ、

 我社は大きく大きく、伸びやかに動きをつくっている。 (T)

春の香から初夏の実りへ、元に戻ることのない自然の営み

web拍手 by FC2

2021年

4月

08日

仕事がもたらすもの

 

通勤時、桜に導かれるようにいつもとは違う道を通ると見慣れない花群が。

カメラをかざすとその花の名前を調べてくれるアプリを試したところ

「ハナダイコン」であることが判明。

 

花を愛でつつ新しい知識も得られるこのアプリを開発したのは、

千葉工業大学 人工知能・ソフトウェア技術研究センターとのこと。

 

誰かの仕事が私たちの何気ない日常に,

新しい発見をもたらしてくれることに純粋に感動しました。

 

形は違えど、私たちの成果づくりにもそんな感動が伴えばと思いました。

 

web拍手 by FC2

2021年

4月

07日

継続

新年度に入り気持ちも新たに日々の業務に取り組んでいます。

 

昨年度、コロナ禍を乗り越え年間を通し支援を続け、

成果を提供することができた全ての事業において

今年度も引き続きご用命いただき、身の引き締まる思いです。

 

継続して参画させていただいているからこその強み、

そして弊社の企画力・提案力が更に活きる年度となるよう、

現状に甘えることなく努力していきたいです。

(A.S)

web拍手 by FC2

2021年

4月

06日

Матрёшка

弊社のサービスのひとつに、国際事業支援があります。

中でも、創業以来30年を超えて支援を続ける戦没者慰霊事業をはじめとした

ロシア関連事業に、多くたずさわってまいりました。

 

今回は、ロシアと言えばの代表格、マトリョーシカ(Матрёшка)について。

 

マトリョーシカが生まれた由来は、色々な説がありますが、

一説によるとそのルーツは日本ともいわれています。

* 19世紀末、神奈川県箱根町を訪れたロシア人修道士が、お土産として持ち帰った

 箱根細工の「七福神の入れ子人形」がマトリョーシカの元となった、という説

 

国と国との意外な繋がり、他にもたくさんありそうです。

 

常に学びの姿勢で。

「日本を日本人を正しく強く発信広報することに貢献する。」国際事業支援へ、

さらなる成果を目指します。

 

(H.M)

2021年

4月

05日

「Noblesse oblige(高貴なもの義務)」

 

 新緑の魅力に、心も浮き立つ春の装い。

 四季の恵み、山紫水明に感謝を新たにする季節でもある。

 

 今我々は、我が先人達の強い確固とした思いそして行動によって

 維持されてきたこの恵まれた日本国で生活を作り得ている。

 

 

 この現実に背を向けるように、

 世界に冠たるこの日本国の伝統文化、自然が、他国及び

 他国の思惑に呼応する者たちによって蹂躙されている現実を目の前にしている。

 

 それでも、日本の指導者層と言われるところから、

 国家の喫緊の課題への責任ある動きが見えない。

 日本国の大計が聞こえてこない。

 

 この現状に多くの日本人が危機感を覚え、

 いかにへの思いを巡らしている。 主客が逆である。

 

「Noblesse oblige(高貴なもの義務)」

 かつて、中学生を前にして、学校長が当たり前のように話していた

 過去の衝動がまざまざと蘇ってきた。

 この世界が実現される日本国へ。置かれた場所で必ずの気概が満ちる。(T)

 

 

曇天に聳える。

web拍手 by FC2

2021年

4月

01日

新たな一歩

 

 新年度のスタートにあわせ

 弊社でコンサルタント業務を務める「野口英世アフリカ賞」

  (世界保健機関アフリカ地域事務局(WHO AFRO)より委託を受けました。)

 医療活動分野の広報用サイトが

 歴代受賞者の皆様方からの熱いメッセージとともに

 英仏日3か国語でオープンしました。

 

 多くの優れた医療活動を行っている個人・法人の皆様方からの推薦を目指し

 今回は、仏語での推薦受付も行います。

 

 賞が盛り上がりムーブメントとなる、そんな思いを込めて力強い一歩を踏み出しました。

 

 皆さまに野口英世博士の功績とこの賞について知っていただき、

 より良き動きの好機となるべく、強い発信を行って参ります。

 

メッセージはこちらから

 

web拍手 by FC2

2021年

3月

31日

2020年度おおみそか

今日、激変の2020年度の年度末、「大晦日」となります。

オリンピックで世界中の耳目が日本に集まり、訪日観光客で日本中がさらにかつてない賑わいを見せる記念の年になるはずが、全く社会の景色が一変した年度となりました。

 

お客様のご事業の究極の目標達成へ、ご事業の成功へ、年間を通じて貢献することをミッションとしているOJは、これまでもですが、今回も、社会の景色が変わったとしても、それを超えて事業に成果を作るご提案をし続けた一年でした。

 

独自の事業成果環境企画・運営メソッドによりお客様の組織価値、事業価値の向上を常に希求する、常に+αのご提案をご提供し続ける、「誰にも負けない事業への愛」がOJのAIです。

 

使命感あるお客様との出会い、共鳴、ご愛顧で今日の日を迎えられていることに感謝し、より貢献の高みのネクストステージへのリボーンを決意する3月31日です。

 

国際保健統計一筋47年間。

日本とWHOの良好な関係の要となられ、

ICD-11改訂、ICF普及に力を尽くされた

厚生労働省 国際分類情報管理室 及川恵美子国際生活機能分析官が、退職されます。

 

2005年のWHO-FIC年次会議日本開催以来のご愛顧、ご指導に、心より感謝を込めてOJよりもエールを。

 

写真は、『ICD-11 改訂と日本』厚生労働省より

 

R.K.

web拍手 by FC2

2021年

3月

30日

堂々と胸を張って

先日、久しぶりに明治神宮を訪れました。

 

今年度は世界中、そして弊社にとっても大変革の一年であったこともあり、

参拝後久しぶりに読んだ、明治元年3月14日「五箇條のご誓文」が新鮮に思え、響くものがありました。

 

また、五箇條の一箇一箇がどれも弊社が日々心がけていることに通ずるものがあると思え、創業33年、弊社の行いは間違いではない!と

堂々と胸を張りたくなりました。

 

オスカー・ジャパン経営理念

「日本及び日本人を正しく強く発信・広報することに貢献する」

 

まもなく迎える新年度も、更なる貢献と繁栄を願い突き進んでいきたいと思います。

 

(S.H)

 

web拍手 by FC2

2021年

3月

29日

先憂後楽

 

 梅から桜へ、そして新緑、

 春の動きに合わせるように、様々な動きが景色を変えていく時期、

 我社にあっても、新年度、参画を勝ち得た事業に一年をかけて

 成果という景色を提供していく、気概溢れる季節でもある。

 

 年度末の事業総括を活かし、新年度の戦略的事業構築への準備を

 今、粛々と進行している。

 

 コロナ禍を受けて、マスク姿、色とりどりのマスクに違和感も薄れ、

 当たり前の景色として受け入れている現実を見るに、

 お客様の我社に対する思いも、今を当たり前の前提として、

 我社への期待を抱いているとの思いを強くする。

 

 提案を常とし、事業に成果を結ぶ事業環境を提供することを

 サービスの根幹に据える我社にとっては、

 正に先憂後楽の思いを強くしての日々が始まっている。(T)

人知を超えた自然の創り出す世界、お客様の思いを超えた我社の新世界への思い。

 

web拍手 by FC2

2021年

3月

25日

スタートダッシュ!

東京オリンピック・パラリンピックの開催に不安の残る中、

海外からのお客様を受け入れない方向での決定がありました。

 

選手のモチベーション、大会の盛り上がりの点でも

多くの課題をかかえての開催となりますが、 

時は人を待たず、限られた時間の中で

日本開催の成果をみんなで作り上げていかなければと思います。

 

OJも、新年度のスタートダッシュに向け一丸となって、

先手の準備中!

(R.T)

web拍手 by FC2

2021年

3月

24日

新年度も成果づくり

 

  年度末になり、社内では

 今年度開催されたオンラインでの各種事業に参加された皆さまからの

 さまざま感想・ご意見の集約が進んでおります。

 

 遠方であったりご家庭の状況などから「オンラインでの開催でよかった」

 というお声がある一方、

「やはり直接話を聞きたかった・お会いしたかった」というお声も。

 

 OJではオンラインにて開催される事業については、

 使用アプリケーションごとにオリジナルの操作マニュアルをご用意。

 すべての方が安心してご参加いただけるサービスを提供しております。

 

 新年度からの各事業も、

 2020年度の経験を活かしこれまでのサービスをさらにブラッシュアップ、

 これまで以上の成果づくりを目指します。

web拍手 by FC2

2021年

3月

23日

 

先日、春のセンバツ高校野球が開幕となりました。

 

開会式では宮城 仙台育英の主将が選手宣誓を行いましたが、

東日本大震災から10年という節目の年ということもあり、その内容はとてもこみ上げるものがありました。

 

現在、日本ではオリンピック開催に向け、様々な議論が交わされていますが、

何故、何のために開催するのか、という本質的な部分からは

残念ながら逸れてしまっているように思います。

 

今回、2年ぶりとなる甲子園の開催と選手宣誓の言葉で、

スポーツが持つ本来の力やこうした大会を開催することの意味、そしてどんな時でも希望を捨てずに前を向くことの大切さに改めて気付かされたような気がしています。

(A.S)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

島貫主将の「春はセンバツから。穏やかで鮮やかな春、そして1年となりますように。」

という言葉に、2年ぶりにいつもの春のわくわく感を思い出したような気がします。

web拍手 by FC2

2021年

3月

22日

凡事徹底

 

 我社では、朝のコール“今日も一日がんばるぞー”を元気よく唱和し、

 全員での掃除で一日をスタートする。

 

 掃除は、自分を創る場、“創自”と名付け、

 我々を支える事務所、備品を、感謝を込め、徹底して磨き、

 整理整頓に目を凝らす。

 自己の考動に真摯に向き合う意味でも自己をつくる場、時間でもある。

 

 事業成果環境を提供する企業として、

 自社の環境を成果を生み出すに足る場として整えることは、

 精密機器を製造する企業の製造過程同様、当然求められるものである。

 

 先般、Pマークを取得する折、稀に見る短期間で取得に至ったことには、

 我社の日々の在り様とは無縁ではないと考える。

 

 凡事徹底、日々の絶えざる考動にわくわく。(T)

 

目を凝らしてみると、こんな世界に出会える。(山吹の開花)

web拍手 by FC2

2021年

3月

17日

3月に思う

 

コロナ禍で海外渡航が制限され早1年。

WHO総会時にジュネーブで継続開催しておりました神奈川県のヘルスケア・ニューフロンティアセミナー、

記念すべき第1回開催から3年間継続で弊社が担当させて頂き、やっと現地で事業が定着してきたところでコロナが襲い中断となってしまいました。

 

4年前の3月には、事業立ち上げのために現地ジュネーブの関係機関や会場を訪問調査しました。継続させて頂くことで経験を蓄積し、限られた予算や力をさらなら企画として事業発展にそそぐことができます。

 

日本の公的機関は単年度契約が主流ですが、複数年契約であれば!と感じる3月でもあります。

 

(K.K.)

 

13回セミナー配布資料と第3回交流会の様子

 

web拍手 by FC2

2021年

3月

16日

桜の季節、感謝そして前進!

2005年まで、100%国際事業だった弊社。

 

2006年、念願だったオフィスビルへの移転を契機に、社名一新、オスカー・ジャパン株式会社として、経営理念を鮮明に打ち出しリボーン致しました。

 

日本を日本人を正しく強く発信広報することに貢献する。

お客様とお客様の事業を正しく強く発信広報することに貢献する。

 

爾来15年、国際プロジェクトに加え、 

日本のよりよい未来社会建設に資するナショナルプロジェクトにおいても多くの使命感あるお客様のご愛顧を賜り、今日に至っております。

 

国内外のお客様の期待を越える成果への貢献へ、

感謝、そして前進の桜の季節です。

 

暁の三鷹駅から弊社を望む

東南の角、灯のともる早起きOJ

R.K.

web拍手 by FC2

2021年

3月

15日

オスカー・ジャパンズハイ

 

 「3月、実感を我が手に! 粘り抜く!」を月次テーマに掲げる。

 

 この思いを正に体現するように、忙しい日々が続いている。

 ありがたいことである。

 

 今、我社では、様々な提案の機会に恵まれ、

 新たな世界づくりへの力強い静かなるうねりが生まれている。

 

 競技者の世界では、ランナーズハイという限界を超えたところで、

 心地よい境地を経験出来るという。

 

 更なる坂を上り切り、立ちはだかる壁を乗り越えて、

 オスカー・ジャパンズハイを一同体感していこうと思っている。

 

 その世界は、お客様の期待を超えるサービスモデルを創り上げた世界であり、

 我社への高い満足・評価満ち満ちる世界であり、

 共に成果を愛で、貢献を多とする世界に聳え立つことである。(T)

 

 

未知の世界に踏み出す新葉。この挑戦心がやがて花をそして実を結ぶ。

web拍手 by FC2

2021年

3月

11日

西の窓

OJは13階にあり、眺望良く

角部屋の為、窓も多く社内は明るいです。

 

ブログで時折登場するのは東の窓からの景色ですが

私は、出社時一度足を止め

西の窓から遠くに見える山を、数秒黙視します。

 

晴天の日はくっきりと山々が見え清々しい気持ちに

曇などで見えない日も多いですが、うっすら白く雪が被っていた時は感動しました。

 

ほんの数秒足を止め、朝の慌ただしい気持ちを落ち着かせ

「今日もがんばろう!」

と自分に喝を入れOJの扉を開きます。

 

OJへ来社の際は、窓からの景色も是非お楽しみ下さい。

(S.H)

web拍手 by FC2

2021年

3月

10日

2021年のお花見は…

今年の東京の開花予想は3月15日とのことですが

緊急事態宣言が2週間延期となり

今年もお花見は難しい状況となっています。

 

昨年、「来年は是非ともお花見を」と思っていましたが

しっかり感染症を抑え込み、来年こそは気持ちよく桜を愛でたいものです。

 

弊社でも、来年度への準備が加速してまいりました。

 

過去に戻ることなく、また新しい景色を見れるよう

そして実りある2021年になるよう種を蒔き、

前へ、前へです。

(R.T)

 

2年前、 杉並の公園で見上げた桜
2年前、 杉並の公園で見上げた桜
web拍手 by FC2

2021年

3月

08日

価格は指標の一部

 

 公機関における、2021年度、新年度における事業参画申請時期である。

 

 昨今の傾向として、価格コンペが主流となり、

 企画を売り物とし、成果を売り物とする我社にとっては、

 歯がゆい思いを強いられる季節でもある。

 

 「企画運営一体で事業環境に成果を提供する企業」としては、

 過年度の貢献、成果をご破算にするかのような制度そのものに、

 変革の時期に来ているのではないかの思いを強くする。

 

 先ず、事業企画提案があって、その上での価格の在り様が順序であり、

 価格を持って、事業の何たるかを見ることはできず、ましてや、

 成果の何たるかを見ることは出来ない。

 

 事業の質を貶め、モチベーションを減退させ、

 国家貢献への意志を蔑ろにしてしまう懸念をはらんでしまう。

 

 単年度主義、加えて価格コンペは、国家予算の効果的構築からしても

 残念にして、国家の大きな課題でもあると思えるのだが。(T)

 

春の使者、土筆が。 我社への事業依頼の使者は。

web拍手 by FC2

2021年

3月

04日

広がる、オンライン研修

先日、 神戸大学主催「本人の意向を尊重した意思決定のための相談員研修(在宅医療・施設ケア従事者版)」の第3回が開催されました。

※沖縄県浦添市に所在する機関の医療・ケア従事者を対象としたオンライン研修

 

オンラインでの開催とは言え、

集合研修と変わらない熱いディスカッションが繰り広げられ、

大変有意義な研修会となりました。

 

1年前の今頃は研修会をオンラインで開催する、とは

なかなかイメージもつかないような状態でしたが、

今では主流となり、どんどん全国に広がり、

OJもこの一翼を各種支援事業を通して担っています。

 

(A.S)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浦添市の皆様はバーチャル背景を

沖縄の青い海にされている方が多く、

まるで現地にいるような新鮮な気持ちになりました。

web拍手 by FC2

2021年

3月

03日

タブーなき改革

日々の業務や社内の環境における、

「こうしたらもっと効率的に仕事が進む」

「この業務とこの業務は一つにできるのでは?」

「こんな環境があれば、より成果が上がる」

といった小さな気付き。

 

自分だけの心にしまっておいては何も変わらない!ということで、

先月「タブーなき改革」を掲げ、全社で意見出しを行いました。

 

すぐにできることは即実行。

中長期的に検討すべきことは、具体化するための担当者を決める。

 

改善の積み重ねが、良い会社を作ります。

 

(H.M)

web拍手 by FC2

2021年

3月

02日

OJの企画運営

 

9回目となるICFシンポジウムが、先月20日オンライン形式で開催されました。

 

会場は日本WHO-FIC協力センターのメンバーである国立がん研究センター。

主催者の熱意、関係機関の皆様の広報協力を得て、参加者は即定員越え。

ポスター発表(録画)も行われ、

参加者の皆様からはご提案を含むアンケート回答が寄せら,

 

まさに皆でつくりあげたシンポジウムとなりました。

 

今回も事業に携わる皆さまのモチベーションを高め、

事業成果をつくる最適環境の企画運営を全うできたことを嬉しく思ってます。

 

準備風景

web拍手 by FC2

2021年

3月

01日

3月、大きく大きく伸びやかに!

 

 本年2021年、我社のカレンダー、写真のテーマは「流れ」である。

 

 清き良き流れ、誰しもが求め、集ってくる。一方で、

  日本の清流が年ごとにその数を減らしているように、

 清き良き流れは、気付き、思い、考動なくしてはつくれない。

 

 

 一つのことに集まり群れて、肝心要のことへの動ぎが封じられ、澱みを生み、

 先細りの様相を呈している我が日本。

 コロナ禍のみへのメディアの煽り、これに連動する国民、政策。

 何か忘れてはいませんか。

 縮こまってはいませんか、の思いが募る。

 

 3月、春到来!

 このわくわく感、高揚感を参画事業の成果作りへ、

 大きく大きく力強く伸びやかに!

 

 オスカー・ジャパン株式会社、3月、新たな挑戦へ始動です。 (T)

 

 

17か月を俯瞰、ここから新世界づくりへの企画が。

web拍手 by FC2

2021年

2月

25日

思いは10年後の未来へ

 

 2月20日(土)、第9回厚生労働省ICFシンポジウム

「ICD-11とICF利活用の新たなステージを展望する

   ~様々な現場における共通言語を目指して~」が開催されました。

 (2/4 ブログ 厚生労働省ICFシンポジウムも新世界

 

 開催形式も初のオンライン開催となり、

 名実ともに新たなステージを実感できるものとなりました。

 第1回2010年開催から10年になります。

 

 今後、医療・介護・福祉・教育等、多職種の共通言語としての普及に向けて、

 オンライン研修等も計画されており、また、

 WHOからも日本の臨床現場でのICD-11とICF利活用の推進に期待が寄せられており、

 OJもさらなる貢献を決意しました。

 

 我が国とWHOの国際統計分類協力事業、

 21世紀にふさわしいデジタルワールドにおける科学・医学の進歩を反映した現場で活用でき

 る「疾病・生活機能・医療行為」3分類の統合したプラットフォーム構築・利活用のグランド

 デザインの実現へ。

 OJは当該事業に2005年より参画させて頂き、

 事業成果環境整備で一貫して伴走させて頂いてきました。

 

 ついにここにきて、プラットフォームが構築され、

 2030年、グローバルゴールSDGs3「すべての人に健康と福祉を」の実現に向けて、

 いよいよ利活用のステージでの日本のグッドプラクティスが世界を牽引する未来、

 その到来に思いがふくらみます。   

R.K.

web拍手 by FC2

2021年

2月

24日

本物を見る目を鍛える

約1年ぶりに美術館へ。

 

久しぶりのこともあり

作品を鑑賞する静かで豊かな時間は

本物を見る目を養う学びの時間でもあると思いました。

 

どの分野においても、本物・一流・プロフェッショナル

を目指すには、まず本物を知ること。

 

我社も事業支援を通し本物を志向するプロ集団、

年間のテーマでもある「学んで、学んで…」を実践していくことを

今、再確認しています。

(S.H)

 

東京国立近代美術館 「眠り展」
東京国立近代美術館 「眠り展」
web拍手 by FC2

2021年

2月

22日

ひとりでは何もできない。

 

 ひとりでは何もできない。

 過去無くして今はない。

 

 創業33年、多くのスタッフ、パートナーの研鑽努力、

 そしてお客様、関係者の方々の支え、関係性の中で、

 

 「事業成果を創る最適環境を企画・提案」し続け、成果を提供し続け、

 我社は今を生き、明日を生きようとしている。

 

 周りを見渡すまでもなく、

 国家も、名を知らしめる大組織からも毎日のように不祥事が発覚、

 不完全を露呈している。

 

 我々は課題山積、不完全の現世に生きている。それが故に、

 不完全を嘆き、責めるのではなく、完全を目指し続けていくのである。

 

 今、我社は自社のポテンシャルを顕在化すべく、

 会社全般の見直しを実施、業務効率化への不退転の思いを

 動きにそして形にすべく奮闘中である。

 

 課題に気付き、課題に向き合い、解決へ、

 力を一つにし、過去を活かし、明日を見据え、完全を目指すのである。(T)      

 

 

大分暖かくなってきた。春、菜の花が動きを。

web拍手 by FC2

2021年

2月

18日

今年度、そして新年度

2月半ば、ありがたいことに活気ある日々が続いています。

 

コロナウィルスの感染拡大が始まり、さてどうしよう!との危機感からの、

動きをいかにつくるかの模索、努力もはや1年が過ぎようとしています。

 

今では集合研修に代わり、当たり前のように

オンラインでの会議や研修が行われています。

 

この1年で得たものを、さらにグレードアップさせて

また、必要ないと気が付いたものをしっかり断捨離して

今年度のまとめ、新年度へと挑んでいきたいと思います。

(R.T)

2/15 16時過ぎに 東京で見えた大きな虹。                                                                           弊社東側の窓からも見ることができました。
2/15 16時過ぎに 東京で見えた大きな虹。 弊社東側の窓からも見ることができました。
web拍手 by FC2

2021年

2月

17日

虹かかる

雨上がりの午後、OJオフィスの窓から大きな虹を発見。

スマホ片手に窓際へ、写真を撮りつつ皆でしばらく見入ってしまいました。

 

朝からの悪天候が重なり少し煮詰まっていた日だけに、気分が一新されました。

業務に集中なれども、

季節や天気を楽しむ余裕も大切にしたいOJのひとこまでした。

web拍手 by FC2

2021年

2月

16日

無駄の排除

弊社では業務を効率化すべく

日々課題や改善点を話し合っています。

 

長く続けてきたからこそ

辞められないこと、捨てられないものがたくさんあります。

しかし思い切って新しいやり方に踏み出すことで

今まで無駄だったことに気が付いたり、また新しい世界が見えてきます。

 

常に身軽で効率の良いOJを通しお客様貢献へ、

日々進化し続けたいと思います。

(A.S)

web拍手 by FC2

2021年

2月

15日

あるべき指導者の不在

 

 早春の楽しみの一つは、梅の香に佇み、春の息吹に浸る瞬間である。

 

 我社のある三鷹駅から井の頭公園に向かう玉川上水に沿って

 十数本の梅の木が見事な春の競演を披露してくれていた。

 

 昨年の暮れ、数十本の大木が切り落され、

 梅の木もそのほとんどが枝を落とされ、無残なまでの姿に。

 

 その折、事前の伐採の告知に驚き、管理事務所に直接連絡、担当者の方に

 軽々な判断は留まるべきとの具申を致し、

 玉川上水の歴史を踏まえ、木々、花々の命に思いを致しての

 専門家としての判断であるか否かの問いかけもした。

 

 が、決定は覆ることはなく、現下の無残な仕打ちに言葉を失う程である。

 

 今、専門外の無責任な人々からの出まかせ、人心を弄ぶ意味なき風潮が

 日本国を覆っている。

 

 国家観、歴史観、世界観なき政治の世界、産業界・マスメディアの世界、

 専門家と言われるも、日々の研鑽を怠る者達の世界。

 

 この不幸のもたらす現実に対し、小さきけれど凛と咲く梅の花を見るに、

 出来ることはあるの思いを強くする。 (T)

 

 

 

何も言わず、細い枝から。2021.2.13

web拍手 by FC2

2021年

2月

10日

会社=家づくり

通勤時、建築中の家の横を通る機会があります。

 

しっかりと基礎を作るところから、

外壁、屋根、内装…と、

徐々にかたちになっていく様子を日々眺めながら、

会社も家づくりと同じだな、と感じました。

 

まずは土台や軸(=経営理念や行動基準)が

しっかりしていてこそ、

その上に魅力的な建物(=サービスや事業成果)が作れるのです。

 

会社立ち上げから33年という基礎を柱に、

これからもお客様に魅力的なサービスを提供し続けます!

 

(H.M)

web拍手 by FC2

2021年

2月

09日

がぜんやる気がでる

 

東急ストアで「お客様とのエコ活動実績12月」に目が留まりました。

 

「12月のペットボトルキャップの回収が1,509,600個。子供のワクチン1887人分に。前月実績から6名分増」。

実績を一緒に見ていた同僚が、早速、会社で集めているキャップを届けにいきました。

 

前月比等の数字、確実にワクチンやトイレットペーパーになるとの具体性が、強い力で人を動かしました。

 

仕事でもぜひこの仕組みをいかしていきたいです。

 

(K.K.)

 

web拍手 by FC2

2021年

2月

08日

真剣であればある程、伝えたい。

 

 今通常国会が、1月18日(月)から6月16日(水)までの150日間の日程で

 開催されている。

 

 その動きのほんの一部が、

 フェイクニュース、偏向報道会社と揶揄されるメディアを通して伝わってくる。

 

 なぜ、国営メディアを立上げて、国会の全ての動き、

 本会議は無論各委員会等々、各議員の法案提出数、国会への出席率等々、

 国民の負託を受けた議員の動きを

 直接、主権者たる国民に伝えないのだろうか。

 

 我社は、経営理念において、

 「お客様、お客様の事業を正しく強く発信広報することに貢献する」とし、

 事業目的達成へ、事業成果構築への最適環境を提供し、

 加えて当該事業の広報に新機軸を提供している。

 

 我々は日々良いものを創りたい、創り出したものを正しく強く伝えたい、

  内容と広報のキャッチボールを繰り返しながら成果づくりに邁進している。

 

 真剣である。真剣であるが故に伝えたい。(T)

 

因襲と不効率からの脱却が求められて久しい。

web拍手 by FC2

2021年

2月

04日

厚生労働省ICFシンポジウムも新世界

 

 第9回厚生労働省ICF⋆シンポジウムが、いよいよ2/20、今年はオンラインで開催されます。    (第1回よりOJにて企画・運営事務局担当)

 

 WHOの肝いりで2010年1月、明治大リバティホールで第1回開催キックオフ以来、

  11年目です。

   これまでのICFシンポジウム資料

 

 今年は、初の試みとなるオンライン開催、

 日本WHO-FIC協力センターの一翼を担う国立がん研究センター研究棟を会場に、

 新たな段階となったICFの普及・実用化の新たな可能性を追求してまいります。

 

「生きることの全体像」に注目し、「出来ないを出来る」にするICFのコンセプトは、

 事業成果への最適環境整備を通じ「潜在能力の開花」を目指すOJスピリットそのものです。

 

 *ICF=国際生活機能分類

   International Classification of Functioning, Disability and Health(WHO)

   ICFは、WHO-FIC(世界保健機関国際統計分類)における中心分類の一つです。 

.

第1回厚生労働省ICFシンポジウムでのWHOビデオメッセージ

 

ICD-11改訂と一体で21世紀にふさわしい世界保健の向上に資する国際統計分類のグランドデザインを打ち立てたWHOのウースタン氏(左)

現在まで一貫してICF担当官のコスタンチェック氏(右)

R.K.

web拍手 by FC2

2021年

2月

03日

小さな挑戦の積み重ね

先日、様々なプロフェッショナルの方の特集の中で

ある方の話に、自分もやってみよう!と思う事がありました。

 

今この状況の中でも、成長を止めないために

 

「毎週月曜に新しいこと、小さなことでもいいからはじめよう」

 

「チャレンジしてみる。そうすれば、何でも挑戦するハードルが低くなり変化に柔軟になる。週のはじめにできることが増えた!と、成長を育む」

 

この言葉に影響を受け

OJの合言葉でもある「やりましょう」「やってみましょう」を心がけ

私も今週からスタートです。 

 

【今週の小さな挑戦】 

朝目覚めた時「今日もいい日になりそう!」

ポジティブな言葉を声に出して言う

 

(S.H)

web拍手 by FC2

2021年

2月

02日

強み

先日、「ドラッカー式「フィードバック」手帳」という本を読みました。

 

自分の「強み」を見極めるために

目標を設定し、行動した後、目標と成果を照合させる、

これを毎日フィードバックさせる。

 

「強み」を見極めるにはそれなりの時間がかかるとのこと。

 

オスカージャパンも、フィードバックし検証を重ねて

日々の事業に取り組んでおります。

 

加えて、顧客の皆様に満足していただけるよう

学んで「強み」を増やしてまいります。

(R.T)

良い、と思ったら 即、実行!
良い、と思ったら 即、実行!
web拍手 by FC2

2021年

2月

01日

2月、わくわくと!

 

 2月、スタート!

 

 年初掲げたテーマを携行しつつ、その実現へ新年1月を戦ってきた。

 

 戦いの成果は、お客様の事業に成果という形でお届けでき、

 嬉しい評価を頂いている。

 

 明日は節分、

 2月2日の節分は、明治30年(1897年)以来124年ぶりとのこと。

 

 寒さは続き、春とは名ばかりではあるが、春の到来を期して、

 縮こまっている雰囲気を一掃し、明るく元気な日本国づくりへ、

 

 OJ、わくわくとして貢献!  (T)

昨年2月3日の梅花(玉川上水)

web拍手 by FC2

2021年

1月

28日

固執せず変化を

オンライン元年だった昨年、新たな手法・ツールがこれまでのものと置き換わった。

導入時はハード・ソフト共にアップデートし続ける労力が必要だったが、

いつものやり方に固執しない・新しい流れを読んで

フィットしていく方向性が習慣化してきている。

 

変わらない事を有難がる傾向の強い人々もいるが、

変わることで得られるものを大切にするマインドでいたい。

web拍手 by FC2

2021年

1月

27日

想いの発信

始めてブログを書いた日から、ちょうど3年が経ちました。

 

自分が書いたブログを読み返すと、

当時どのような思いで仕事に臨んでいたのかを思い出します。

 

今や世の中には広報のツールが溢れています。

SNSでの広報は時代と共に多様化していますが、

こうしてブログという形で3年間発信できたことは大変貴重な経験です。

 

4年目も、オスカー・ジャパンとしての想い、

そして自分の心の軌跡を辿ることができるように発信していきたいと思います。

(A.S)

web拍手 by FC2

2021年

1月

26日

竹のようにしなやかに

竹は、中が空洞であるのに、高く高く上に伸びています。

これは「節目」があるおかげです。

 

ロシアの作家であるアントン・チェーホフは、人生を竹に見立て、

『大きな出来事は竹の節であり、節と節の間にある生活の連続こそが人生である。』

という名言を残しました。

 

弊社も32年間という時の中で、沢山の節目がありました。

このコロナ禍も、大きな節目であることは間違いありません。

 

節目があるから成長できる。

まだまだ高く高く上を目指し、強くしなやかなオスカー・ジャパンでありたいです。

 

(H.M)

 

竹は節目が多ければ多いほど根が太いと言われています
竹は節目が多ければ多いほど根が太いと言われています
web拍手 by FC2

2021年

1月

25日

思い、動きそして形に!

 

 週末の雨が春を待つ木々に潤いをもたらす。

 

 雪の予報も空振り、足元が確かになり、

 思い立って、本屋さんへ。

 

 今を生きる様々な思いを体現披歴する本を手にしつつ、

 自分の思いを後押しするものを数冊買い求めた。

 

 週末のささやかな動きではあるが、なぜか大きな一歩を踏みだしたような

 わくわく感が満ちていた。

 

 思いを動きに、そして形に!

 

 新年1月も最終週。

 

 今を見据えることで、過去が活き、明日の夢が立ち上がる。 (T)

 

日が伸び、早朝、春を待つ木々との会話ができる喜び。

web拍手 by FC2

2021年

1月

21日

熱い想いと推敲力

 

2017年制作映画「家へ帰ろう」に終始涙。

 

ホロコーストから生還後アルゼンチンへ移住したユダヤ人の老人が

齢88にして友人との約束を果たすべく

故郷ポーランドを目指すというロードムービー。

 

91分という短い時間に一生が凝縮。

潔いまでの推敲。どれほどのエピソードがカットされたのか?

老人は多くを語らない(ほとんど語らない)、がその一言は、

百の麗句に勝る。

 

ポーランド系祖父に着想を得たという監督の

熱い想いと推敲力を範に。

 

(K.K)

web拍手 by FC2

2021年

1月

21日

33回目の大寒

1月も20日が過ぎ、今日から、二十四節気で、冬の最後を締めくくる大寒。

 

OJも創業33回目、都心から郊外の三鷹に移転して23回目の大寒を迎えました。

 

「太陽黄経が300度になった瞬間が属する日」が大寒の日(初日)とされていますが、この観測・暦計算をしているのがOJ地元三鷹の国立天文台です。

日本の四季の歳時のベースとなっている二十四節気の「身近にある科学」に触れると、また、新鮮な思いがいたします。国立天文台暦計算室 令和 3年(2021) 暦要項

 

ちなみに、2052年までずっと1月20日が続き、翌2053年は1月19日になりそうとのこと。

OJ来し方32年、これから32年後、次世代が担う未来のOJへと思いが広がります。

学んで学んで、OJの可能性に挑む2021年!

R.K.

web拍手 by FC2

2021年

1月

19日

頼られる仕事を

非常事態宣言が続き、様々な方に直接お会いすることが叶わないなか、

久しぶりにお会いしたお客様から素敵なお菓子をいただきました。

 

パッケージごとに異なるメッセージがデザインされていたこのお菓子。

「オスカーさんにはこれを」と頂戴したパッケージには

素敵な一言があり感動しました。

 

きめ細かなサービスを武器に、皆さまから頼っていただけるように、

さらなるサービス向上に励みます。

 

web拍手 by FC2

2021年

1月

18日

我社の見える化

 

 我社の「動の発信」をテーマに

 2013年(平成25年)、OJブログを始めて、8年になる。

 

 我社では本部事務所にて各種支援事業の事務局を開設、

 事業支援を展開していることから、又、サービス業の在り様から、

 見えざる領域でのサービス提供が日常である。

 

 このため、お客様、関係者の方々に、我社のサービス、

 「事業成果環境の企画・提案、

    それを具現化する運営、両者一体での責任遂行サービス」

 の在り様の一端、プロセスを

 ブログを通して伝えていきたい、そんな思いで始めた次第。

 

 今では、支援事業への熱い思い、事業構築に臨む心得、気構え等々を

 季節感、世相を反映しつつ、本部スタッフは無論、

 海外センターからも発信。

 (各地のパートナーからの参画も予定)。

 

 今後、OJの今を、これからのOJを発信し続けつつ、

 新たな広報新機軸へと繋げていこうとの思いを深めている。 (T)

 我社HP、表紙からお入りください。

web拍手 by FC2

2021年

1月

14日

出し切った、その先に

OJは朝礼後、社内拭き掃除から始まります。

社内感染者0も以前から清潔な環境を心がけている成果かもしれません。

 

昨年最終日、全員で徹底的に拭き掃除を行いました。

拭き慣れた所や目につく所を拭いていましたが

しばらくして手が止まり、もう拭くところがない…。

 

しかし、社内をよく見回してみると足元に目がいき

拭く所はいくらでもありました。

 

椅子の汚れた脚を拭いていると

蹴られ踏まれ重くても、文句言わず私たちを支えてくれている事に

感謝の気持ちがこみあげてきました。

 

いつも同じ所しか見ていなかったと思い、

出し切った、と思ったその先に新しい景色が見えてくる学びでもありました。

 

(S.H) 

web拍手 by FC2
2021年元旦・初日の出直前の西国分寺駅

2021年

1月

13日

学びの年

新年が明け、早くも10日が過ぎました。

 

今年は分散初詣、とのことで

例年より少し遅れて参拝に行きました。

今年は参拝が終わると、足早に帰っていく人が多かったように感じます。

 

年明け早々に緊急事態宣言が発令されるなど、

落ち着かない日々が続いていますが

OJでは年初に掲げた目標に向かって、つき進んでおります。

 

今年は学んで学んで、可能性に挑む年。

 

公私ともに、多くのことを学び、生かせるよう

常にアンテナを張り続けていきます。

(R.T)

今年引いたおみくじは末吉                           深大寺は凶が入っていることでも有名です。
今年引いたおみくじは末吉 深大寺は凶が入っていることでも有名です。
web拍手 by FC2

2021年

1月

12日

貢献への変革

 

 年が改まり、全ての人が大きな節目を頂く。

 公民を問わず、いかなる組織も

 「社会貢献への変革」なくして、その存在は認められない。

 この思いを新たにしスタートを切った。

 

 先週末、コロナ禍を受け、緊急事態宣言が再度実施となる。

 1月8日~2月7日の31日間。

 

 前回の宣言を受け、我が同胞は必要以上の対応を取ってきた。

 対応のなかった者たちが右往左往しての今回の理不尽なお達し。

 何をかいわんやの思いが強い。

 

 信頼に足る考動あって人は動く、この基本を戴し、

 他でもない、日本国の安全安心の施策を唯々実行すべし。

 

 再度、気を引き締めて、出来ることしっかりやる。 (T)

 

 

あの折の危機感を活かす。

web拍手 by FC2

2021年

1月

07日

2021年

 

2021年、新年を迎え

1月6日のブログでもあったように

今年の弊社のテーマは「学び」です。

 

2021年の干支である牛は、

「誠実さ」「勤勉さ」を象徴する動物として干支に選ばれたと言います。

 

世の中が大きく変わり今まで通りでは前に進めなくなった昨年。

今あることに感謝し、今年も常に学びの姿勢を忘れず、

柔軟なサービスを提供していきたいと思います。

(A.S)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都 北野天満宮の牛。(2019年撮影)

学問の神様である菅原道真公は、

丑の年、丑の月、丑の日、丑の刻生まれと言われています。

web拍手 by FC2

2021年

1月

06日

2021年 年初研修

恒例の年初研修を行いました。

 

激動の2020年を乗り越え、新たな気持ちで迎える2021年。

 

今年の大きなテーマは

「学んで学んで、OJ(オスカー・ジャパン)の可能性に挑む!」

 

社会が変わる、働き方が変わる、サービスのあり様が変わる中、

常に「学び」の姿勢をもって、オスカー・ジャパンは動きます。

 

(H.M)

金箔ダルマ。光り輝く2021年になることを祈って。
金箔ダルマ。光り輝く2021年になることを祈って。
web拍手 by FC2

2021年

1月

05日

新年の抱負

 

 令和3年、2021年 明けましておめでとうございます。

 本年も宜しくお願い致します。

 

 「学んで学んで、OJの可能性に挑む!」

 「やりましょう、考えましょう、考えます、やります」の唱和・思いの絶えない

 わくわく溢れるオスカー・ジャパン株式会社を作ります。 (T)

 

新しい強い自分、OJを作り、新しい時代の扉を開く。 

 誰もが生き生き、幸せに自分の本分を発揮して生きられる社会。

 終生、社会に役立つ実感を持てる社会。そんな社会をつくりたい。

 高い理想を掲げ、その実現へとリードするOJへ。(R.K.)

  

思い立ったら即実行!

 はじめから上手な人はいない、できない言い訳を探さない。

 ポジティブに、実践、学び、実践。

(K.K)

 

あらゆる変化へ柔軟に対応。

 社会はこれからも変わり続ける。

 その変化に対応するため、幅広くアンテナを張り、

 正しい情報を入手・活用、先手で動く。

(H.M)

 

どんな時も穏やかに、冷静に。

 慌ただしい世間の波に飲み込まれないよう、軸のぶれない会社を目指して。

  (A.S)

 

学び、新しく、強く。

 新しいスキル・手法はいつでも求めらるもの。

 他より先んじることできる強さを。

 (S.K)

 

今年のテーマは「学び」

 公私ともに学びの場を増やし、成長の一年に!

(R.T)

 

シンプルに考える

 ぶれない軸を持ち、あれこれ複雑に考えない。伝える時もシンプルに。

 (S.H)

 

 

元旦、初日を浴びるOJオフィス。 2021年、ここから挑戦の日々が始まる。

web拍手 by FC2

2021年

1月

01日

静かなるスタート。

 

 令和3年、2021年が凛として明ける。

 身の引き締まる思いが支配する。

 

 この1年が穏やかにして幸多からんことを祈る。(T)

 

2021年元旦 OJから初日の出を拝す。

web拍手 by FC2

2020年

12月

24日

感謝を込めてメリークリスマス!

 

 クリスチャンではないのですが、クリスマスはやはり、

 私の中でも心弾む新しい年の扉を開く大切な行事となっています。


 2021年を迎えるクリスマス、歴史を振り返れば、

 戦場のクリスマスも高度成長のクリスマスも今年のように疫下のクリスマスも・・・

 

 本日、今年最後の営業日。
 厳しい情勢の中でも、創意工夫と一致団結、

 お客様のご愛顧があって今日の日を迎えられたこと、しみじみありがたく思う今日の日です。


 みなさま、本当にありがとうございました。

 

 来る2021年令和3年が、光と希望に満ちた佳き年になっていきますよう、

 心より祈念いたします。


   みなさま、どうぞよいお年をお迎えください。

 

 

 

今年、毎日楽しませて頂いた

アドベントカレンダー

 

 

 

<OJ謹製カレンダー2021>

 

テーマは流れ。

来年のラッキーカラー

ラベンダーと黄色を配しています。

 

世界を覆うコロナ禍に打ち勝ち、

皆様の私たちの

「事業をこうしたい」

「日本をこうしたい」

「世界をこうしたい」

 の思いを一つ一つ形にし、

 四季を通じてしっかりと流れを作る

 粘りの丑年に!

 の願いをこめました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

R.K.

web拍手 by FC2

2020年

12月

23日

新しいワクワクを掴み取る

弊社の2020年営業も残すところ1日となりました。

 

OJ今月の言葉「12月、仕上げる!空っぽに仕上げる!」

実践できただろうかと自分に問いかけます。

 

「断捨離」を提唱する

やましたひでこさんが言われている

二番煎じばかりに囲まれていると

それと同等のことしかやってこない。

(自分にはそれが相応しいと潜在意識で思い込んでいる)

理想の状態に、先手で準備しておく事により

求めていた事が向こうから必ずやってくる。

 

1年前と同じでは生き残れない今

握りしめていた古い思考、情報、モノを手放し

まもなく迎える2021年、新しいワクワクを掴み取りたいと強く願います。

 

(S.H) 

web拍手 by FC2

2020年

12月

22日

「今年のことは今年のうちに」

今年の弊社業務日も、最終週となりました。

 

今年の秋以降は、春夏の遅れを取り戻すかのように

毎日が繁忙期のような忙しさでした。

 

前半と後半では、時間の過ぎるスピードが全く違うように感じ

きっと、どの人も2020年は違った意味で

忘れられない1年になったかと思います。

 

「今年のことは今年のうちに」

 

今日は、OJ恒例の棚卸。

良い事も、悪いことも、

今年のうちに整理、総括し、来たる2021年に備えます。

(R.T)

    京王永山駅の イルミネーション                   今年はやはり、少し自粛ムードのような気がします。
    京王永山駅の イルミネーション                   今年はやはり、少し自粛ムードのような気がします。
web拍手 by FC2

2020年

12月

21日

繋げる!

 

 今年も押し詰まってきた。

  (この言葉、響きの醸し出す情景があるべき日本の姿。)

 我社の年内の業務も締めの一週間となる。

 

 “この先どう対処していけばよいのだろう”

 先行きを案じつつ立ち尽くした日々が昨日のように思える。

 

 中国ウィルスで明け、暮れていく一年。

 愛国を忘れ、国家があってこその存在であることを忘れ、

 保身に身をやつす我が日本国、日本人への警鐘と受け止めている。

 

 表層的変化では一歩たりとも前に進み得ない、真の在り様が求められている。

 

 この越えていかねばならない大きな壁を、

 我社にあっては、この間作り得た一丸力で、わくわくと乗り越えていく、

 今のこの思いを明日に繋いでいこうと思う。(T)

黄金の国、ジャパンを目指して!

web拍手 by FC2

2020年

12月

17日

常に最新

今や会議・運営の主軸となったウェブ会議システム。

ニーズが高まり、使用者が増えたこともあり様々な機能が日々追加されている。

アップデート有無の確認、新機能の情報収集が今では必須となっている。

 

新しい情報を得ても、真に重要なのは、

常にアンテナを稼働させ情報収集し続け、最新の状態を保つこと。

これは事業成果を生み出す重要な要素の一つ。

常に最善を提供すべく努力を。

web拍手 by FC2

2020年

12月

16日

前を向いて

2020年もあと僅か、

今年は本当にあっという間の1年でした。

 

マスクを着けずに外出すること、

遠方の家族や友人に気軽に会いに行けることなど、

当たり前だったことが当たり前ではなくなってしまいました。

 

この1年を無かったことにしたい、という声も聞きますが

この状況でなければ考えもしなかったこと、

生み出せなかったものもたくさんあることも事実です。

 

世界が元に戻っても、進化した技術、作り上げたことが失われることはありません。

今年の経験をどう来年に活かしていくか、

前を向いて考えることが大事だと思います。

(A.S)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暖冬の影響か、実家の梅が12月に咲きました。

今年はなかなか外で季節を感じる余裕もありませんでしたが心が温まります。

web拍手 by FC2

2020年

12月

15日

本人の意向を尊重した意思決定のための相談員研修会(オンライン研修)

厚生労働省委託事業 人生の最終段階における医療体制整備事業

「本人の意向を尊重した意思決定のための相談員研修会」。

 

全10回、約300施設、1000名を超える医療従事者の皆様に

オンライン型研修会にご参加いただきました。(弊社にて事務局、運営を担当)

 

回を重ねて感じたことは、

・主催者側の事前準備(マニュアル整備やオリエンテーション等)

・受講者の方のご準備(機材、インターネット等の受講環境)

この2点、そして、

・快適なオンライン研修環境づくり(弊社の役割)

の三位一体のチームワークの存在です。

 

成功のイメージをかたちに。

オスカー・ジャパンが常に目指すところです。

 

(H.M)

web拍手 by FC2

2020年

12月

14日

課題

 

 新年に向けて寺々のお身拭いの便りも聞かれる季節。

 

 この一年の大厄、中国ウィルスを祓い清め、

 希望溢れる新年を迎えたい。

 

 この季節、来し方を振り返り明日に活かす取組が当然のこととして行われる。

 過ぎし日の課題が今もって課題として、会社を取り巻いている。

 課題は生きている証、会社が存在する限り、課題は日々生まれ付きまとう。

 

 が、一方で、会社の成長、変化により、

 課題が不要、解消されていくものではないかとも思える。

 

 

 この視点で、会社の成長度合いを測ってみる、

 今、こんな一種わくわく感を持って、過去を振り返っている。

 

 昨年来の課題はどうなっているだろうか。(T)

 

晩秋の輝き

web拍手 by FC2

2020年

12月

10日

その一歩を

 

4年前に海外で即決購入した絵画。

帰国後額を探すも気に入ったものがなく、

現地の画廊を再訪した際にお勧めの額縁屋を教えて頂くが、

額の作成に2週間、絵本体も必要とのことで断念。

コロナを踏ん切りに近所の画廊で額を作って頂き、

ついに眠れる絵画達が陽の目をみることに。

 

絵を眺めてると幸せな気持ちになる。

4年間もったいないことをしたなとつくづく。

その一歩が新しい世界を開く。

軽やかに歩を踏み出せるようにあろう。

 

(K.K.)

 

web拍手 by FC2

2020年

12月

09日

嬉しいお知らせ

 

 OJは、このたび、野口英世アフリカ賞の

 パブリックリレーションズを担当することとなりました。

 

 次回第4回授賞に向けて同賞の発展を期して設置された内閣府の

「野口英世アフリカ賞の運営の改善に向けた有識者懇談会」での議論で、

 広報強化が大きな課題として提起されました。


 こうした背景の中、OJは、同賞の「医療活動分野」を担当するWHOアフリカ事務局より

 国際公募型プロポーザルで2022年1月までの

パブリックリレーションズコンサルタントに選定されました。

 

 野口英世アフリカ賞の真価が広まり、同賞の認知度向上、応募数・目標とする次世代の増大、   同賞を通じての社会の活性化、

 名実ともにアフリカ、ひいては世界の健康と福祉の向上を牽引する世界的な賞となる!


 成功のイメージ実現へ!
 OJスピリット、メソッドの作る明日の景色にご期待ください!

 

 

 

野口博士の志を引き継ぎ、アフリカのための医学研究・医療活動それぞれの分野において顕著な功績を挙げた方々を顕彰し、アフリカに住む人々、ひいては人類全体の保健と福祉の向上を図ることを目的としてわが国が2006年に創設したものです。

 

 

第3回野口英世アフリカ賞では、

我社は、日本での国際委員会開催支援で好評頂きました。

 

今回は、我社の源流、

国際広報、パブリックリレーションズ

での貢献へ!

R.K.

web拍手 by FC2

2020年

12月

08日

「出来なかった」から「出来たこと」へ

2020年は、誰もが新しい働き方を模索する年だったと思います。

初めての経験も多くしました。

 

様々な事業に参画するOJも、準備期間を経て当日を迎え無事終えたとしても

反省、改善点は生まれます。

 

10個のうち、9個出来たとしても、1個の出来なかった事に

焦点を当ててしまいがちですが

検証・改善案に落とした後は

 

「いい経験ができた」

 

と「出来なかった」から「出来たこと」へ思考の転換し

未知の経験を恐れず、より満足いただける成果環境づくりに向け

挑戦しつづけることを、いつにも増して感じる2020年です。

 

(S.H) 

 

今秋は2度、高尾山へ。 1度目は徒歩により山頂到着を断念。 リベンジの2度目はリフトで楽々山頂到着。いい経験。
web拍手 by FC2

2020年

12月

07日

空っぽにする!

 

 好景気に沸く街の賑わいの中、師走の喧騒に浸っていたい。

 

 そんな思いを持ちつつ、今、必死に生きている商売人がほとんどであろう。

 我社も然り。

 

 新常態の本質を見極め、競争上の優位性を確保するための、

 我社の在り様は如何に。

 

 言葉遊びでは通用しない、厳しき現実を前に、

 今我社では、事業、業務を空っぽにし、

 組織、プロセス、企業文化も含め、

 真に必要なものは何か、社会に受け入れられる我社の価値とは。

 

 この問いかけを日常化し、

 明日を支える在り様創りに取り組んでいる。

 

  今しかない! 今なら間に合う! (T)

12月7日、力強い朝日を頂き、今しかないの気概漲る。

web拍手 by FC2

2020年

12月

03日

12月、仕上げる!

少し前になりますが、久しぶりに映画鑑賞に。

 

感染予防をしっかりして鑑賞した映画は「罪の声」

モデルとなっている事件を覚えているだけに

当時の自分と照らし合わせ、種々、思いがめぐりました。

 

新常態の2020年も12月。

気分を変えて前へ!です。

 

弊社の今月のテーマは「12月、仕上げる!空っぽに仕上げる!」

 

充実した毎日を過ごして、12月を仕上げ

2021年を迎える準備を先手で、一丸で!

(R.T)

web拍手 by FC2

2020年

12月

02日

決断を

日々の業務の中、盲目的に慣例に従い行っている仕事が果たして本当に必要なのか自問する。

新しい事業・新しい手法・新しいアイデアの為には、

不要な物を手放し容量を確保する必要がある。

定期的に行っている棚卸同様、

不要な仕事は手放す・簡略化する・統合するを常に実施することが求められる。

 

変化に富んだ2020年も残りわずか。

厳しさも増すだろう2021年に向け、今一度自問、そして決断を。

web拍手 by FC2

2020年

12月

01日

唯一無二

 

最近、会計レジがセルフになっているのを見かけるようになりました。

コロナ禍の影響で導入する店が増えたように感じます。

 

将来、誰でも出来る単純作業は機械やAIに奪われ、

クリエイティブな仕事や、複雑なコミュニケーションを要する仕事は

やはり人間にしか出来ないと言われています。

これからの我社のあり様、自分がやっている仕事へ思いが広がります。

 

弊社では、何年も継続して参画させていただいている事業が多数あります。

それは、その事業を理解し、歴史を踏まえての

成果を提供してきた弊社だからこそだと自負しています。

 

唯一無二の会社であるために、

オスカー・ジャパンだからこそ出来るサービスを

常に考え、今後も提供していきたいと思います。

(A.S)

web拍手 by FC2

2020年

11月

30日

厳しさに先手を!

 

 11月最終日、思いが深い。

 

 中国コロナ禍を受け、必要以上に動きが制約され、

 我社においても、多くの国際会議等が中止、

 事業支援の機会が失われたままである。

 

 今、お客様の支援を頂き、新たなビジネスモデルが我社を牽引している。

 数か月かけて準備を必要とする事業に代わる

 かつてなかった事業形態を作り出し、この2020年が動いている。

 

 来る厳しさの予想される2021年を目前にして、

 残された1か月、2020年の仕上げ方によって、

 雌雄が決せられる思いが深まる。

 

 この機を活かし、新世界をつくる、新世界をリードする企業となると決めている。

 この思いを我社のものとすべく、

 明日からの、今日からの日々の在り様が今、厳しく問い掛けられている。(T)

 

 

11月最終日 一日が明ける。

web拍手 by FC2

2020年

11月

26日

いいチームの日

本日11月26日は、「11(いい)26(チーム)」の日です。※サイボウズ株式会社が制定

 

オスカー・ジャパンの仕事も、全てチームで対応しています。

 

「個人の限界が会社の限界ではない、

 チームで知恵を出し合って問題や課題を解決する」

 

それがオスカー・ジャパンの考え方です。

 

「いいチーム」として仕事を進めるために、今、自分に何ができるだろう。

 

一人一人の前向きな思いの積み重ねが、オスカー・ジャパンの未来をつくります。

 

(H.M)

web拍手 by FC2

2020年

11月

24日

Happiness

 

11月、来年の夢を描き、祈願をする季節となりました。
OJも吉例のその年の福を呼ぶOJカレンダーを準備中です。

 

今は、時代の大転換点、価値観も社会のありようも大きく変わっている渦中にいる私たち。
1988年創業以来、OJも幾多の時代の波を乗り越えてきましたが、今回も最大級の荒波です。

 

しかし、OJはブレることなく使命感あるお客様のご事業に成果を、
Building a Better Future、よりよい未来世界を建設し、明日の景色を皆様と、

この道一筋です。

 

このプロセスを通し、関わる全ての人の潜在能力の開花とその総力の結集、

そして,物心両面の幸福を実現することに時代を超えて注力して参ります。

 

 

 

邦訳は『幸福論』ですが、Conquestといえば、征服・克服・獲得。みるだけでその積極性に元気が出ます。
バートランド・ラッセル(英国の実践する数学者・哲学者1872-1970)の名著。

R.K.

 

web拍手 by FC2

2020年

11月

19日

触発される

近所のクリーニング屋さんがコロナを機に、昼休に1時間店舗をしめることにしました。

少し不便ですが、値上げよりは歓迎です。

 

これまでも営業時間外のポストでのクリーニング受付、保管サービス等かゆいところに手が届くお店でしたが、最近はシャツ類の定額制(出し放題)もスタート。

袋に詰め放題の定額クリーニング等、毎月新企画やお得サービス満載のチラシが届きます。

 

自分達のサービスはマンネリ化していないか?お客様のニーズに応えているか?

見直しの機会にもなっています。

 

(K.K.)

画像はクリーニング屋さんのTwitterより

web拍手 by FC2

2020年

11月

19日

未来の自分へ、喝!

手帳の11月のページを開くと

すっかり忘れていた、2020年11月の自分宛に書いた

「2021年を良い1年にする為に11月中にやっておくこと」

が記入してありました。

 

11月中の早めに翌年のツキを迎える準備をしておくと良いとの考えから

先回りして書いた、未来の自分へ、喝!!

があるだけで「もう11月」から「待ってました!」

へ、マイナスでなくプラスな気持ちに。

この動きを次へと活かしていきたい。

 

OJの基本「先手で動く」は、いい事尽くめです。

 

(S.H)

web拍手 by FC2

2020年

11月

18日

2021年を飛躍の年に!

今年も残り、1ヶ月半となりました。

 

オリンピックイヤーと、盛り上がる1年だったはずが

コロナウィルス一色の1年に。

先日のアメリカ大統領選挙にも、

大きく影響したのではないかとも言われています。

 

感染者も、また増えてきておりますが

それでも、いつまでも止まっているわけにはいきません。

 

弊社では、既に来年を見通した動きを始めています。

 

今年できなかったことを、それ以上に飛躍させる年に!

常に前を見て、今を見て、

オスカージャパンは2021年を、2020年をつくります!

(R.T)

 

秋桜の花言葉は「調和」  残り1ヶ月半を、一丸で!
秋桜の花言葉は「調和」 残り1ヶ月半を、一丸で!
web拍手 by FC2

2020年

11月

17日

受け入れる余裕を常に持つ

OJブログでも頻繁にトピックとなる我社の創業以来恒例の棚卸し。

 

整理整頓し、不要な物を手放す。

物理的なスペースが生まれると、

おのずと気持ちにも余裕が生まれます。

 

新しいものを受け入れるスペース・余裕を常に持つ大切さ。

毎回の棚卸しで実感しています。

web拍手 by FC2

2020年

11月

16日

今で全てを決めつけない。

 

 今年は東京での落葉が早く、紅葉の楽しみが少しく奪われてしまっているが、

 落ち葉の風情に浸ることはできる。

 秋の楽しみはそこここにあるものである。

 

 お茶の世界で詫び寂びを演出する落ち葉も、

 迷惑物扱いされ、今そこここで大木が切られ枝が切り落とされている。

 

 営々として生命を育み人間に四季折々の安らぎを与え続ける大木が、

 人間の身勝手さに阻まれている。

 

 一呼吸おいて、今の在り様に思いを深めれば、

 より良い解決策は見出しうるものである。

 

 今で全てを決めつけることに、一呼吸、一休み。 (T)

 

 

あわてない、あわてない。一休み、一休み。

web拍手 by FC2

2020年

11月

12日

プロの香り

先日、家具を購入したのですが

自分で組み立てる自信がなく配送員に組み立てを依頼しました。

 

当日、配送員の方は2名来てくださったのですが、その作業の早いこと。

2つの家具はものの15分程で完成し、レイアウトも上手く調整していただきました。

 

自分でやっていたら何時間かかるか分からない作業ですが、

作業をしながらもこちらの質問にわかりやすく答えてくれ、

流石プロ、お願いして良かったなと、感心した出来事でした。

 

仕事をする上で、我々は常にプロでいなければなりません。

この会社になら安心して任せられる!と思っていただけるような

会社であり、社員であるべきです。

 

仕事で、日常で、プロの香りに出会う度に、そう思います。

(A.S)

web拍手 by FC2

2020年

11月

11日

日々アップデート

オンライン会議が当たり前になった今日。

システムは日々アップデートされ、ユーザビリティが高まっています。

 

アップデートにより使いやすくなる半面、

利用者は新しい機能を「知る」ことが必要となります。

 

今までの知識のみに囚われていると、

本来シンプルに実現できるはずのことを、

複雑に、難しく、非効率に実施することとなります。

 

システムに限らず、常に学びの姿勢で情報をキャッチすることが

成果創りに不可欠です。

 

(H.M)

2020年

11月

10日

プロフェッショナル

 

流行語もコロナ色濃厚、いさかか食傷気味な日々。

口直しにと、往年の名作「ジャッカルの日」(1973年英仏制作)を再視聴。

 

舞台は1960年代パリ。テロリストがシャルル・ド・ゴール暗殺にと雇ったプロの殺し屋が主人公。この暗殺者の流儀が今に通じる学びの宝庫。

まず、自分の足で現地調査。暗殺から逃亡までのストーリを作る。様々な状況をシミュレーション。次に道具の調達。国境を越え、その道の第一人者に仕事を依頼。道具にしっかり投資。一匹オオカミの殺し屋も最低限のチームを組織、仏政府中枢の動きが入手可能な体制を確保。いざ実行へ。イレギュラーも想定内と臨機応変に対処し、さて結果は?

 

この映画の成功で原作者のF.フォーサイスの名が世に轟くことに。

温故知新、懐古主義も悪くない。

 

(K.K)

 

エドワード・フォックス演じる主人公(コードネームジャッカル)がクール。

ベージュのスーツにネッカチーフ、白のアルファロオのオープンカーとビジュアル面の拘も楽しめる。

フォックス(英国の俳優一族)、デレク・ジャコビ等俳優陣も本作で一躍有名に。

 

web拍手 by FC2

2020年

11月

09日

繁盛店

 

 買い物に出かける。

 何を基準に店を選んでいるだろうか。

 

 大概は、良いもの、新鮮なものがあること。  当然である。

 これにも増して、求めるものは、

 対応の良い店、感じの良い店員の方の存在である。

 感じの悪い店、店員さんにお金を落としたくはない。

 どうなっているのだろうかこの店は、これが人間の思いである。

 

 我社も商売をしている。

 対応の良い、感じの良い会社だろうか。

 一人一人が人間性・社会性・専門性を具備しての対応をしているだろうか。

 チームワークの良い、明るい爽やかさが伝わっている会社だろうか。

 

 この商売人としての自覚なき会社に、お客様は関わらない、

 事業の依頼はなされない。

 

 この思いをひとり一人が真摯に自己に問いかけつつ、日々の商売に勤しむ。

 

 当たり前のことを、努力研鑽して当たり前に披露する。

 商売の、繁盛店の基本である。 (T)

 

我社も暖簾を掲げて32年。名店の末席へ。

 

web拍手 by FC2

2020年

11月

04日

事業支援の醍醐味!

 

 先にご報告させていただきましたが(プライバシーマーク付与適格決定!10/1ブログ)

 OJもPマーク新規取得し、すでに、10/14より付与事業者の仲間入り、

 日々そのよりよい運用に励んでおります。

 

 P マーク取得を通じ、業務のより一層の効率化、品質向上へ勢いがついた11月の初営業日、

 思いがけず、P マーク取得を支援して頂いたコンサルタント企業UPFさんより、

 お祝いのお花を頂きました。

 バラの花に、OJのロゴとPマーク、「とったぞォ~」の一言がプリントしてあり、

 本当のサプライズでした。

 

 数あるPマーク取得コンサルタント企業の中から選定させていただいたのですが 、

 期待を超える仕組みと親身のサポートで最短の取得となりました。

 

  日頃、OJはお客様の事業成果へと支援させて頂く立場ですが、

  今回、支援していただくことで、多くの学び、そして何より、

  事業支援の醍醐味を再確認させていただきました。

 

 

R.K.

web拍手 by FC2

2020年

11月

04日

“信者”という字を横に書くと“儲かる”

先日、カンブリア宮殿に出演されていた

某有名お菓子メーカー経営者の言葉が印象的でした。

 

「私は儲けようと思わない

1人でも多くの固定客を増やそうと考えている

固定客はリピーター ある意味で”信者“

信者を増やすと結果として儲かる

“信者”という字を横に書くと“儲かる”になる」

 

この言葉に、OJに通ずるものを感じました。

一度切りのお付き合いではなく多くが

通年、何十年とお客様の事業に参画させていただいております。

 

OJにしかない売り物で社会貢献し続ける為に

より良い成果・環境づくりを提供し

信頼と満足を得てリピートし続けていただく為にも

OJ一丸となって日々前進し続けています。

 

(S.H)

 

web拍手 by FC2

2020年

11月

02日

11月、立つ!

 

 菊薫る季節、庭先にそして野辺に咲く鮮やかな黄色に目を奪われる。

 

 11月のスタートである。

 今月のテーマを、「11月、立つ!巍然屹立! 」とした。

 

 2020年の挑戦、変革を総括し、

 この間の取り組み、課題・成果を明日をリードする新世界のモデルに昇華し、

 無二の企業として、お客様の高い評価を獲得していく

 抜きん出て優れた状況をつくり上げる。

 

 この思いを形にして行く1か月とする。

 強い決意であり、今ならできるとの我社の総意の表れでもある。(T)

web拍手 by FC2

2020年

10月

29日

言葉の力

「YES」

簡素でありながら力強いオノ・ヨーコ氏の作品を見た。

1単語が1キャンバスにモノクロで書かれている「だけ」にもかかわらず、

冷たさはなく、ニュートラルでオープンで前を向かせてくれる。

見せ方はもちろん1単語の選び方の重要性・言葉の力を実感しました。

 

様々な事業を通して多くの方と関わるOJ。

対面・非対面に関わらず、コミュニケーションの基本である言葉を大切にしたいと

改めて思いを強くしました。

(S.K)

 

web拍手 by FC2

2020年

10月

28日

紅葉狩り

先日、社内で紅葉狩りが話題になりました。

 

なぜ「狩り」なのだろう、と思い調べてみました。

 

紅葉狩りは約1200年前、平安時代から存在していたとのこと。

「狩り」が紅葉や草花を愛でる意味になったのは、

狩猟をしない貴族が現れたのが由来だそうです。

 

平安時代には邸宅に紅葉となる木は植えられておらず、

当時の貴族には歩くことが下品な行為とされていたため

山や渓谷に足を運ぶことを「狩り」と見立てるようになったとのこと。

 

OJの事業も、紅葉と共に実り深くなり始めました。

コロナ禍を超えての新世界を、力強く提供してまいります。

(R.T)

 

web拍手 by FC2

2020年

10月

27日

オンライン研修、続々と

 

令和2年度厚生労働省委託事業 『本人の意向を尊重した意思決定のための相談員研修会』

先月より今年度の研修会がオンライン研修としてスタートいたしましたが、

早いもので第4回が先に終了いたしました。

 

令和元年度をもって47都道府県全てで開催されたこの研修ですが、

今年度はオンラインでの開催にとなり、

弊社も本部から運営として参画しております。

 

研修会の内容は同じでも、

集合研修とオンライン研修では事前準備も運営方法も全く異なります。

 

運営側としてはオンライン開催ならではの課題を先手で解消、

毎回の学びを明日に活かしています。

 

本研修は引き続き第10回まで開催を予定しております。

受講生の皆様が安心して受講いただける更なる環境を提供できるよう、

今、ワクワクです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各都道府県の会場で運営させていただくのも

大変貴重な機会でしたが、

今年は本部からの事業参画です。

web拍手 by FC2

2020年

10月

26日

このままでは終われない。

 

 日本列島、北から紅葉の便りが届き、

 改めて四季に恵まれた日本国に住まいおる幸せを感じている。

 

 田舎育ちにとっては、これから暮れ正月にかけての遠い日の風景が

 浮かんでくる季節でもある。

 

 日本人の生活・文化と自然が織り成す、

 穏やかにして重厚な空気感滴る日本の原風景が蘇る。

 

 この風景からは程遠い今に生き、もがいている中で、

 忘れがたい、忘れてはならないものとして、

 日本国復興への大きな支えとして、

 原風景の持つ計り知れない可能性に思いを馳せる時、

 

 この大切なものを脇に置きづづける現世に、

 このままでは終われない、このままでは無責任すぎる思いが沸き上がる。

 

 できることはある。

 我社の今日は、これらを帯同しての理念の実現への確実な一歩である。(T)

 

web拍手 by FC2

2020年

10月

22日

みたか折り鶴チャレンジ

弊社は自然あふれる三鷹の地に本社を構えます。

 

今年の8月~9月にかけ、三鷹青年会議所主催による

「みたか折り鶴チャレンジ」が開催されました。

 

市民みんなでコロナウイルス感染症の収束と平和を願い、

離れていてもひとつの目標にチャレンジすることを目的とし、

20,954羽(※三鷹市の12歳までの人口と同じ)の折り鶴をつくろう

というプロジェクトです。

 

その折り鶴が、先日お披露目となりました!

一羽一羽の鶴に思いが込められていると思うと元気が湧いてきます。

 

弊社も事業を通し、関係者に元気を、経済に活力を。

この思いをかたちに!

 

(H.M)

圧巻!朝陽に照らされ輝く鶴たち
圧巻!朝陽に照らされ輝く鶴たち
web拍手 by FC2

2020年

10月

21日

WHO-FICネットワーク年次会議スタート

 

WHO-FICネットワーク年次会議がバーチャル(ZOOM)開催で、19日から23日の会期でスタートいたしました。

 

当初はタイでの開催が予定されていましたが、今般の新型コロナウイルスの流行を受け、WHOが主催のみならず運営も担当することとなりました。

最終プログラムが開催直前に届き、プログラムも縮小される、オンライン会議に入れない方続出等苦労もうかがわれました。

 

弊社も人的、物的、ソフト面での新たな取り組みを提案実現いたしました。

 

尚、会議はジュネーブ時間の10:00-16:00開催、日本時間では17:00-23:00。

時間は国際オンライン会議の課題でございます。

 

(K.K.)

 

WHOのサイト情報

web拍手 by FC2

2020年

10月

20日

今を生きる!今だけを見ない!

現下のコロナウィルス禍を受けて、様々な継続事業において、ヴァーチャル化、オンライン化が進んでいます。
事業の推進、継続発展性の保持のため、新たな方法論で取り組むことは、今できる最善を選択し、今を生きることで、とても大切な取り組みです。
OJもこの新しい潮流の先端をご提供すべく、国内外の取り組みを進めております。

 

毎年10月に一週間、WHOが世界各国の協力センター、専門家等と連携し、事業のマイルストーンとして世界各地で開催してきた年次会議も、今年はジュネーヴを本部とするヴァーチャルでの開催となりました。テーマも「デジタル時代に有効な保健情報」という今日的課題で、事業の推進上、ヴァーチャルでもことを進めることはとても画期的です。

 

一方で、今だけを見ない。この視点をOJは事業企画提案の哲学の根底に据えています。

 

OJは、当該事業に2005年以来参画させていただいていますが、毎年、世界の5大陸のホスト国が輪番で開催することにより、世界の多様性の中で、世界の保健水準の向上に真に資するよりよきスタンダードの追求が可能になったと考えます。
そもそも有機的な存在である人間の命をテーマとする当該領域を考えるとき、生身の存在感のあるFace to Faceのコミュニケーションは、デジタル時代に一層、その価値を増すと認識しています。

 

今を生きる!今だけを見ない!その先の事業企画提案に収斂して参ります。

 

事業が大きく推進、伝説の大会となった2005年日本開催。八芳園でのオフィシャルディナーにて。ヴァーチャルにはない大きな和。

R.K.

web拍手 by FC2

2020年

10月

19日

一日という時間

 

 今日という日を見据えることが多くなっている。

 一日という時間の持つ重さ、その可能性に引き寄せられる。

 

 今週も、意義ある事業が次々と大事な局面を迎える。

 

 我社は言われたことを実施する会社ではない。

 事業成果を構築する環境を戦略的に企画提案し、

 成果に責任を持つ企業体である。

 

 この間のウィルス禍を受けて、動きの止まってしまった事業に、

 お客様の思いを超える新世界を見える化し、成果を共有させて頂いている。

 

 一日一日の深耕が動きをつくる、そして、動けば変わる、変えられる。

 企画運営一体で成果を志向する我社の一日の在り様である。 (T)

一日の始まり、朝焼けが美しい季節が到来した。

web拍手 by FC2

2020年

10月

15日

ネタは新鮮なうちに

OJは様々なことにおいて見える化を要としています。

10月には、現場での集合型研修、オリエンテーション、オンライン研修など

様々な事業が続いていますが

どれも、当日を終えて完了ではなく、記憶・熱意が新鮮なうちに

俯瞰・見える化し社内全員で検証、研磨し今後の成果に磨きをかけます。

 

新鮮なうちは箸もよく進みますが、

新鮮さを失うと箸が進まなくなりがち、ネタは新鮮なうちに。

 

変化し続ける社会に求められ、貢献し続けられるよう

10月攻め上り、良き2021年を迎えましょう!

(S.H)

web拍手 by FC2

2020年

10月

14日

未来の準備!

毎年、この時期になると来年の手帳が発売され

学生からビジネスマン、主婦の方々が

店頭で選んでいる姿を見かけます。

 

あれこれ手に取って悩むのも、また楽しく

購入後に、早々と来年の予定を記入していると、

ワクワクとした気分になります。

 

今年は、思い描いていた日々と大きくかけ離れてしまいました。が、

この中にあっても、OJは意義ある事業に参画の機会を頂いています。

ありがたいことです。

 

来年を、実りある一年にすべく

今年の経験も踏まえ活かし、新たな世界づくりへの思いを描き、

今、先手の準備を進めております。

 

これからのOJにも、ご期待ください!  (R.T)

 

この手帳の「お仕事」も、あと2ヶ月余り。最後まで一緒に走り抜けます!
この手帳の「お仕事」も、あと2ヶ月余り。最後まで一緒に走り抜けます!
web拍手 by FC2

2020年

10月

13日

展開そして邁進の時

スコットランド生まれ、トリニダード・トバゴとカナダで育ち、

ロンドンで学び、現在はトリニダード・トバゴを拠点とする画家の作品の中に、

日本のニセコのスキー場の新聞広告をもとに描かれたものが。

 

日本で制作された広告が、

遠く離れた場所で活躍する画家によってさらにアート作品となるとは、

広告を企画・制作した方も思ってもみないことだったかと。

 

国内外での事業支援を基幹サービスとするOJ。

オンラインでの事業支援も可能となった今、

OJのサービスもさらなるグローバルへ。

 

遠く離れた地へも事業支援が響くよう

今、OJはより一層のサービス展開の時にある。そしてに邁進の時にある!

web拍手 by FC2

2020年

10月

12日

「2021年へ攻め上る!」

 

 「来た道を活かして越えて新世界。2021年へ、攻め上る!」

 

 我社の今月のテーマである。

 

 神様の差配を頂き、現下の厳しき状況を今乗り越えつつある。

 我社が切り開かんとする明日は、今を超える厳しさを持って聳えたつ。

 

 その明日に、新世界づくりでリード役を担うと決めている。

 そのための心構え、雄叫びが、「2021年へ、攻め上る!」

 

 気力満ちて、先手の準備あるところにのみ輝きが生まれ、

 人が集い、意義ある事業が生まれ来て、貢献のOJの出番が生まれる。

 

 この成功ロードを作り得るのは、

 オスカー・ジャパンの今であり今日であり、この10月である。(T)

言わずと知れた、鯉の滝登り。目指すは新世界!

web拍手 by FC2

2020年

10月

08日

実りの秋

 

日本で最初にコロナウイルスの影響が出始めたのは今年の3月末頃でしたが、

あの頃からまだ半年程しか経っていないことが信じられないほど、

世の中ではたくさんの動きがありました。

 

弊社では現下の状況に先手を打ち会議や研修をオンライン中心で企画・提案を進めて参りました。

10月はオンラインのみでなく通常の対面研修も含めたくさんの事業に参画させていただいております。

 

春、夏は我慢の季節でしたが、

これからは実りの秋、そして明るい未来を見越した季節となるよう、

更に前向きに進んでいきたいと思います。

(A.S)

 

web拍手 by FC2

2020年

10月

07日

気付き

通勤途中に、建物の2階を超える程の大きな金木犀の木があります。

 

例年であれば、甘い香りにすぐに気付いていたのですが、

今年は常にマスクをしているせいでしょううか、

季節の移ろいに気付くことに出遅れてしまいました。

 

いままでと生活様式が一変し、

強く意識しないと気付けないことが増えているのかもしれません。

 

普段の生活でも仕事においても、新たな気付きが求められてます。

 

 気付きのリード役、OJへ。今日も前進です。

 

(H.M)

web拍手 by FC2

2020年

10月

06日

集合研修のスタート

 

この週末、待望の集合型研修会が開催されました。

これまで、関係者のみ一同に会しての

オンライン会議・研修を担当してきましたが、

ついに受講生が集まって対面での研修が実現できました。

 

ニューノーマル、弊社の運営マニュアルにも

感染症対策のページが加わりました。

 

バーチャル、リアルそれぞれの利点を活かし、

サービスの幅を広げ、そして新モデルを体感頂く機会を提供してまいります。

 

(K.K.)

 

web拍手 by FC2

2020年

10月

05日

縮こまっている時ではなあい!

 

 金木犀の香りにしばし足を止め余韻に浸る。

 木々の彩りも始まり、秋本番である。

 

 この良き季節の到来に合わせるかのように、

 我社の事業も好循環を確実に刻んでいる。

 

 「国内景気回復、世界に遅れ」の記事が目に留まる。

 コロナ禍をいち早く乗り切った我が国の、回復への足音が小さい。

 

 20世紀後半のバブル崩壊以後30年、先進国で唯一経済成長率の低さ、

 その深刻な真因を見据えてきたはずである。

 

 「大計なき、愛国心なき、自分さえ、今さえ良ければ」の日本国の現実

 を見据えてきたはずである。

 

 この間、今こそ日本は世界に先駆けて、

 リード役として新世界づくりを確固とすることは何かを学んできた。

 

 それを活かし突き進む、その時にある。

 縮こまっている時ではない! (T)

天高き広き空、天空に月。大きく大きく。

web拍手 by FC2

オフィシャルブログ