2022年

5月

23日

磨く

オスカー・ジャパンでは毎朝、社員全員による掃除を実施しています。

私が入社して10年以上たちますが、一日たりとも掃除をしなかった日はありません。

 

デスクやPCなど、一緒に働くオフィスに感謝を込め、丁寧に拭き掃除を行います。

 

「掃除は創自」

「綺麗な環境で綺麗な仕事を」

 

自分自身を磨き、会社を磨き、サービスを磨き続けることで、

お客様のご事業に最大の成果をもたらすことができる。

オスカー・ジャパンの日常です。

 

(H.M)

 

web拍手 by FC2

2022年

5月

19日

準備が大切!

 5月となり、研修会やシンポジウムの開催が始まっています。

 

 常に心がけていることのひとつは、

 主催者・参加者の皆様が心地よく参加できる環境作りです。

 

 スムーズな進行をするためには、細かい確認や準備が大前提です。

 成果に向け、お客様との良きチームワーク作りも前提となります。

 

 様々な開催方法の変化にも対応し、安心していただける成果環境提供へ

 OJサービスの磨きに怠りありません。

(R.T)

バラの季節になりました!
バラの季節になりました!
web拍手 by FC2

2022年

5月

18日

イメージを形に、トータルサポート

 

さまざまなご縁がつながり、新しいお客様との出会いが広がっています。

 

オスカー・ジャパンでは、

「ああしたい・こうしたい」「こんなこと出来るのかな?」といった検討段階であっても、

「成功のイメージ」をヒアリングし、ご提案が可能です。

 

現在、感心が高まっているハイブリッド形式でのシンポジウム・研修会は、

オンラインの手軽さと、対面による参加者の満足度の高さから、

準備から当日まで多くのエフォートが求められます。

オスカー・ジャパンではそんな難易度の高い開催形式でも、トータルにサポートが可能です。

 

難易度の高い開催形式ほど、ぜひオスカー・ジャパンへ!

 

(SK)

web拍手 by FC2

2022年

5月

17日

易きに流れず!

 

 島国日本にあっても、旧石器、縄文、弥生、古墳、飛鳥、奈良時代・・・

 異文化は入ってきていた。

 全てを取り入れてきたのだろうか、否、取捨選択をしてきたが故に

 我国独自の文化国家を造り上げることができた。

 

 今、その役割に疑問符の付いた国連に、今なおの欧米至上主義に

 毒され表層的概念を鵜呑みにし、政策に取入れ強制喧伝している。 

 和魂洋才はどこに?

 

 戦後の自虐史観に洗脳され、自国を責めることはあっても自国を良しとする

 ことが憚れる等々、なんとも悲しい現実が招き寄せているのであろう。

 

 難しいことではない、公民を問わずあらゆる組織が足元を見据え、

 その使命・役割を全うする上で、「今一番にやるべきことは何か」

 これのみに挑み続けていれば、自ずとあるべき姿を見出しうる。

 

 いかにして事業成果環境を提供し得るか、唯々それがために、

 ひとり一人が考動する、これが変わらぬ我社の課題であり、

 メンバーひとり一人に与えられた成長の機会であり、我社成長の鍵である。

      (T)

南米原産のジャガイモの花が咲き始めた。

web拍手 by FC2

2022年

5月

16日

ハイブリッド開催の需要が高まっています!

ハイブリッド形式のシンポジウムや研修会のご依頼が増えています!

人と人とのコミュニケーションの復活を求めるお客様が増加の傾向です。

 

ハイブリッドで特に気をつけるべきは、音響関連。

会場とオンラインの登壇者、参加者それぞれに、ベストなマイク入力とスピーカー出力を届ける必要があります。

ハウリングや、音声トラブルを避けるためにも、事前のテストや準備が必須です。

 

成果環境の企画・運営をサービスの要とするオスカー・ジャパンに、思いを越える世界の体感へぜひご相談ください。

 

(H.M)

web拍手 by FC2

2022年

5月

11日

楽しく挑戦

 

実家の庭の隅に小さな家庭菜園があります。

祖父が作り父が引継ぎ現在は母が一人で世話をしています。

この連休、苗植え準備だけでも協力できればと人生初の畑作業に挑戦しました。

 

何事も失敗したくないという私に対し

「鎌を使い雑草を取る。」「肥料をまき畑の上と下の土を入れ替える。」と実に大雑把な母の指導。当然、初めは上手く出来ない。が、試行錯誤を繰り返しすうちに、なんとなくコツがつかめ楽しくなりました。

 

誰でも最初は初心者。新しいことへの挑戦を遠ざけがちですが、挑戦のOJ、

挑戦の機会を逃さぬように、そしてその機会をお客様への成功のご納品とする。

OJ全員の思いです。

(K.K)

 

web拍手 by FC2

2022年

5月

11日

5月の思い出~ドイツ旅行展~

風薫る5月、この季節になると思い出すのが、1993年から10年近く担当させて頂いた『ドイツ旅行展 GERMAN TRAVEL WEEK』です。

 

創業5年目のOJ創成期、東西冷戦終結、東西ドイツ統一、グローバル化の只中にあって、旧東ドイツご出身の気鋭のドイツ観光局長と意気投合、1993年から日比谷シティの広場に日本で初めてドイツ製の大テント(弊社にて購入)を設置してその中に、ドイツ独特の街並みを再現、来日デレゲーション旅行情報紹介、ドイツの工芸品ありエンターテイメントあり、ビール、ワイン、ソーセージのドイツの味も満載、OJ史上でも最も楽しく盛り上がったプロジェクトでした。

 

隔年開催でしたが、1週間に5万人もの方が来場、当初の目的通りロマンチック街道はじめ、エリカ街道、メルヘン街道、ゲーテ街道、古城街道、ファンタスティック街道、アルペン街道・・・街道を行くドイツの魅力が広く知られる一大契機となりました。

 

なお、2000年より、OJでは、ドイツに活動拠点、EUセンター(現ドイツセンター 在ハイデルベルク)を開設しています。 

 

R.K.

 

web拍手 by FC2

2022年

5月

10日

繋がる、広がる。

 

 “OJ企画で繋がる・広がる! OJ運営で満ちる・高まる!

  企画運営一体で事業成果環境をプロデュース。”

 

  我社のキャッチフレーズである。

 

  この連休に読了した「読んで、旅する(伊集院静著)」

  「坂の上の雲(司馬遼太郎著)」の中に、

  正にその繋がる・広がるの世界に導かれ、

  思いもかけず、繋がる・広がる世界の醍醐味を味わうことができ、

  我社のサービスの創り出す世界に改めてその意を強くしたところである。

 

  グローバリズムの破綻を目の前にし、

  自国の見直し自国の力再興への気付き、動きが起ころうとしている折、

 

  我社においても、足元を確固とし、創業35年に向け、

  更なる繋がり・広がる世界づくりへしっかりと踏みだしていこう!

 

  5月連休明け、恒例の月初研修にて、その思いを共有した。

 

  季節もよし、思いもよし、5月鋭気満ちてスタート! (T)

  

自然は廻り・繋がり、バラの5月

web拍手 by FC2

2022年

5月

09日

リフレッシュ!

ゴールデンウィーク、10日間の貴重な連休をいただき、

心身共にリフレッシュ!

 

refreshには

・元気づける

・さわやかにする

・記憶を新たにする

・情報を更新する

といくつかの意味がありますが、

昨年度末から今年度始まりにかけ駆け抜けてきた私たちにとって、

全ての意味が当てはまる、そんなありがたい期間となりました。

 

薫風の5月、爽やかにスタートダッシュ!

 

(H.M)

高尾山から見た東の空。たくさんの方が山登りを楽しんでいました。
高尾山から見た東の空。たくさんの方が山登りを楽しんでいました。
web拍手 by FC2

2022年

4月

28日

ゆったりと、そして確実に!

 

 明日から10日間の連休を頂く。創業34年の英断である。

 

 この間、世の中の動きに連休はなく4月そして月が改まり5月を迎える。

 激動する世界、加えて、我が国を取り巻く不穏な動きも

 加速することはあってもお花畑の思う世界は訪れない。

 

 非日常の機会を活かし、いかなる立ち位置を見出し

 いかなる学びをつくりあげうるか、

 ある面、正念場の時が始まる思いである。

 

 我社では全員参加で、当該OJブログを担当、全員でブログ検証を行う。

 

 連休が明ける5月9日、この検証の折、今日のブログの思い・在り様が

 新鮮さを保ちつつ連続性をもってOJワールドへ繋がるべく、

 連休のテーマを掲げその実現へ、

 先ず一歩をゆったりとそして、確実の一歩をである。(T)

新緑に小さき花も装いて(白水)

web拍手 by FC2

2022年

4月

27日

記憶の整理

まもなく、ゴールデンウィークが始まります。

 

人は集中している時より、むしろリラックス=ボーっとしている時の方が

記憶を整理できるのだそうです。

勉強なども、寝る直前に暗記をした方が睡眠中に整理され、

良く覚えられるのだとか。

脳が緊張状態にあると、逆に無意識に物事をこなしているだけになってしまう

という経験は、確かにあるような気がします。

 

今年は、OJのお客様でもある厚生労働省の働き方・休み方改革に対応、

初めての10連休となります。

しっかりリフレッシュして、頭も心も整理して

5月に備えていきます。

(R.T)

web拍手 by FC2

2022年

4月

26日

俯瞰と備え

 

新年度が始まり先手の事業構築が進む中、早ゴールデンウィークも目前。

大型連休をひかえ、普段以上に事業を俯瞰でとらえること、

連休あけのスムーズなスタートへの備えが求められます。

 

すでに動き出している事業が滞りなく進むよう、

業務の整理・先を見据えたスケジューリング、普段以上に心がけて、

事業成果づくりに安定感を!

 

(S.K)

 

web拍手 by FC2

2022年

4月

25日

日々検証

 

以前にこちらのブログで「3か月で自然に瘦せていく仕組み」に挑戦していることを宣言しました。あれから3か月、結果は5.2キロ減でした。残念ながら目標にわずかに及びませんでしたが厳しい食事制限や激しい運動なしに着実に成果が出たことに驚きました。

 

日々記録し、数値(事実)をもって検証することが成果につながると身をもって体験。

日々のOJにあっても目的達成のあり様にとって学びが多い挑戦であり、新たなチャレンジを通し、新たな地平へ思いを強くしています。

 

 

web拍手 by FC2

2022年

4月

21日

棚卸

 

 我社恒例の棚卸を行った。

 

 我社の棚卸は売り物の在庫管理の棚卸ではなく、

 事業に係る資料等の約定の処分に加え、正に不良在庫の一掃、

 断捨離である。

 清涼にして流れの良い空間を再構築するのは

 会社という空間に支えられている我々の務めであり

   会社に対する感謝でもある。

 

 会社のすべてに目を配り徹底的に行う。

 その後には、見違える空間の現出があり、漲る鋭気の現出がある。

 

 この棚卸を通し、OJメンバーひとり一人が会社を見直し、事業を見据え、

 そして何よりも仲間との連携連帯に思いを致し、自己自身を見つめ直す、

 正に自己の棚卸の機会でもある。

 

 事業に係る成果環境を企画提案し、成果支援の責任遂行企業を支える

 この恒例の行事は創業以来35年、我社の日常である。(T)

 

新緑に彩りを添える、日本の固有種、フジが鮮やか。

web拍手 by FC2

2022年

4月

20日

もうすぐ60,000拍手!

会社の今を、動を発信し、お客様に弊社を知っていただく機会とする。

その思いでブログを開始した2013年から9年目の春。

皆様からいただいた拍手の総数が、もうすぐ60,000回を超えます!

 

文章を作り世界に発信するということは決して簡単ではなく、

生みの苦しみを感じる部分もたくさんありますが、

9年間絶えず続けていることを誇りに、支えにして、

これからもオスカー・ジャパンと共振・共鳴していただけるべく、

正しく・強く広報していきます。

 

(H.M)

web拍手 by FC2

2022年

4月

19日

今ここだけを見ない~Building a Better Future~

毎年春には、入社した1989年(平成元年)の春を思い起こします。

 

国際プロジェクトのオスカー・ジャパン

未来社会創造のベストパートナー、

プロジェクト立上げから成功まで、

事業価値、組織価値の向上、成功への事業環境プロデユース

 

OJの原点と初心がそこにあります。

 

時代はまさに昭和から平成へ、冷戦の終結という、まさに時代の大転換点であり、

その中で、新たな時代の潮流を創る事業に数多く参画させて頂きました。

 

「一椀からピースフルネスを」をテーマとした世界各国語版の茶道裏千家のパンフレット制作、モスクワ大茶会、

横浜市とオデッサ市の姉妹都市交流事業、

柏崎市制50周年記念の日ソ友好日本海横断ヨットレース、

経済同友会のモスクワ経済視察団・・・

いずれも冷戦終結を象徴するようなよりよい世界を志向したプロジェクトでした。

 

今、平成から令和、コロナ、ロシアのウクライナ侵攻、新たな課題に見舞われている今を生きる私たち。

きっとこの中にあってもよりよい未来社会は築けるはず、できないをできるに!

見渡せは日本に世界にBuilding a Better Futureの多くの取り組みが行われている。

 

OJはいつの時代も、そして今も、新時代のフロンティアでの貢献を目指し続けています。

 

不可能なことはないわ。その言葉自身が、「私は出来る。」と言っているのよ。

オードリー・ヘップバーン

 

 

 

web拍手 by FC2

 

R.K.

2022年

4月

18日

ONE SPACE Wakayamaプロジェクト

和歌山県立医科大学(麻酔科学教室/緩和ケアセンター)主催の

和歌山県内における緩和ケアの標準化のための遠隔教育プロジェクト

ON-line Education for Standardizing PAlliative CarE in Wakayama Prefecture Project (ONE SPACE Wakayama プロジェクト) が始動しました。

 

和歌山県すみずみまで緩和ケアの診療と教育を届けることを実現するために、医学教育プロジェクト助成を得てのプロジェクト。

オンラインを活用した、月2回研修会開催、その動画をe-ラーニング教材としてウェブにアップ、事例検討会、緩和ケア相談と盛りだくさんのプログラムに、和歌山県の緩和ケア底上げにかける熱意がうかがえます。

 

この活動がやがて、他県にもひろがり、日本のすみずみまでいきわたる景色が見えます。

 

プロジェクト支援に携われることが光栄です。

 

プロジェクト詳細はコチラから

web拍手 by FC2

2022年

4月

14日

準備よし!

 

  春の恵み、新緑に心浮き立つ季節の只中にある。

  時を逃がさず謳歌していきたいものである。

 

  現下の我社では、事業成果企画を提供した事業が、

  動きを始め、胎動を始めている。

 

  目的を戴した成果作りが、関係者の使命であり責任である。

  誰のためでもない、ましてや個人のためではない。

  いかなる貢献を作り得るか、できることは一杯ある。

 

  先手の事業構築! 今月の我社のテーマである。

  全てが順調に進むことはないにしても、この思いさえ確固としていれば、

  立ちふさがる壁も越えられるというものである。

 

  季節よし、気分もよし、やりましょうの準備良し!  (T)

新緑、ベストショット!

web拍手 by FC2

2022年

4月

13日

新年度!

新年度が始まって、半月。

先手の事業構築へ動きを加速しています。

 

時代とともに、生活スタイルも変わり

スマートフォンやSNSを使っての情報取集、人とのコミュニケーションを

はかったりする時代ではありますが、やはり実際に会って話したり、

足を使って情報を集めたりすると、理解度が増すような気がします。

 

対面での動きも増えてくることを期待しつつ

3年ぶりに人やモノに接して、の世界づくりへ、勝負の新年度でもあります。

(R.T)

web拍手 by FC2

2022年

4月

12日

粛々と磨く

 

新年度も始まり、各事業少しずつ動き始めています。

陽気に誘われて気持ちの落ち着かない季節ですが、やるべきことは粛々と。

 

新しい成果づくりに貢献できるように、

また次なる一手を打つためにも、まずは手札の強化を。

OJの”できること”にさらに磨きをかける春にしたいです。

 

web拍手 by FC2

2022年

4月

08日

社員研修

 

新緑が目に眩しい季節になりました。

 

弊社は事業により最適な法人・個人のパートナーと連携しプロジェクトチームを立ち上げ、事業の成功を納品しています。

先日、新しいパートナーへの社員研修を行いました。

会社の理念、大切にしていることを共有の上、

事業に参画頂いています。

これまでに何度となく繰り返し研修を行っていますが、

説明している自分が一番学びになっているとも感じます。

 

春、良き出会いに感謝。

 

web拍手 by FC2

2022年

4月

07日

なぜ何のために!

 

  古い話で、加えて尾籠な話しで恐縮だが、

  “ニオイは元から絶たねばダメ”というコマーシャルが

  今から半世紀前に流れていた。

  

  今、世の動きの多くが、そもそも大元は何、出発点は何、

  なぜその考え動きが必要とされているのか、の自問もなく、

  はなはだ疑問に思える、ちぐはぐな意味なき動きが氾濫し、

  限りある資源が浪費されている。

 

  国の政治然り、メディアの在り様然り、公民問わず、

  今さえ自分さえの狭小な世界での堂々巡りが今日も繰返されている。

  日本はそんなに安閑と構えていられる状況にあるのだろうか、否である。

 

  新年度がスタートし、真新しさを纏った若者が街を彩る。

  様々な空間にて日本を支える新しい戦士である。

  なぜ何のために、組織は人は存在するのか。

  大局観を育み、その実現への大きな一翼を担うべく、

  使命感高き先達に学び夢実現に邁進することを切に望んでいる。

 

  我社も、“スタートダッシュ!”を今月のテーマとし、

  目的・使命を戴し、学びをそして学びを活かす今日に一所懸命である。

       (T)

 

春を迎える小さな舞がそこここに

web拍手 by FC2

2022年

4月

06日

季節を愛でる

今年の桜は見頃が長く、春という季節をそこかしこで感じることができました。

 

いざ桜の名所、新宿御苑へ。

 

事前予約制をはじめとする感染症対策がなされる中、

約1000本、68種の桜たちを楽しむことができました。

 

中でもオオシマザクラの、他の桜とは異なる白い花びらに、心を奪われました。

 

桜も種類によって花言葉が異なります。

オオシマザクラは「心の美しさ」。

 

仕事の場にあって、OJのテーマ「成果提供」の場にあって、

どんな時でも相手を思いやれる心の美しい人でありたい。

あらためて思いを強くしました。

 

(H.M)

白い花びら、オオシマザクラ(2022.4月 新宿御苑にて)
白い花びら、オオシマザクラ(2022.4月 新宿御苑にて)
web拍手 by FC2

2022年

4月

05日

10名の戦略会議

各界、各国の要人が非日常の環境に身を置いて、それぞれの領野で明日の景色を創る戦略を親睦も深めながら泊まり込みでじっくり語り合う。

 

「10名の戦略会議」と銘打つOJメニューは、実はお得意様に好評の隠れた人気メニューです。

 

お客様の組織価値、事業価値の向上への貢献を常に第一義とするOJのトータルな企画は、いつも新鮮な驚きと喜び、より良い成果を産むホスピタリティ、わくわくに満ちています。

 

ここで培われる各国要人の良好な関係性が、事業創造・発展への好循環の源となります。

 

コロナで様相が一変、3年目の春、バーチャル会議も日常となった今、再び、より実り多き「リアル」への発展的回帰と進化の予兆をそこここに感知し、新しい「リアル」の潮流創りを先駆ける新年度です。

 

コロナ前年、沖縄での要人国際戦略会議。舞台は沖縄サミット開催の万国津梁館。会場選定、チーム選出も成功への企画の要諦です。

 

R.K.

web拍手 by FC2

2022年

4月

01日

感謝

アニメ「平家物語」を毎週楽しみに見ていました。

 

日本人なら誰もが知る平家一門の最後、

未来を視る目を持つ主人公視点でドラマに参加できるという設定の妙、

オープニングの「最終回のストーリーは初めから決まっていたとしても、 

今だけはここにあるよ」の歌詞も美しく、

海外の方にもぜひ楽しんで頂きたい!との思いから、

日本史を知らなくても理解できるだろうか?意味が取れる英語字幕が作れるだろうか?等毎度余計な心配をしていましたが、ありがたいことに

海外のアニメファンは日本のことを良く勉強しています。

 

国際交流に携わりたいとの思いで今の仕事を始めました。

桜吹雪舞う新緑の季節に、初心を忘れずに、今あることに感謝。

 

web拍手 by FC2

2022年

3月

31日

葛藤

 

 怒涛の3月も静かに月末を迎える。

 よく頑張った、よく乗り切ったの一言である。

 

 この間、組織価値、事業価値の向上を志向する

 事業成果環境プロデュース企業として、

 現行の仕様書至上主義との葛藤の連続であった。

 

 明日に繋げる今日の在り様を希求する我社にあって、

 事業環境の変化に対応できない後追いの感が否めない主義・主張に

 何か大事なことを置き去りにしていませんかの思いが離れない。

 

 言われたことを行う企業ではない。

 お客様の指揮命令下にある企業ではない。

 成果主義を志向する事業パートナー企業である。

 

 固定観念を打破する発信・広報不足が否めない。

 我社に問題課題が残る。

 「全ての問題は我に我社にあり」(OJ行動基準第2)。

 

 我社の存在意義、我社そしてスタッフにとっての可能性とは何か、

 多くの学びの事業、期間であった。

 

 これを活かす我社の目線は、今、成果ロードを見遥かしている。(T)

  

春到来!我社のあるビルも桜色に染まる。

web拍手 by FC2

2022年

3月

30日

先を読む力

先日、東京電力管内において「電力需給ひっ迫警報」が政府より発令されました。

 

3/16に発生した地震の影響により、火力発電が停止しており

ここに急激な気温の低下が重なって大幅に電力不足になったのが原因とのことでした。

 

ライフラインの供給が安定しないことなど、今までは考えられなかったこと。

 

環境破壊や社会情勢などを敏感にとらえ、

先を読む力が一層必要とされている気がしています。

 

お客様の事業が円滑に進むよう、OJはこれからも

事業成果環境を提案、提供してまいります!

(R.T)

桜が満開になりました。今年こそ、お花見を!
桜が満開になりました。今年こそ、お花見を!
web拍手 by FC2

2022年

3月

29日

年度がわり、一丸で乗り越えて

 

新年度も目の前に迫り、 

年度末の仕上げもラストスパート。

限られた時間の中で最大の成果づくりを目指して一丸となって取り組んでいます。

明るい季節、軽やかに新たな年度スタートとなるよう全力です。

web拍手 by FC2

2022年

3月

28日

4年目の開花

2018年冬、創業30年の時に頂いた蘭の花が4年目の春に開花しました。

(関連ブログ:花を咲かせて30年 2018/12/20)

 

OJのアートディレクターが、「蘭ちゃん水やり記録:次の開花までお世話になります。どうぞよろしくお願いします。」の記録シートを作成、水やり当番2名が任命され、1~2週間に一回を目途に水やりケアをした結果、ついに花をつけました。

その間には瀕死の状態の時もあり・・・

 

念ずれば花開く。誠に嬉しい幸先の良い年度末です。

感謝、そして前進!

 

R.K.

web拍手 by FC2

2022年

3月

23日

ホスピタリティ・デー

明日、3月24日はホスピタリティ・デーです。

3・2・4という数字は、数理学的にホスピタリティに関連性の高い要素が含まれることから、この日に制定されたそう。

 

【3】新しいものを創り出すエネルギー、自己表現

【2】思いやり、協力

【4】全体を作りあげる基礎

 

ただ相手を思いやるだけでは、ホスピタリティとはいえません。

全体を俯瞰する力、行動力や思考力、時代に合わせた新しさなど、

様々な要素が組み合わさることで、

初めて相手に伝わる真のホスピタリティに昇華するのだと思います。

 

あらゆる面でホスピタリティを感じていただけるよう、学びの日々です。

 

(H.M)

web拍手 by FC2

2022年

3月

22日

新鮮な驚き

 

日本医療政策機構様主催のハイブリッド開催行事を担当させて頂きました。1つは、⼥性の健康プロジェクト「現代⽇本における⼦どもをもつことに関する世論調査」〜妊娠を望む⼈が妊娠できる社会の実現を⽬指して〜(3月4日開催)、1つは国際ラウンドテーブル セッション「認知症領域の臨床試験実施体制の整備に向けた産官学民連携のあり方」(3月8日開催)。

 

主催者様は成果指向で、自ら事業を企画し、専門調査を実施し、事務局・運営も担当されており、発注、事前準備、当日、事後業務を通じ新鮮な学びの宝庫でした。

 

気づき・課題・改善点は、その場で記録し速やかにフィードバック。

今後のより良いサービスへの思いがふくらみます。

 


完璧に整えられ、開始をまつばかりの会場。

 

短期決戦でしたが、事前の会場下見ふくめ準備は万全でした。

web拍手 by FC2

2022年

3月

17日

喉元過ぎれば、

 

  昨夜の地震にはいつものことながら動転した。

 

  我国では莫大な国家予算、時間を投じてきたが、地震予知は出来ない。

  予告なしに発生、規模によっては防ぎ様もない。

  自然の脅威を前に、人間は無力である。

 

  改めて、地震の怖さを再認識する機会を与えられた思いであり、

  この思いを活かす機会も同時に与えれている。

 

  現世の出来事にも人知を超えることは多く存在するが、

  今をより良くする出来事もまた沢山すぎる程ある。

  一つひとつを良くしていく、変えて行くことはできる。

  そしてその多くのことは繰返して起こる。自然災害に同じである。

 

  人知の及ぶ及ばないにかかわらず、喉元過ぎれば熱さを忘れる、はこの際返上する覚悟を

  心底に置いておきたいものである。(T)

  

 

季節の繰り返しは大歓迎であるが。

web拍手 by FC2

2022年

3月

16日

歩みは止まらない!

 

  ここにきて、春が駆け足でやってきた。

 

  “山紫に水清き、天然の美を永久(とこしへ)に、愛でつつ・・・・”

  遠い遠いあの頃に謳っていた、我が中学校の校歌である。

 

  山あいに広がる田畑、そこにある土手に春はやってくる。

  土手のない東京でも道端の僅かな土の上にその気配が生まれている。

 

  我社の春は、今渦中の事業入札を勝利して後の到来である。

  継続事業に年間を通し支援、成果をしっかり提供できた自負はある。

  その評価はお客様の手にあり人事を尽くしての心境である。

 

  日本に何があろうが、世界に如何なる動きがあろうが、

  廻りゆく季節に合わせ、過ぎ行く時に合わせるが如く、

  我社も粛々と思いを超える世界づくりへ、

  貢献の歩みを止めるわけにはいかない。(T)

  

春の小川、微笑むふきのとう

web拍手 by FC2

2022年

3月

15日

理解と実践

 

  多忙な日々が続く。頑張るウーマンが事業を前に進める。

  多忙の渦中にあるが故に、

  明るい明日への展望が開けてくる時でもある。

 

  何であれ、物事への深い理解と弛まぬ実践、そしてその反芻が欠かせない。

  商売である限り、自社の売り物への評価は様々である、が、

  自己を磨き、自社を磨き、その帰結たる自社サービスを磨き倒すことで、

  見えざる力に導かれ、出会いが生まれ、評価を頂き、

  そのネットワークが広がる。

 

  この好循環をつくる第一歩は我社の在り様に尽きる。

  この思いを戴し、応えるOJ,今日に一所懸命! (T)

  

  

忙中閑あり、時期は少しくずれるが、20年間咲いてくれる。

web拍手 by FC2

2022年

3月

14日

Spring has come ! 

春が来た!

 

東日本大震災にあっても、コロナ禍にあっても、戦争の危機にあっても、

何があっても春が来る。

 

日一日、日の出が早くなり、日が長くなり、太陽に向かって元気よく力強く咲く花々。心も弾みます。

太陽の偉大さを再認識、感謝するこの季節です。

 

そこで想起されるのはイソップの寓話『北風と太陽』。

 

本来、よりよい未来社会の建設へ、成果主義で公共事業に係る調達も行われるべきところ、2002年、経産省関連事業で全面的に価格競争となったのを皮切りにどんどん、随意契約から企画競争、そして、価格競争へ、また、仕様も年々細かくなり受注者の責任ばかりが問われるものに・・・その上に、個人情報保護をはじめとする幾多の縛り・・・調達の制度は年々、単純明快から複雑怪奇、内向きになっています。

予算規模は縮小、業務・義務は膨大に・・・弊社が参画する政府事業支援の領域も例外ではありません。

まさに、北風が吹き荒れる状況の年度末です。

 

今こそ、仕様至上主義から成果主義、単年度主義から複数年度で事業を育てる方式への転換、

太陽のようにおおらかに、究極の目的に向かって公と民間がパートナーシップで真に協働する事業創造・価値創造への転換、

事極まり時満ちて、今まさに転換へ、最後の一滴の感を強くする春です。

 

OJは、いつの時代も使命感あるお客様のご事業に、期待を超える成果をと、創意工夫で取り組み続け、新たな潮流を先駆けます。

 

白木蓮、蓮華、土筆 — 春、それは向上。

 

R.K.

web拍手 by FC2

2022年

3月

10日

信頼

 

  周りを見渡すとビルというビルのほとんどに会社が入り

  商売が行われている。

  それぞれにお客様があり、多くの関係者のネットワークに支え支えられ

  日々商売を展開している。

  安閑として成り立つ商売は一つとしてない。我社も然りである。

 

  最初から信頼を勝ち得ることはなく、日々の対応、実績づくりを通して

  徐々に信頼への道が開けていく。その道は決して平たんなものではなく、

  商い、飽きないの言葉の世界が広がっている。

 

  信頼獲得への長い道のりの中で、我社を支えるものは、

  お客様、担当者の方の事業に対する高い使命感である。

  事業環境成果を提供することをその使命とする我社にとって、

  これに優るものはない。

 

  今日も使命感の共鳴・共振を支えに、わくわくと前進です。(T)

 

早春の花、クロッカス、花言葉「信頼」

web拍手 by FC2

2022年

3月

09日

山を越える。

 

  本格的な登山の経験がないのでその在り様は計り知れないが、

  自慢できるものではないにしても、人生の山も

  35年に喃々とする我社にあっても何度となく山を越えてきた。

 

  乗り越えてきた山々、そして今正に乗り越えようとする山々は、

  我社に多くの様々な機会を提供してくれ、

  明日への道しるべを差し伸べてくれている。

 

  我社の事前・当日・事後三位一体でのサービスを通して

  先手先手の準備を真摯に前向きに積み上げてきたが故に、

  実りある経験値そして明日への光明を手にすることができていると思う。

 

  今日も準備をわくわくと! (T)

今日も【Web】国際会議の現場で、準備わくわくと!

web拍手 by FC2

2022年

3月

08日

課題を背負う。

 

  ウクライナ情勢が予断を許さない。

  遠い国のことではなく、人として国家として共有できることは多い。

  押しなべて行動を共にすることはできないにしろ、

  思いを一つにすることはでき、発信することもできると思う。

 

  一日でも早い終息を望みつつ、世界は一つの思いを強くし、

  対岸の火事では済まない、しっかりした学びを得てゆく、

  ひとり一人に、あらゆる国に

  大きな課題が与えられている自覚が強く求められている。

  

  そういう我社も生きてる証、課題を背負っての日々に真正直!(T)

 

忙中閑あり、玉川上水にも春の使者、ふきのとう。

web拍手 by FC2

2022年

3月

07日

春の息吹を戴して

 

  一週間のスタート、とは言え事業の本番が続いている。

  各担当を中心にOJ ALLの奮闘により、一つ一つ確実に成果がつくられている。

 

  春の訪れを楽しむ時間は中々つくれないが、その息吹を戴して

  爽やかな日々を紡いでいきたい。

 

  頑張るぞー、おー!  (T)

  

  

梅の香に誘われ見上げると鶯が、絵になる!

web拍手 by FC2

2022年

3月

03日

潤い

 

  昨夜の雨が高ぶった空気感を鎮めるが如く暫しの癒しを作ってくれた。

  花木のほっと感も伝わり、気持ちの良い朝であった。

 

  何事にも潤い、間が求められる。いや、つくっていかねばならない。

  我社も多くの事業が開催等を迎え、活気の中にある。

  そこで、社内に休息・元気を取り戻す食の時間・空間を設け

  日々の活性化を図っている。

 

  一つとして疎かにできない事業に、活性化された動きを注入すべく

  何時もにも増してバランスの取れた事業運営を進行中である。(T)

  

  

潤いを頂きピンクに染まる都心の朝

web拍手 by FC2

2022年

3月

02日

マーケティングの面白さ

最近、面白い本に出会うことができました。

 

「弱者でも勝てるモノの売り方」

 

祖父から引き継いだカフェを、孫娘がいかに「売れる」店にしていくかが

ストーリー仕立てで書かれています。

現状分析の方法など、書かれていることは基礎的なことですが

改めて多くの学びとなりました。

 

SNS時代となり、方法としては以前とは変わってしまったことも

多くありますが、基本はお客様の求めていることにどれだけ応えられるかだと思います。

 

これから新年度の準備が始まりますが、基本を忘れずに邁進してまいります。

(R.T)

web拍手 by FC2

2022年

3月

01日

3月、思いは強し!

 

  張り詰めた2月の残影が残る中、一日を経て2月から3月に月替わり。

  気持ちも新たにして3月始動!

 

  恒例の月初研修、テーマを、「成長への歯車を回せ!」とした。

  年度末総決算の最中にあって、そして新事業への挑戦の時期にあって、

  学びを多とし、意識を高め成長への歯車をしっかり回していこうと思う。

 

  月初研修を通し我社の基本を再確認した。

  この土台の上に目指す成果ワールドを打ち立てる、思いは強し!(T)

 

春の香に心洗われる。

web拍手 by FC2

2022年

2月

28日

今日の生き様

 

 2月最終日、検証と展望。

 この二つの言葉にしばしの時間を作り思いを巡らす。

 

 ロシアのウクライナ侵攻、戦争突入、悲しい辛い現実が進行している。

 でざきることは何かが頭をめぐる。

 

 誰が今の自分の在り様を予想できたであろうか。

 日々の自己の生き様と見えざる手に導かれ今に立つ。

 そして、我が社も然り。

  ならばいかにの思いに至る。

 

 ありがたいことに、多くの事業依頼を受けている。

 一人一人が自己の可能性への挑戦の時であり、

 我が社の生き様への検証と展望の時でもある。

 決して一人では作り得ない世界づくりへ、

 今できること、「一所懸命」の生き様を

 我が社の小歴史に加えていきたい。(T)

 

凛と咲く梅。しっかり生きよと背中を押されているよう。

web拍手 by FC2

2022年

2月

21日

待ってはいられない!

 

  日の出も少しづつ早まり、我社から眺める都心も春めいた様相。

 

  “一月往(い)ぬる二月逃げる三月去る”と言われるが如く

  今月2月の時の移ろいに驚かされる。

  心してこの時期を過ごすべしとの先人の思いが伝わってくる。

 

  我社のナショナルプロジェクト支援事業も年度末を迎え、

  意義ある成果を次年度以降に活かすべく

  「事業成果をつくる責任企業」としての看板を高らかに掲げ、

  時間を味方にし、わくわくづくりに邁進している。

 

  まん延防止措置の延長という日本委縮政策が続く。

  一度止まった動きを再起動する日本力を信じたいが、

  そろそろ大きな力強い動きを創っていかねばの思いを強くする。

 

  新年度への大きなうねりを呼び起こす躍躍たる動きをつくる。

 

  この時期であるが故の思いであり、

  今その時が与えられていると思えてならない。(T)

 

見晴るかす、この解放感!

web拍手 by FC2

2022年

2月

17日

思いでのWHO-FIC2005

弊社で継続し担当させて頂いている厚生労働省の

WHO-国際分類事業の支援業務のはじまりは

2005年のWHO-FICネットワーク年次会議東京開催でした。

 

各国もちまわりの年次開催、日本は10年ぶりのリベンジ開催ということもあり、

厚生労働省ご担当者の成功への熱い想いに見事応える形となり、

弊社の作成した開催マニュアルがながらく

WHO-FICのスタンダートマニュアルとなった他、

2007年にはICD改訂のキックオフミーティングの開催地に日本が選ばれ、

ICD改訂で日本が重要な役割を果たすことになりました。

 

ここ2年、WHOがホストでオンラインの開催となっていますが、

対面開催への企画、思いも広がります。

 

カフェコーナーからデザイン設置、殺風景な会場が見違えました。

世界各国から集まった参加者の皆様を日本庭園で野点やお琴でのおもてなしも好評でした。

ザインしたロゴはICD改訂のシンポルとなりました。

web拍手 by FC2

2022年

2月

15日

「カイゼン」という言葉

世界で伝わる日本語に「カイゼン」=改善があります。

元はトヨタの品質管理において小さな改善を重ね、

成果を生んできたことから製造業に使われてきましたが、

最近はサービス業においても、聞かれるようになりました。

 

「どうすればもっと顧客に満足してもらえるだろう」

これを考えるところから、単なるサービスがホスピタリティに

変わるのではないかと思います。

 

どの事業においても、OJ独自の「カイゼン」をこれからも重ね、

お客様により満足していただけるよう、努めます。

(R.T)

 

web拍手 by FC2

2022年

2月

14日

建国記念の日

  備えあれば憂いなし。

   世のあり様を見るにつけ、この意に反する世界が広がっている。

 

  週末、東京でも雪となった。

  交通機関の乱れが予想されるので早めの帰宅、外出を控えるように、

  これが備えなのだろうか。

     現下のコロナ騒動同様、対症療法に終始している現実を見る思い。

 

  大所高所から非日常の出来事を想定、歴史・経験を活かし

  人知を集め正に憂いなき状況を創り出しておくことであるはず。

 

  今我が国が抱える課題、

  自然災害への備え然り、国防、知的財産の保護然り、

  政治制度、教育制度然り、

  準備を怠っていたが故の世界に冠たる日本国の頓挫停滞の姿である。

  

  2月11日建国記念日。皇紀2682年。

  政府からもメディアからも建国を祝する発信はどこにもない。

 

  営々として築いてきた日本国にあって今を迎えることに感謝を致す。

  日本国に生を受け日本国に支えられている日本人ひとり一人が

  今ある場にあってその役割をより良くする思いを強くし

  ひとり一人の課題として、愛するこの日本国再興へ、

  憂いなき日々を創る、おしなべての思いではではないだろうか。

 

  “日本、日本人を正しく強く発信広報することに貢献する。”

  我社の経営理念である。

  日本国の一員として、めでたき建国記念の日に思いを巡らす機会を得た。(T)

 

 

(樫原神宮HPより)

web拍手 by FC2

2022年

2月

10日

頑張りどころ!

 

2月もはや2週目に入り、

今月は2日間の祝日もあり

なかなかタイトな1か月ですが、

年度末へ向けて各事業の仕上げ・次年度への動きと、

総決算を前にし緊張感高まる1か月でもあります。

 

普段以上に頑張りどころ!

事業成果作りへベストを尽くします。

 

web拍手 by FC2

2022年

2月

09日

見えない努力

2月4日から2月20日まで、北京五輪2022が開催されています。

昨年夏、東京で開催されていたことがついこの間のことのように思い出されます。

 

コロナ禍での開催ということもあり色々と制約はあれど、

その中でも一生懸命に競技に向き合う選手の姿は心を打たれるものがあります。

 

なぜスポーツは多くの人に感動を与えるのか考えたところ、

瞬時に観るものを魅了する美しいパフォーマンス、技術の高さは然り、

やはりその選手が結果を残すまでの努力、過程などの見えない部分が

成果として現れる瞬間だからなのだと感じます。

 

我社でも成果を生み出すため、日々様々な業務に取り組んでいます。

一つ一つの業務は小さなものかもしれませんが、

いつか大きな成果に繋がり形になるよう、邁進していく所存です。

(A.S)

web拍手 by FC2

2022年

2月

08日

深堀

早くも2022年の12分の1を終え、2月の月初研修を行いました。

 

今月、各自で考えるテーマとして設定されたのが、

「オスカー・ジャパンが大切にしている考え10」

 

ひとりひとりが一つのテーマについて深堀し、考え、

そしてそれを全員で共有しさらに考えることで、

会社にとって本当に必要なことや、今の課題が見えてきました。

 

複数の視点での気付きが会社の成長の糧となり、わくわくの未来をつくります。

 

(H.M)

 

2022年

2月

07日

季節に呼応。

 

  立春も過ぎ、早咲きの梅に代わり、

  水仙が枯葉の中で伸びやかに咲き始めている。

  春の訪れはどこか心躍る思いである。

 

  我社の今月のテーマは、「飛躍へ意識を高めよ!」である。

 

  ややもすると時間に追われ目線、思いも下向きに。

  事業成果環境を企画提案する我社にとって、この姿勢は許されない。

  目線を上に、俯瞰しての在り様をつくり、

  お客様にとって心躍る成果世界を先手にて提供する。

 

  わくわくする季節の到来に呼応、飛躍へ意識を高めよ!である。 (T)

 

web拍手 by FC2

2022年

2月

03日

仕組みとPDCAサイクル

コロナによる運動不足か、年のせいか、ここ2年程で太ってしまった。

ティム・スペクター先生の「ダイエットの科学」(読み物として痛快)はじめ様々な本を手にしたが、私がスリムになることはなかったところ、

「3か月で自然に瘦せていく仕組み」に出会った。

 

基本ルールは3つ(食事は8時間以内に・NG食品30、3勤1休、記録)と非常にゆるく、オンの日が都合でオフになっても、1週間で調整すれば良い等と続けられそう感満載。

 

毎日ライフスタイルシートに記入をするのだが、「今日頑張ったこと褒めてあげたいこと」、「今日をやりなおせるならやってみたいこと」の記入欄が良い!自然と翌日改善してしまう。

 

PDCAが1日、1週間、1か月単位でできる。3か月が1つの成果をだす目安とのこと。この仕組みは仕事にも活かせる。

手書きで記録するのもポイント。

3か月後の自分が楽しみです。

 

「おまえは正しいことばかり言って人を攻撃しているから嫌われる」と師匠に諭され、怠けものでも継続できる仕組みを構築

双子の世界的権威が健康に目覚め一念発起で自分の身体と双子でエビデンスを集めていく様子が面白い。統計の国からの1冊。


web拍手 by FC2

2022年

2月

02日

明日の常識

児童労働、強制労働は、今では世界的に究極の非常識となりました。

ところが、ほんの20数年前には、児童労働撲滅のためのシンポジウムをしなければならない程、児童労働は多国籍企業の「常識」でした。

 

写真は、2000年12月、OJが企画・運営を務めさせて頂いた「時代の潮流を創る国際シンポジウム」の案内状と開催ダイジェストの一部です。

 

その時には誰しもが「しかたがない」「必要悪」と考えていたことでも、

しっかりした取り組みをすれば、必ず変えられる、よりよい社会への明日の常識を作ることができることを歴史は教えてくれます。

 

よりよい明日の景色、明日の常識を創る事業の成功に貢献する。

OJの変わらぬミッションです。

 

いよいよ、2月。

今年度の成果作り、新年度も引き続きお客様の多くのご事業への貢献へと正に正念場の2月。

 

2月の花、百花の魁(さきがけ)、梅の香に

これまでもこれからも、よりよい明日の常識創りの「できる」をご提供し続けようと決心の月初です。

 

主催の日本ILO協会様には、東西冷戦終結、グローバル化の時代の大転換点に、12年にわたり、年間支援事業でご愛顧頂きました。

 

R.K.

web拍手 by FC2

2022年

2月

01日

節分

 

   2022年も、1月が過ぎ,

 本日より2月、そして節分を迎えます。

 

 今年の恵方は、「北北西やや北」とのこと。

 恵方巻の中身も、年々バリエーションが増えており

 近年はスイーツの恵方巻も出現しております。

 

 邪気を払い、無病息災を祈る節分の風習ですが、

 今年こそは3年越しのお花見を桜の下で行いたい、

 そんな願いも込めたいものです。

 

 OJの事業の多くも、いよいよ年度のまとめ、

 4月以降に、また新たな世界を見るため邁進です。

 

 (R.T)

 

web拍手 by FC2

2022年

1月

31日

為すべきことは分かっている。

 

  経済成長一つを取上げても、諸外国の成長に比し我が国の歩みは遅い。

  様々な理由があるにせよ、究極にはその能力がないか、

  やる気がないかにある。結果を見る限り両者が相俟ってことであろう。

  この現実に目を背け続けたが故に無為の時が流れ人後に甘んじている。

  

  新年2022年も1月最終日。

  いかなる時を過ごし今を作りえているか、

  真摯に自社を自社事業を見据えることで、明日に立つ資格が得られる。

  新年の初心忘るべからず。(T)

  

我社のカレンダーを見る機会、俯瞰する時が増えている。

web拍手 by FC2

2022年

1月

27日

オンライン定着の先へ

 

オンラインでの研修会運営も定着した現在、弊社ではさらに

「オンラインでの研修会等を主催する」方向けのプログラムを構築中。

ニーズにこたえるためにも、よりよいものを作ることへ奮闘しています。

 

より一歩先へ、さらによいサービスの提供に繋がる、広がる思いです。

web拍手 by FC2

2022年

1月

26日

オンラインでも充実した研修会を

今週末の1/29・1/30に、

弊社が年間支援事務局を担当しております、神戸大学主催「本人の意向を尊重した意思決定のための研修会 相談員研修会」の第9回、第10回が開催されます。

 

令和2年度からはオンラインでの開催となっていますが、

集合研修と変わらず熱意のある受講生の皆様にご参加いただき、

大変充実した研修となっています。

 

本研修会をきっかけに、各都道府県を主催とした研修会も増えており、

本人の意向を尊重した意思決定のための相談体制の整備が進んでいます。

 

オンラインであっても、集合研修と同じ成果を生み出せるよう、

弊社も企画・運営会社として、成果作りへ力を尽くします。

(A.S)

web拍手 by FC2

2022年

1月

25日

たとえ明日、世界が滅亡しようとも

ドイツの宗教家、マルティン・ルターの名言に、

"Even if I knew that tomorrow the world would go to pieces, I would still plant my apple tree.(たとえ明日、世界が滅亡しようとも、今日私はリンゴの木を植える。)"

というものがあります。

 

様々な解釈の仕方があると思いますが、

「明日のことは誰にもわからないけれど、

 自分の思いをかたちにするために、今できることをしよう。

 とどまらず動こう。」

と私は捉えています。

 

動かなければ、種をまかなければ、何も始まりません。

 

オスカー・ジャパンもたくさんの提案の種をまき続け、

実りある事業作りへ貢献です。

 

(H.M)

web拍手 by FC2

2022年

1月

24日

王道

 

 2度目の挑戦になるが、今、長編の歴史小説“坂の上の雲”を読んでいる。

 

 歴史観・国家観の欠如が様々な弊害を作り出している現世にあり、

 歴史は繰返すとの先達の思いを実感しつつ、

 学び、実践していくことの大切さを痛感している。

 

 “素直、前向き、学び”を成長の三要素と捉え我社全員の指針としている。

 

 ささやかではあるが、我社の歴史を知る、

 お客様より委託を受けた事業を知る、この二つがあって初めて

 我社の使命たる事業成果環境を作り提供し得ると思う。

 

 この繰返しの中にこそ、安心・満足・評価、そして信頼という

 商売の王道を見出しうる。

 多事多難にも王道はある。 (T)

我社のゴムの木に新葉! 因みにゴムの木の花言葉“永久の幸せ”

陽の気を持ち明るい未来へ導いてくれる、と言われる。

web拍手 by FC2

2022年

1月

20日

ちょっと気になる

メトロポリタン美術館展記念「オンラインスペシャルオープニングプログラム」の新聞折込広告が目に留まりました。

 

展覧会解説のアーカイブ配信、ライブトーク、図録、プチオードブル、シャンパン200mlがついて17,000円(税込、送料別)。

はたしてこの価格は高いのか?広告費や配信動画制作費はいかほどか?

職業柄ついつい気になります。

 

すっかりオンラインが日常になった昨今、弊社にもハイブリッド開催(会場参加とオンライン参加が混合)の照会が増えています。

実はこのハイブリッド型開催は、音声の管理がデリケートで、機材やオペレート費が集合型やオンライン型より高価となります。安価で容易なツールが待たれます。

 

  日経新聞折り込み広告

 

web拍手 by FC2

2022年

1月

19日

初心

 OJ創業後、第一期生の私ですが、前職は、ご縁を頂いて財団法人北海道日ソ友好文化会館の東京事務局に奉職しておりました。

 写真は、1986年10月、モスクワ初出張で理事長に随行し、ソ連対文連(ソ連対外友好文化交流団体連合会)との友好・学術文化交流活動の長期プログラムの調印式に立ち会わせて頂いた際、日ソ友好交流の初心を忘れないようにとお世話になった会館創立者の柴野安三郎理事長と理事長の片腕でいらした丸子静一理事長秘書が、調印書を持たせてくださり、モスクワ友好会館で撮ってくださったものです。

 

 OJでも創業以来、幾多の日ロ間の事業に参画させて頂き、また、ご縁を頂き、新たに北方領土関連資料の収集事業に参画させて頂いておりますが、あの時の初心が原点であり、変わることはありません。

 

 北方領土問題対策協会 北方領土関連資料収集事業の紹介記事

(朝日新聞デジタル2022年1月5日)

綺麗な調印書を大切に持ち緊張気味
綺麗な調印書を大切に持ち緊張気味

 

R.K.

web拍手 by FC2

2022年

1月

18日

新たな発想を!

人には、利き手というものがあり、

日本人はほとんどが右利きで、10人に1人が左利きとのこと。

 

利き手が違うと、脳の使い方も違うため

「左利きの人は変わってる」とも「器用である」とも

言われることも多いようです。

 

少数派であること、違っていることを活かしていく

そこから新たなアイデアが浮かんで来るかもしれません。

 

OJでは、今年度は全員がそれぞれのテーマを決めて具現化させるべく

取り組んでいます。

 

新たな発想、新たな視点で新しいOJを!

(R.T)

今年は「人と違うかも」と臆することなく、積極的に意見を発信していきます!
今年は「人と違うかも」と臆することなく、積極的に意見を発信していきます!
web拍手 by FC2

2022年

1月

17日

今に一所懸命!

 

  松の内も過ぎ、色なき日常に如何なる景色を描いているだろうか。

 

  我社では、年初研修にて年間のテーマを共有、

  今わくわくとして、今日を今をこの瞬間を紡いでいる。

 

  “時間に追われることなく、時間を味方にし、ゆったりとして

  一つのことを深堀りし、一つの導きを得る。”

  この一所懸命の思いを,動きにそして形に変えて行く。

 

  ひとり一人の一歩が、漲る一歩が、我社の一丸力となり、

  我社の出番を待っていて下さるお客様との出会いを通し、

  我社の描く成果ワールドを体感して頂けるものとその意を強くしている。

 

     動けば変わる、変えられる! (T)

  

今に一所懸命!

web拍手 by FC2

2022年

1月

13日

気持ち新たに次年度見据えて

 

お正月気分も薄れて、見据えるは次年度。

様々な事業でお会いする皆さまからは、すでに次年度への展望についてお伺いすることも。

 

これまで培ってきた経験とスキルで、信頼にたる仕事ができるよう、

気持ち新たに次年度を見据え、一丸となって日々邁進です。

 

web拍手 by FC2

2022年

1月

12日

勢いを止めない!

2022年になり、今月も恒例の月初の目標を掲げました。

毎月掲げている目標ですが、年始となると他の11ヵ月より気が引き締まる思いです。

 

今月の目標は「去年からの流れ、勢いを止めない」ことです。

お客様のほとんどは、4月~3月の事業年度。

年は変わりましたが新年度はまだ先。

1~3月が新年度の仕事に繋がる期間になるように、

気持ちを新たにしつつも年度末に向けしっかり動いていきたいと思います。

(A.S)

web拍手 by FC2

2022年

1月

11日

備えあれば憂いなし

2022年1月6日、東京に雪が降り、約10cmの積雪となりました。

 

弊社では危機管理の観点から、早めの帰宅指示が出されました。

 

私自身、雪の降る地域で育ったので、雪に慣れていないわけではないのですが、まさか帰宅時間帯に積雪となるとは思っておらず、うっかりヒールの高い靴を履いてきてしまいました…

 

雪道を一歩一歩踏みしめながら無事に帰路につきましたが、

備えることの重要性をあらためて考える機会となりました。

 

リスク管理はあらゆる場面で重要です。

常にいくつかの選択肢を持ち、柔軟に対応しなければ。

 

備えあれば憂いなし!

 

(H.M)

公園の木々たちも真っ白に!
公園の木々たちも真っ白に!

2022年

1月

06日

夢を形に

2022年がスタート。

年初の月初研修では、昨年末に社員一人一人が各2つ出した、

「OJを〇〇しよう!」(こんな会社にしたい)のうち、

各1つを具体化することになりました。

要素を出し、キースケジュールを立て、実行していく。

目標を立て、毎日コツコツと改善・成果を出す。

スタートしない限りゴールには届かない。

夢を形に、年末の笑顔をイメージし、一所懸命!

 

web拍手 by FC2

2022年

1月

05日

わくわくの2022年を!

OJ年間カレンダーを2022年版に張り替えたオフィスで、本日、仕事始めです。2007年以来のわが社の伝統です。

 

2022年のラッキーカラー、ワインレッドと山吹色、「見晴るかす」をテーマとした四季の眺望の写真。

 

一年を通じ、四季折々、このカレンダーを見上げて、幾度となく励まされることに・・・

 

見はるかす。まだ見ぬ高台を目指して、事業成果環境プロデュースのプロ中のプロとなって、お客様に「本当に求めていたサービスはこれだった」と喜んで頂き、さらなるご愛顧を頂けるよう、切磋琢磨の日々を始動します。

道中に咲く花々、鳥の声、眼下に広がる景色に心弾ませながら、ともに高みへ! 

 

時代を超える3つの合言葉

Building a better future! 

Making your dream visible!

Success to you!

 

2022年のOJにご期待ください!

 

R.K.

web拍手 by FC2

2022年

1月

01日

謹賀新年

 

  2022年、令和4年が明けました。

  謹んで新年のお慶びを申し上げます。

 

  初日の出を拝し、心新たに邁進いたす思いを強くします。

 

  本年も宜しくお願い申し上げます。(T)

  

web拍手 by FC2

2021年

12月

23日

2021年、出会い

2021年、たくさんの新しいお客様との出会いがありました。

 

会議、研修、シンポジウム等、オンライン開催が主流となり、

準備段階のお打ち合わせも全てWEB会議で実施、

一度も直接お会いできていないお客様もいらっしゃいます。

 

オンラインでは、距離や時間を気にせず、音とビデオで繋がることができますが、

一方でやはり対面でのコミュニケーションも必要、有用と思います。

 

来年はお会いできる機会が持てますように。

 

そのためにも、オスカー・ジャパンのサービスを引き続き求めていただけるよう、

磨きつづけてまいります!

 

(H.M)

web拍手 by FC2

2021年

12月

22日

現地実踏調査の重要性

2021年12月13日から5日間、現在弊社で担当している北方領土問題対策協会様の北方領土関連資料収集事業の事業環境調査及び関係者との協議のため、札幌、標津、根室、納沙布岬を訪問しました。

 

関係者の皆様のご厚意で初期の目的を上回る成果を上げることができました。

 

事業を企画し、成功をご納品するために、現地を実踏調査し、取り巻く環境や空気感に触れ、関係者の皆様に弊社を知ってい頂くことが不可欠だと、納沙布岬から北方領土を望み、元島民の方はじめとする関係者の皆様の生のお声をお聞かせ頂き実感しました。

 

かけがえのない記憶を未来へつなぐ

責任をもって、実行します。

 

web拍手 by FC2

2021年

12月

21日

ユキちゃんからエリカちゃんへ、渡されたバトン

新規事業(北方領土関連資料の収集事業委託)の事業環境調査、関係機関との関係性構築、及びAll北海道、ひいてはAll Japanのムーヴメントの端緒を開くべく、北海道(札幌、標津、根室方面)に参りました。

 

近年の北海道を舞台とする弊社担当事業、

JPOS 2016 HOKKAIDO大会から5年、「北の大地からPEACE OF MIND~今こそメンタルヘルスの礎を」、大会長の上村恵一先生のビジョンとパッションの下、北海道新幹線つなげる応援大使「どこでもユキちゃん」を大会マスコットに、2014年からの3年にわたるキャンペーン展開を通して、大いに事業がつながり広がった好事例を有しております。

 

今回、北方領土関連資料の収集事業では、北方領土のイメージキャラクターのエリカちゃんが大活躍。「かけがえのない記憶を未来へつなぐ。北方領土を知るための資料を探しています」と協力を呼び掛けるリーフレットが話題を呼んでいます。

 

今回も上村先生を表敬訪問、All北海道、各界より、この事業を応援、ご協力いたただく大きな端緒を開いていただき、何よりものエールを頂きました。

 

R.K.

web拍手 by FC2

2021年

12月

20日

Look Around

 

  周囲の景色を360度見渡すAppleマップの広報をしようというのではない。

 

  少しく時間ができ、椅子に座って周りをふと見渡すと、

  これもあれも見忘れていた、こんなものがあったのかの気付き。

 

  何時もなら次から次へと考えを巡らしている生活、

  時間をつくれたとしても、一点を見据えている生活。

  何か大事なものを忘れてはいませんかのささやきに出会った感じ。

 

  周囲を見回しても、

  明日閉会の国会の動きに代表されるように

  見方考え動きが狭小、矮小であり、

  今国民が希求していることが対岸の火事であるような在り様に

  明日への危機感がつのるばかりである。

 

  我社では今週をもって、2021年令和3年の業務を終了する。

  改めて、Look Around の視点で

  我社を事業を見回し、明日、まだ見ぬ世界に立つ思いを実現すべく

  しっかり締めていこうと思う。(T)

  

氷点下の冷え込み、見上げると満月

web拍手 by FC2

2021年

12月

16日

物事の先を見る!

子育て世帯への臨時特別給付金の支給方法について、方針が二点三転し

地方自治体が政府に振り回されている感が残る一件となりました。

 

クーポン券での支給では経費がかかることは

前もってわかっていたことのはず。

物事の先を見て進めていくことの大切さを、改めて感じました。

 

2021年の業務もあと1週間。

 

年が明けたらすぐに、2022年度への準備が始まります。

前もって、先を見据えてこの1週間、気合充分!

(R.T)

12月の花。 クリスマスも近づいてきています。
12月の花。 クリスマスも近づいてきています。
web拍手 by FC2

2021年

12月

15日

備えよ常に

 

年内残り少ない営業日、スパートもかかる午後に階下の火災報知器が作動。

誤作動を疑いつつも最小限の身なりでオフィスを飛び出しました。

普段は使わない階段を駆け下り運動不足を痛感しました。

幸い、すぐに安全確認がなされ社内に戻ることができましたが、

非常時・災害時の対応について日頃からの防災意識の大切さを感じました。

 

気づきがいっぱい、備えよ常に!

 

web拍手 by FC2

2021年

12月

14日

目標と振り返り

2021年もいよいよ終わりに近づき、

1年を振り返る機会も多くなりました。

 

弊社では年初にその年のテーマ(目標)を決め、

更に月ごとに目標を設定します。

 

毎月月末になると今月の目標は達成できたかどうか意識しますが、

今月はそれに加え1年の目標についても意識するようになりました。

 

1年を通して成長した部分もあれば、

課題が見つかりまだまだだな、と思う点もありますが、

自己の成長が会社に、そして事業・お客様の発展へと繋がるように

課題・目標の設定は欠かせないと実感しています。

 

今年も残りわずかですが一年を振り返る貴重な期間ととらえ、

自身の目標と向き合っていきたいと思います。

(A.S)

web拍手 by FC2

2021年

12月

13日

一朝一夕にはできない

 

  マスメディアからネットへ、時代の大河は世の中を一変させている。

  検索ひとつで見知らぬ世界と時空を越えて繋がり、

  そこは情報・学びの場でもある。

 

  最近、ユーチューブで飲食業の仕込み風景をよく見る。

  普段、何気なく食している料理一品一品は、お客様に提供されるまでに、

  多種多様のプロセスを経て、一体となり完成へと向かう。

  日々、磨かれた調理室・道具、

  多くの厳選された食材、食材を活かす道具が備えられ、

  限られた時間の中で、

  一つとして省くことも、無論、手を抜くことも許されない

  専門家としての経験と知恵が結集される。

  真摯にしてひたむきな在り様にプロとしての誇りが伝わってくる。

  

  業種は異なれども、専門的サービスを提供する企業として、

  一つとしてゆるがせにできない厳しい世界にあることに

  改めて深慮すると共に、

  探求あらば思いを形にの世界にあることに意を強くしている。

  我社のサービスをもってする、お客様と共振する世界づくりへ! (T)

  

風の冷たい朝、自然の織成す世界

web拍手 by FC2

2021年

12月

07日

人間性・社会性・専門性

先日社内で、自身が考える

「人間性」「社会性」「専門性」

について共有する機会を持ちました。

 

3つの要素は、会社に属するものとして当たり前と思っていましたが、

あらためて深堀することで、自分が何を重要視して生きているかに

気付くことができました。

 

また他のスタッフの考えから多くの学びがあり、

自分の視野の狭さにも、同時に気付くこととなりました…。

 

学びを止めない!一丸で成長!

 

(H.M)

web拍手 by FC2

2021年

12月

06日

総決算、邁進!

 

  気忙しい中にも、どこかウキウキ感が漂い、

  いつにも増して気合いと粘りが増している。

 

  身近に迫った新しき年を清々しい思いで迎えるための

  人としての在り様に呼応するものであろうか。

 

  我社では、今、ありがたいことに、新規事業も動き始め、

  長年、参画の機会を頂いている事業と共に、

  我社の明日を切り開く試金石となり、明日を生き、新たな貢献の場となる

  大きな機会が与えられているとの思いを強くしている。

 

  2021年総決算!

  思いを大きく強く、12月をばく進中。(T)

燃えるような赤、いい!

web拍手 by FC2

2021年

12月

02日

12月の声

 

12月の声を聞くとともに、

弊社では大棚卸を行いました。

 

今回の棚卸のテーマは

機器類・キャビネの整理管理体制の確立でした。

 

Pマーク ・情報セキュリティ体制の強化の観点からも

あらたためて機材の管理状況を点検し、不用機材の処分等を徹底しました。

あわせて書庫、倉庫の活用方法も見直し、不用品を処分。

皆の創意工夫で職場環境が見違えりました。

新しい仕事を呼ぶ込むための空間も確保できました。

 

オスカー・ジャパンの師走は前倒しでスタートです。

 

web拍手 by FC2

2021年

12月

01日

おかげさまでOJ創業33年、この先のOJへ!

1988年12月、赤坂で創業のOJ。おかげさまで、創業満33年を迎えることが出来ました。

 

東西冷戦の終結期、まさに時代の世界の大転換期、そしてバブルの最終段階、創業当初より多くの使命感あるお客様のご愛顧を頂き、時代の潮流を創る幾多の事業に参画させて頂いて参りました。

 

当時、青年実業家であった社長も円熟の期に入り、社員一期生の私も専務となりましたが、未だ夢の途中、日々向上を目指しております。

 

Building a Better Future

Making your dream visible

Success to you!

 

使命感あるお客様のご事業にワクワクを!成果を!

 

OJのミッションは、今また、時代の大転換点にあって、

変わることはありません。

 

この先のOJへ、お客様の期待を越えるOJへ、今日も、恒例の月初研修で、「2021年、令和3年、OJ総決算!信頼に足る自己づくりの総決算!」

人間性・社会性・専門性の三位一体の魅力ある自分、チームへ日々切磋琢磨をとの学びを共有いたしました。

               創業のころ、赤坂のオフィス風景

 

R.K.

 

 

web拍手 by FC2

2021年

11月

30日

ラッキーカラー!

11月も、残り1日となりました。

 

書店には2022年の手帳とともに、占い関係の本もたくさん並んでいます。

 

毎日、風水での「本日のラッキーカラー」を意識して

服装や持ち物を選んでいますが、そういう小さなことで

気持ちが前向きになることもあります。

 

弊社のカレンダーは、毎年その年のラッキーカラーを意識して

作成しております。

 

2022年のラッキーカラーは

ワインレッド・山吹色・クリーム色・ゴールド の4色。

 

どんなカレンダーになるか、ご期待ください!

(R.T)

 

奥多摩の紅葉                        まだ緑の葉が残っているところが美しかったです。
奥多摩の紅葉 まだ緑の葉が残っているところが美しかったです。
web拍手 by FC2

2021年

11月

29日

今一番欠けているもの

 

  日の出も遅く冷え込みも増し、いよいよ冬到来を感じさせる。

  霜月の名の由来ともいわれる正に霜が降りている。

  その霜月も2日で師走にバトンを渡す。

 

  新年の祈願文を考える時期でもあり、自然、本年2021年を振り返り、

  様々な思いを巡らす季節でもある。

  

  我が日本を世界に冠たる国家であるとの思いを強くする一方で、

  最近とみに見聞きする、我が日本の劣化への深刻な現実、

  それに対する日本人の危機感のなさである。

  自分さえの保身が跋扈し、日本はバラバラである。

 

  この日本国あればこそ存在し得るにも拘らず、

  一番求められる、「日本を良くしよう」の思い動きが見当たらない。

  この時期、様々な思いを巡らす中で、

  この現実に目を見開いていかねばの思いが強まる。

 

  我社は、今月、「2021年を先んじて区切りをつける!」として、

  この1か月、明日の成長へ、自社の事業要素に意識を高め深掘りをしてきた。

 

  正に自己の生を支える「オスカー・ジャパンを良くしよう」、

  この一点に考動が収斂すれば、

  自己の決定をもって参集した全員が自己実現の機会を手にし、

  その達成に手が届くというものである。 (T)

  

ささやかな季節の景色から、思いが膨らむ。

web拍手 by FC2

2021年

11月

25日

企業としてのありかた

本日11月25日は「女性に対する暴力廃絶のための国際デー」に「OLの日」と、女性に関わりの強い記念日が制定されています。

弊社は、有能な女性の活躍を通して日本のあり様を変えてゆく一つの想いを持っている企業

であることも相まって気になる日でもあります。

 

OJがスタートして30数年、新しいメンバーを迎え入れ新しい人材の視点を受け入れることで

OJの新陳代謝を図り社会貢献の可能性に挑みます。

新しい時代をどう歩んでゆくか楽しみです。 S.K.

web拍手 by FC2

2021年

11月

24日

明るい未来に向かって

11月19日、日本では89年ぶりに日本全国で観測可能な

「ほぼ皆既」の部分月食が観測できました。

(食の最大も含めて観測できるのはなんと140年ぶり)

 

夕方、会社を出ると三鷹駅周辺でも空を見上げる人がたくさん。

自宅の近くには公園があるのですが、家族連れの人が多くおり

みんなこの貴重な天体ショーを楽しみにしているのだと感じ、穏やかな気持ちになりました。

 

昨年度はコロナウイルスの影響で一年を通して外出自粛が続き、

誰かと会うこと、季節を楽しむこと、全てが制限されていました。

今年の秋からようやく感染者が減り、少しずつ元の明るい生活に戻りつつあると感じています。

今回空をわくわくした顔で空を見上げる人たちを見て、改めてそう思いました。

 

もう少しで今年も終わりですが、みんな笑顔で年末を迎え明るい一年を迎えられるよう

自分たちもできることをやっていきたいと思いました。

(A.S)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東の空が良く見える我社。

17時過ぎに窓の外を見てみたのですが、あいにく雲がかかりかろうじて欠けているのがわかる程度でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食の最大直前(17:58頃)に自宅にて。

スマートフォンの撮影では限界がありましたが、肉眼ではとても綺麗に見えました。

web拍手 by FC2

2021年

11月

22日

空費・浪費・消費・投資

 

 世の中の動きにコミットする機会をどれほど持っているだろうか。

 本来安閑としていることが許されないことでも、

 ほとんどの動きに気付くこともなく意識することもなく生活している。

 

 翻って、自社の動きについてはどうだろう。

 メンバーひとり一人の成長、その統合された力がOJのポテンシャルとなり、

 創り出されるサービスの評価となる。

 

 表層的な考動の繰り返しでは、空費・浪費に留まり、

 個人にとっても組織にとっても蓄積・力となることはない。

 

 限られた時間であっても、自社の動きに意識を高め、

 踏みとどまって深掘りすることで、消費、投資となり、

 個々人の成長、会社の成長に資することになる。

 

 空費・浪費から消費・投資へ、日々の一歩の在り様が大きな違いを生む。

 この自覚を新たにし、「区切りの11月」を締めていこうと思う。(T)

web拍手 by FC2

2021年

11月

18日

プロのサービス

世の中のあらゆる仕事やサービスは、その道のプロフェッショナル(=専門家)で成り立っています。

 

数学のプロ、野菜を育てるプロ、料理を作るプロ、建築のプロ…

プロがいてこそ、私たちの日常にワクワクや潤いが生まれるのだと思います。

 

プロフェッショナルの語源は、ラテン語のprofessusとされ、

Pro(前に) + fessus(言う) = 公言する

という意味で使われていたとのこと。

 

「私たちはプロです!」と公言できるサービスの提供を。

オスカー・ジャパンは成果環境プロデュースのプロ集団として、

スキルを磨き続け、学びの日々です。

 

(H.M)

web拍手 by FC2

2021年

11月

17日

No!風化!

 

この秋より弊社で(独法)北方領土問題対策協会の委託を受け

北方領土関連資料収集の企画・運営に携わっています。

 

弊社が厚生労働省戦後抑留関連事業に1991年から携わってる関係で、

海外でもなるべく関連施設を訪問するようにしています。

英国の帝国戦争博物館、チャーチル博物館、王立海軍国立博物館では、

アウシュビッツ収容所のジオラマ(線路や列車まで)、

戦時下の執務室(ロンドンの中心部地下)を当時のまま完全保存・公開、

本物のヴィクトリー号船内に当時の戦艦内の生活を再現と、

その伝える力は絶大でした。

 

戦後76年、史実を風化させぬ最後のチャンス、

現状を把握し、データベース化するとともに

やはりその空気感を伝える展示も重要です。細部が物を言います。

 

ダンケルクの地図に涙。重苦しい空気が伝わるチャーチル博物館。ベッド下のおまる等細部が光る。

ハンモック、厨房、執務室と当時の船内をくまなく体験できるヴィクトリー号。手術室や食料貯蔵室等もリアル。

 

未来へ遺す!No!風化!

web拍手 by FC2

2021年

11月

16日

新しい挑戦パート2

日本を正しく強く発信する国際会議、

時代の潮流を創るシンポジウム

に係る企画・運営、事業成果環境のプロデュースで好評を頂いているOJ。

 

このたび、総務省よりお声がけいただき、総合評価方式にて「電気通信機器に関する基準認証制度等の各国制度調査及びMRA(相互承認協定)国際ワークショップ開催に係る支援業務」でご採用いただきました。

 

Iot/5G時代、ますます大切で身近な技適マーク、

もっとつながる豊かな未来へ、21世紀のよりよい電波環境の未来を日本がリードする、への貢献を目指し、新たな領野にチャレンジして参ります。

 

テーマは変わってもOJメソッド、OJサービスは、事業成果つくりへの貢献に尽きます。

息の長い取り組みになると思いますが、一同、新しい挑戦パート2(新しい挑戦10/28ブログ)にわくわくです。

 

初打合せへ。いざ、貢献へ一直線!

 

Iot/5G時代、ますます大切で身近な技適マーク

 

R.K.

web拍手 by FC2

2021年

11月

15日

旬の提供!

 

  自然の恩恵を受け、我が国では四季折々の実りを享受することができる。

  季節の風情と共に味わう楽しみはまた格別である。

 

  我社の提供するサービスにも季節感を意識、

  サービスたる事業成果環境構築においては、

  お客様、関係者の方々のモチベーションが高まるよう、

  自然に習い、細やかな配慮を欠かすことはない。

 

  国内外の集合型会議等においては、清涼・清潔な環境を作り上げ、

  ささやかではあるが潤いのある品々をセット、明るい声がけ、

  穏やかにして機敏な対応を心がけている。

 

  現行のオンライン会議等においても、事前・当日を通し

  安心して事業遂行ができるよう、

  我社独自の提案・確認書(企画書)に基づき、

  事業の今日・明日の見える化を図る。

  加えて、徹底して作り上げた旬のOJマニュアルを共有、

  事業に専念して頂く。

 

  長きに亘る支援事業にあっても、繋がる広がる事業環境へ、

  季節感に加え旬のサービスを提供することで、

  斬新にして心落ち着く空間・空気感を作り出している。

  オールシーズン、旬を提供するOJに乞うご期待!  (T)

  

晩秋、旬!

web拍手 by FC2

2021年

11月

11日

変化

リベンジ、という言葉があります。

「~にリベンジする」などと再挑戦などに使われており、最近では

緊急事態解除後の「リベンジ消費」という言葉も。

 

英語の「Revenge」は復讐や恨み、といった意味なので

本来の意味からは違った使い方をしているため

カタカナと英語で使い分けるべきだ、という声も

 

日本で使われるようになったのはスポーツ選手の影響が多いように感じますが

言葉も時代とともに変わっていきます。

 

コロナ渦で大きく変わった世の中において、事業のあり方も大きく変化しました。

この変化の波をしっかり受けとめ、OJも進化と挑戦を続けていきます。

(R.T)

 

11月の花・山茶花 いよいよ年末です。
11月の花・山茶花 いよいよ年末です。
web拍手 by FC2

2021年

11月

10日

引き算の決断を

 

日本語では同じ「彫刻」という単語でくくられますが、彫刻と彫塑は全く異なる技法。

前者は固い素材からを削りだすマイナスのアプローチ、

後者は比較的やわらかな素材を盛り形を作るプラスのアプローチ。

どちらが難しいか?人によって見解は異なるかもしれませんが、個人的には断然前者。

 

生きる上で新たに作り出し展開することは会社の宿命、

一方で古くなったものを手放すことも求められる。

より軽やかに、よりフットワークよく動くためには、

不要なあれこれを手放す決断も必要と感じている。

 

様々な要因で常に変化する社会で、

必要とされる企業であり続けるにはどうすべきか。

日々正念場、必要な引き算、実行したい。

 

web拍手 by FC2

2021年

11月

09日

自分に厳しく

今月は弊社全体で「自分に厳しく、仲間に優しく」を意識して日々の業務に臨んでいます。

 

自分に厳しく、というのがなかなか難しく、

何かを変えようと思ってもどうしてもこれまでの自分に甘えてしまい

先延ばしになってしまったり途中で辞めてしまうこともあります。

 

11月は今まで無意味に続けていたことを切り捨て、

やり方を変え、自分を律する月にすべく、

スタッフ全員で前に進むひと月にしたいと思います。

(A.S)

web拍手 by FC2

2021年

11月

08日

マスクが外せない。

 

  早朝の清涼な空気の中にも冬の気配を感じる、そんな季節の到来である。

  また、風よけ、風邪予防のマスクの季節でもある。

  こんないつもの光景が、今一変し、途切れなくマスク着用が続いている。

 

  コロナ禍騒動の残滓というべきマスクが外せないでいる。

  そもそも、コロナ禍の元凶はどこ、

  日本人が営々として創り上げてきた、世界に類を見ない清潔な文化を

  ないがしろにするか如き愚策の連続に、償い得ない大きな被害が生まれ、今に続く。

  その現状、責任の所在等々について、検証も行われることなく、

  今、第6波への扇動、そして門戸開放が性懲りもなく始まっている。

  

  我が日本、先送りはできない、そんな悠長な時ではない。

 

  11月、我社では、今月の言葉として、

  「2021年、先んじて区切りをつける!

   自分を新たにし、オスカー・ジャパンを新たにし、

     新たにして、2022年に挑む!」 とした。

 

  我社は変革の渦中にある、いかなる理由であれ、

  先送りはできない、そんな悠長な時ではない。(T)

 

この景観、日本人が守り抜いてきたが故に今ここにある。(2021年OJカレンダーより)

web拍手 by FC2

2021年

11月

02日

バリアフリーな国際会議を目指して

 

WHO-FICネットワーク年次会議が10月18日~22日の5日間開催されました。

弊社は2007年よりWHO国際分類事業を年間支援しており、

 

その一環で

日本代表団の厚生労働省会議室からの参加をサポートを行いました。

そのひとつとして国際会議運営を企画し、日本代表団の支援を行いました。

 

毎年各国もちまわりで開催していた本会議ですが、

昨年に引き続き今年もオンラインでの開催となりました。

 

ホストのWHOの会議運営も昨年と比較し、事前オリエンテーションの実施、

会議資料共有サイト(Trello)、会議中のサイドトーク機能、スクリプト表示等バージョンアップしておりました。

 

弊社も今年は同時通訳音声をご自宅から参加の皆様にお届けするという

新サービスを実施。新機能の活用で国際会議参加のハードルが下がってきています。

 

しかし時差の壁、内容を深める上で対面会議を熱望する声も多く

ハイブリッドでバリアフリーな会議運営へ弊社も日々研鑽の中にあります。

 


web拍手 by FC2

2021年

11月

01日

迎える!

 

 迎える。なんと心動かされる言葉であろうか。

 

 実りの時を迎える、冬を迎える、正月を迎える。

 季節の廻りに呼応する様に、生活の中に自然を迎い入れる。

 

 無論、迎えるにあたり、季節との会話を通し

 周到な準備が求められることは言うまでもない。

 人間を自然の一部と捉える民族の稀に見る世界観であろう。

 

 11月を迎えた。

 過ぎし日々を思い、来る月日を思う。緊張感漂う月を迎えた。

 

 厳しさと享受、その濃淡・強弱が大きく変わりつつある状況下にあって、

 来る日々を強く雄々しく生き抜くために、

 過ぎし日を如何に活かすか、

 与件を超える世界をいかに創り上げるか。

 我社の今である。(T)

 

折りしも、選ばれし者国家国民のために今日を迎えた。この使命感を!(写真:Yahoo!ニュースより)

web拍手 by FC2

2021年

10月

28日

新しい挑戦

 OJは、平和の礎となる調査事業においても、不可能を可能にしたとの評判を頂いております。

 

 事業成果環境プロデュースの専門集団である弊社は、調査・資料収集事業についても方法論(OJメソッド)を有しています。

 戦後抑留関係資料調査事業(総務省・平和祈念事業特別基金。7年間継続)にて、旧ソ連公文書調査・資料収集を完遂、また、海外未送還遺骨情報収集事業及び埋葬地現況調査(旧ソ連)委託事業において、公文書等資料収集。実踏調査・データベース化を3年間で概了(当初4年計画)という実績とノウハウを有しております。

 

 このご縁で、このたび、北方領土関連資料の収集等に係る委託業務(北方領土問題対策協会)を担当させて頂くことになりました。

 目指すは、「No!風化! 北方領土関連資料の一元化、体系的・網羅的整備とデジタルアーカイブ化、北方領土問題の未来志向の解決へ最大活用、次世代に継承」です。

 

 戦後75年を越え、元島民の皆様の高齢化も進み、生きた貴重な資料をお預かりできるラストチャンスととらえ、3年間での概了をご提案しています。

 大事なミッションに気の引き締まる思いです。

 リーフレット等広報ツールも完成間近、オール北海道、オールジャパンのキャンペーン展開も予定しており、順次、ご報告いたします。是非、応援、ご協力よろしくお願いいたします。

 

海外未送還遺骨情報収集事業及び埋葬地現況調査(旧ソ連)

 

3年間で、TOTAL34地域において

517埋葬地の実踏調査と107埋葬地の国内調査を実現。

そのうち、483埋葬地のデータベース化を実現しました。

 

R.K.

web拍手 by FC2

2021年

10月

27日

実り多き、秋

先日、医療者向けのオンライン研修会の全日程が終了しました。

この研修は、昨年までは対面研修で行われていたものです。

グループワークと全体発表からのディスカッションを重視している研修会のため、オンラインで行うのが難しいとされておりました。

 

成果環境プロデュースの企業として、オンライン研修をいち早く立ち上げ

多くの機会を提供できています。

 

今、実りの多い経験を積み上げています。

(R.T)

          実りの秋!
          実りの秋!
web拍手 by FC2

2021年

10月

25日

今、新たな動きが求められている。

 

 今年は桜の落葉が早く、東京での紅葉はいかばかりか。

 名勝地の紅葉とは比べようもないが、

 葉一枚の紅葉にも自然の差配に感動を得ることはできるものである。

 

 一年数か月前、コロナ禍を受け全ての動きが止まり、

 我社の支援事業もその動きが止まった。

 収入の道が閉ざされ明日への不安が暗雲の如く覆っていた。

 

 動きを作ろう!  我社の今をつくる第一歩であった。

 

 成果環境を提案する専門集団として、

 動きが生まれる環境、対面に代わる環境をいかに作り出すか。

 

 我社スタッフの動きは早く、

 事業への使命感高きお客様の動きを誘引することができた。

 

 あの一歩を導いて頂いた神の差配に深い思いを致すと共に、

 あの喜び、安堵感を忘れることはできない。

 

 今、当たり前のようにして、

 対面からオンラインによる会議、研修が日常にある。

 

 決して疎かにできない一つ一つの在り様に目を凝らし、

 両者の長短を検証し、明日のより良い環境を構築し、提案する。

 

 我社の使命、新たな動きである。(T)

 

朝焼けの美しい季節到来

web拍手 by FC2

2021年

10月

21日

目を向ける

日本では新型コロナウイルスの感染者数が徐々に減少し、

行動制限も段階的に解除され街にも活気が戻りつつあります。

 

弊社では海外とオンライン会議システムを使用し、

打ち合わせや会議を行います。

世界中の感染者状況を見ると、

まだまだ収束には遠い国もたくさんあり、

ロシアでは10/19、一日の死者数が最多人数を記録し、

イギリスでも最近また感染者数が大幅に増加しています。

 

成果環境を提供する弊社にあって状況把握を常とし、

適切な環境作りへ情報を活かす、全社の思いです。

(A.S)

web拍手 by FC2

オフィシャルブログ