2020年

5月

27日

前に進む力に!

緊急事態宣言が、全国的に解除となりました。

 

この機を活かし、たくさんの本を読むことができました。

新しく出会った本、人に薦められて手にした書籍

昔、一度読んだことのある物語などなど…。

 

ある小説にあった「心が健康的な人」という一文からの

どんな時も、心に余裕と豊かさを持って前に進む力に意識が重なりました。

我社も、この間の果敢な挑戦を通し、多くの学びを得ました。

 

いよいよ、待ちに待った、その具体化です。

(R.T)

 

 

 

いつの間にか、新緑から万緑の季節に。
いつの間にか、新緑から万緑の季節に。
web拍手 by FC2

2020年

5月

26日

時間泥棒の犯人は?

長いトンネルから抜けた時に広がる景色はどのように見えたでしょうか。

解除後も気を緩めず、しばらくは慎重に行動したいと思う。

 

渦中の際、一日の終わりに充実感を得られない時もあったが

原因は決断をしなかった自分にあった。

 

決断をせずに何となく時を過ごした時は、達成感、充実感は得にくく

「☑ 〇〇の為に、△△をする」

と事前に決断する事により、費やした時間が意味を持ち

時間泥棒を退治!!

 

弊社は日々定時退社も目標とし、やるべき事を見える化し

仕事に励む事によって、見事に連日ほぼ定時退社が続いています。

 

トンネルを抜けたこれからも、時間泥棒を撃退し

一人一人が公私ともに充実した人生を送れるようにしたい。

 

(S.H)

 

(1976年発行)未来を予知したような話。人生に影響を与えてくれた大切な1冊
(1976年発行)未来を予知したような話。人生に影響を与えてくれた大切な1冊
web拍手 by FC2

2020年

5月

25日

三者三様で乗り切る。

 

 待ちに待った、緊急事態が解除される。

 

 それ相応の時間が必要とされるであろうが、

 この間の思いを活かし、一日も早い、企業活動の活性化をつくりたい。

 

 この状況下にあって、

 好調な企業、苦しみの渦中にある企業、継続を諦めざるをえなかった企業、

 企業の数だけ異なる商売の在り様があり、

 押しなべて一斉にを求めようもない。

 

 この未曽有のウィルス禍を経て、辛いことではあるが、確実にやってくる

 厳しいあしたを迎えるにあたり、

 

 好況企業は更なる発展を目指し、消費に投資にそして納税に貢献し、

 苦しみの渦中にある企業は苦しみを脱し、新たな世界に立って貢献を目指す、

 この機にあって新たな起業を目指す企業はその領域での貢献を目指す、

 三者三様の在り様を模索する中で、

 

 グローバル化による他力に堕する経済構造から脱し、

 消費税ゼロを実行する等、誤りなき政策を求めつつ、

 

 我が国の来る厳しい状況を乗り越えていく。

 

 この覚悟と準備を間断なく実行していく。

 今、留まることは許されない。我社もその渦中にある。(T)

 

上へ上へ、さあこの勢い!

web拍手 by FC2

2020年

5月

22日

出口近し!

 

緊急事態宣言が続く中、

リモートワーク、ウェブ会議は既に定着した様子。

たまの出社時に利用する電車も、通勤ラッシュと呼べるものではなくなりました。

 

日に日に近づく"出口"を前に、

多くのことが新たなシステム・新たなスタイルへと切り替わるであろう時、

弊社ではこれまでとは違うサービスを提案・提供できるよう、着々と準備をすすめています。

出口の向こうへ先陣を切るOJ、ご期待ください!

 

(S.K.)

 

web拍手 by FC2

2020年

5月

20日

現状を疑う

 

緊急事態宣言から一か月以上経ち、

マスクの着用の日常化やソーシャルディスタンスの確保等、

「新しい生活様式」も浸透してきたように思います。

 

今回の事態を通して、

現状が最善ではないということを身をもって実感しています。

 

通勤は時差で工夫、会議はWEBで、リモートワークの活用等々で

働く人の環境は格段に良くなりましたし、

こういったものは今回の事態に陥らなければ

おそらく今後もずっと定着することはなかったはずです。

 

今回のような事態に陥らずとも、

常に今のままで本当に良いか?改善できることはないか?と

現状を疑うことが必要なのだと日々感じています。

(A.S)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が家にもマスクが届きました。

以前はいつでもどこでも手に入るものだったのに、

改めて不思議な気持ちになりました。

 

web拍手 by FC2

2020年

5月

18日

新世界、その具体化!

 

 5月も半ばを過ぎ、非常事態宣言も一部地域を除き解除された。

 ウィルス禍第二波を防ぐ手立てを講じつつ、

 人が動き、経済が動き出した。

 

  我々は今、日本国・日本人として大切なことを見過ごしてきた現実を知り、

 多くの学びの中にある。

 

 国を売り、国を貶める、利益優先の大国一辺倒の現実は、

 余りにも危険すぎる。

 

 元の世界に戻ることは、何としても避けなければならない。

 喉元過ぎれば熱さを忘れるであってはならない。

 安きに流れ、課題の先送りを選んではならない。

 

 「新世界、その具体化」、我社の今月の目標である。

 我々が提供するものは、成果である。

 繋がる・広がる成果である。そして、その新世界である。

 

 今、変革、正にこの変革が世界規模で求められている。

 我社もその一翼を担う気概、考動の中にある。 (T)

いよいよ出番、どんな世界を提供しようか。

web拍手 by FC2

2020年

5月

14日

映像の力

 

パラリンピックの祖として知られるL.グッドマン医師についての、

テレビドラマ「ベストオブメン~人間の最高~」を見ました。

 

「失ったものを数えず、残されたものをいかすのです。」

障害者が隠されていた時代に、

残された機能をいかし、社会に参加できるようにする、

というゆるぎない意志と熱意が、

岩盤を打ち砕き、新しい価値をつくりだす様は圧巻。

 

弊社も、2005年からWHOのICD改訂に携わっています。

その枠組で、ICFの普及と活用を目的に

2010年にスタートしたICFシンポジウム、

現在、第9回開催に向けて絶賛企画提案中です。

 

90分で見事にICFの真髄を伝える本作、

この映像の伝える力を、普及にいかせないかと思うことしきりです。

 

(K.K.)

 

原題は「The Best of Men」。BBC制作。

2012年、ロンドンパラリンピック前に放送。

1939年に亡命したドイツのユダヤ人医師L.グッドマンの、

1944年の英国ストーク・マンデルヒル病院

脊椎損傷センター所長就任から、氏の提唱で

1948年にロンドンオリンピック開会式にあわせてストーク・マンデルヒル競技会(車いすのスポーツ大会)が開催されるまでをドラマ化。

ラストの負傷兵や医療従事者の輝く笑顔が眩しい、

多くの目に触れて欲しい秀作ですが、おしむらくはマイナー。

現在amazon primeで配信中。

web拍手 by FC2

2020年

5月

12日

#花で帰省しよう

皆さんは、母の日に感謝の気持ちをどのように伝えられたでしょうか?

 

毎年、プレゼントを手渡していましたが

今年は帰省が難しく、どうしようかな…と思っていた所

 

"「#花で帰省しよう」花は自粛することができません。

大量に破棄される花たちは、それをただ待つしかないのでしょうか。"

 

コロナの影響で行き場を失った花に悩んだ、花業界のフラワーロスを救う取り組みを知り

今年の母へ贈る感謝の気持ちは「#花で帰省しよう」から花束を送りました。

 

贈る人→花屋さん→お花→受け取る人→花がある生活=広がる喜び。

この状況でも諦めず、今出来る事に目を向け考え行動に移したからこそ

生まれ、広がる新しい世界。

 

今こそ理念を高く掲げ、迅速に柔軟に

終息後、バージョンUPしたOJをお見せできるよう止まることなく動きを!

(S.H)

web拍手 by FC2

2020年

5月

11日

その期は来たれり。

 

 今をいかに生き抜くか。

 明日を生き抜く手立ては何か。そして、

 現下の非常事態の先に確実に打ち寄せてくる大波に備える術は何か。

 

 今回のウィルス禍の本質を見据え、

 グローバル化の名のもとに、騙され流され、

 足元を疎かにしての浮き草生活が、いかに脆く、危ういものであるかを

 官民押しなべて知る機会を与えられている。

 

 自国を自国民を犠牲にしてのグローバル化はない。

 自国の文化、伝統、精神性を犠牲にして、享受できる世界はない。

 

 この機を得て、創り上げる世界は、自覚と努力によって自ずと見えてくる。

 大小、強弱のしがらみを捨て去り、新世界の具体化へ、

 

  その期は来たれり!  (T)

こんなに繊細で美しい花であったのか。

web拍手 by FC2

2020年

5月

07日

「七転び八起き」のその先へ!

令和2年、オリンピックが開催され、世界中から

お客様を迎え、華々しい年となっていたはずでした。

 

思いもよらぬウィルス禍、この辛い時期を乗り越え、元に戻るのではなく

「七転び八起き」の先が明るく見えるような日本になって

日本開催にふさわしいオリンピックを迎えられたら、と思います。

 

OJはこの5月も常に先を見て走っていきます!

 

※「七転び八起き」の意味…失敗しても挫けずに立ち上がること、辛い事に負けないでやり通すこと

(R.T)

 

 

 

モッコウバラのふんわり感に癒されます。
モッコウバラのふんわり感に癒されます。
web拍手 by FC2

2020年

4月

30日

ポストコロナを見据えて

この2か月で様変わりした日本。

昨日から始まったゴールデンウィークが過ぎ、

コロナ渦が終息した後、

何が残り、何が淘汰され、何が生まれるのか。

大切なのは、潮流を見誤らず乗り越え自ら新しいものを作り出すこと。

みんなそろってピンチの時こそ真価を問われる。

その問いに応えられるOJであることを示したい。

web拍手 by FC2

2020年

4月

28日

ファーストペンギン

多くの挑戦を続けている4月が終わろうとしています。

この1か月、弊社でも在宅勤務や時短勤務等々を取り入れ、

この未曾有の緊急事態に対応しています。

今までの慣れたやり方を変えるということは、

とても勇気のいることだと改めて実感しています。

 

新しいことに挑戦するということは当然リスクを伴います。

リスクを伴ってまで挑戦するくらいなら現状維持で、

という保守的な考えは失敗を恐れる日本人に強く根付いているそうですが、

今、求められていることは今回のピンチをチャンスに新しいことにたくさん挑戦し、

色々な改革が前向きに進んでいくことと思います。

(A.S)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

危険な海に率先して飛び込むペンギンに倣って、

リスクを承知で新しい業界に挑戦する人物を

ビジネス用語では「ファーストペンギン」と言います。

 

web拍手 by FC2

2020年

4月

27日

税金の使い道が納税者に!

 

 未曽有のウィルス禍、諸外国の政策当局の動きに比し、我が国の迷走ぶり、

 決定実行の遅さはいかばかりか。

 

 そんな中、国民一人に10万円、総額数兆円の支給が決まった。

 我々は納税の義務を履行しつつ、その使い道は見えない世界と諦め、

 コミットしてこなかった。

 

 この決定は、岩盤に一穴、新たな世界づくりへの大きな一歩を踏みだした

 画期の動きである。

 

 現下の我が国の我慢・苦しみに引き換え、獲得せねばならない国家像は、

 腐りきった土台、旧弊を打破し、再構築することのみで可能となるものと思う。

 

 納税者の采配の部分を多くつくることにより、

 国家の采配を減ずることによって、その可能性が出てくるものと確信する。

 

 大変な災いを転じ、元に戻ることの決してない国家再興へ、

 責任ある政官財・マスメディアが塗炭の苦しみを甘受し、乗り越えることを、

 国民はかつてなく厳しく見つめ、動いている。

 

 我社は今日も、使命感あるお客様と共に、

 今一番求められている成果つくりへ邁進中である。 (T)

 

一年を経て、今輝く。我が国も今を耐えて連休明けに。

web拍手 by FC2

2020年

4月

23日

離れていても

緊急事態宣言発令に伴い、弊社でもテレワークを開始し、

人との接触をできるだけ避けながら業務を遂行しています。

 

どんな状況にあっても、

お客様のご事業を正しく強く発信、広報することに貢献する

それが弊社の理念です。

 

今はWEB会議やSNS等を通じて、動画や音声でいつでもつながることができる時代。

会社の皆と離れていても何度も向かい合ってミーティングをしており、1日中一緒にいるような感覚です。

 

ただやはり、対面で顔を合わせて笑い合える日々が、早く戻ってきて欲しい。

そのために今は国民が一丸となって協力し合うべき時。

 

工夫や挑戦を重ね、みんなで乗り越えていきましょう。

 

(H.M)

web拍手 by FC2

2020年

4月

21日

一人一人できること

 

新型コロナウィルス感染症の影響下

世界中の劇場等が次々と作品をライブ配信しています。

視聴者は、貴重な作品に触れる機会を得、

Stay Homeにも好影響。

発信者も新しい層への広報に加え募金活動にも。

 

募金といえば、99歳のトム・ムーア退役大尉が、

国民保健サービス(NHS)のために、

庭を100往復することで、1000ポンドを集めようとしたところ、

あっという間に2600万ポンド(約36億円)に到達。

謙虚で誠実な姿は、多くの方の共感を呼びました。

 

一人一人が自分のできることを誠実に、

その力ははかり知れません。

 

K.K.

 

写真はBBCサイトより お世話差になっているNHSのためにできることを

 

閉鎖が続くロイヤルアルバートホールやグローブ座等の公式サイトで

期間限定で作品を配信。有料ではなく募金なので、感謝の気持ちは自分の状況にあわせて。

 

web拍手 by FC2

2020年

4月

21日

明日の常識を創る挑戦!

 

1988年港区赤坂にて創業。

1993年港区麻布台に移転。当時、ベルリンの壁崩壊、東西冷戦の終結、

ソ連崩壊後の市場経済移行に向けての対ロ支援事業等で

ロシア関連事業が3分の1以上を占めていたことからロシア大使館の目の前に移転しました。


クライアントの多くが、内外の公的機関で、神谷町・虎ノ門・霞が関界隈に集中、

お電話いただいて10分以内に伺えるのを売りにしていました。
残業を常とし、満員電車で片道1~2時間かけて通勤する日々。


そこで、創業10年を機に、スタッフの多くが居住する中央線沿線に移転、

職住近接施策をとることとしました。

始発駅でもある三鷹駅最寄りの事務所に移転しました。


移転計画時は、これでOJの仕事はなくなる、打合せも不便になる、

せめて吉祥寺にしておけばどうか?等々、逆風の嵐でした。


すぐにお打合せに飛んでいけない分、計画的に業務遂行、定例戦略ミーティングをお客様と設定する等、様々な工夫により、移転後の方が業績が上がるという結果となりました。


10年の節目を機に、職住近接とともに、女性の活躍する企業へと、

近隣に居住する女性を積極的に採用して参りました。

現在、女性の比率は75%、半数以上の社員が徒歩圏内居住、90%の社員が2駅圏内居住で、

現下の新型コロナウイルス感染症対策においても先見といえる結果となりました。


未来は今、現下の状況を乗り越え、明日の常識を創る挑戦を、今日も続けています。(R.K)    

 

都心からの移転により、駅直結の高セキュリティのオフィスビルで2倍のオフィス面積を確保できました。
都心からの移転により、駅直結の高セキュリティのオフィスビルで2倍のオフィス面積を確保できました。
web拍手 by FC2

2020年

4月

20日

動きの先に必ず。

 

 非常事態宣言が出され二週間。

 

 非日常に置かれていることで、様々な動き、様々な学びの中にある。

 

 今、罹患を免れ、生を与えられていることに最大の感謝を思い、

 やるべきことを、元気を作って、前へ進めていく。

 

 この塗炭の苦しみを越えて、決して過去の在り様に戻ることなく、

 新たな世界をつくる、形あるものをつくりあげることで、

 生を与えらた意味があるというものである。

 

 この視点、この動きの先に、我が日本国の確固たる地位、

 世界の評価を集めリードする道が待っている。 (T)    

藤の花が咲き始めた。動けば出会う。

web拍手 by FC2

2020年

4月

16日

顕在意識と潜在意識

先日、YouTubeで「顕在意識と潜在意識」の話を

聞き流しながら手を動かしていた所、ある話が琴線に触れ

頭の片隅に長い間あった「なぜ」から

「なんだ、そうだったのか」への変換。

記憶の奥底から答えが湧き上がってきた感覚がありました。

さらにその答えが様々なことに繋がり

不用な思い込みを一つ手放し軽くなるようでした。

 

百聞は一見に如かず

弊社でも意識すべきと言われる、潜在意識を顕在化し景色を変える。

にも繋がります。

 

日本、世界中が今までにない状況に置かれている今

内面を見つめ未来を見るチャンスでもあるように思えます。

 

(S.H)

顕在意識(過去の記憶、価値観、無意識の行動パターン)90% 潜在意識(思考・判断)10%   と言われています。
web拍手 by FC2

2020年

4月

14日

今、できること

緊急事態宣言が発令され、外出自粛や休業が相次ぐ中、

接触も8割減ということで、人とのかかわりが少なくなってきています。

加えて、悲観的あおりもあり人々の心が少し寂しくなっている気がします。

 

ちょっとしたことで人と対立してしまったり、

悪い方へととらえてしまったり。

 

室内でも楽しめるような動画やゲームなどを、テレビでも紹介されていますが

明るい方向へ、うまく気持ちを切り替えることの必要性を感じます。

 

今こそ必要なサービスを、そして新たなサービスを

OJは考えて発信していきたいと思います。

(R.T)

室内にこもっていると、 なかなか空を見上げないもの。
室内にこもっていると、 なかなか空を見上げないもの。
web拍手 by FC2

2020年

4月

14日

働き方、方針転換へ

 休業要請により普段ではありえないほど閑散とする通勤時間帯の駅。

 ふと思えば、ここ数週間「体調不良の乗客救護による遅延」に遭遇していない。

 

 確かに他の乗客との距離は保たれ、いつものごった返した車両はなし。

 欧米に比べパーソナルスペースの広いと言われる日本人にとって、

 人と密着する車内の環境で気分が悪くなるのは必然だったんだろうと府に落ちました。

 

 コロナウィルス禍にあって、

 時差出勤、ウェブ会議、リモートワークが定着しつつあり、

 ウィルス撲滅の先に、日本の通勤環境への改善につながるなら

 皆さん共々、望むところではないでしょうか。

web拍手 by FC2

2020年

4月

13日

新世界づくりへ。

 

 日本国は、先達が営々として造り上げた衛生観念と衛生環境において、

 世界に冠たる国家である。

 

 緊急事態宣言を受け、ウィルス撲滅へ、そして、

 一日も早い日常への復帰へ、一丸力を発揮すべき機会が与えられた。

 

 先ず一か月、そのための一週間、国民力の見せどころである。

 

 この辛い厳しい現実の先に、

 今を変えて、新たな日本国を創り上げるために、

 1つは、このウィルスの入口をこれまで以上に、しっかり閉ざしていくこと。

 そして、スピーディな命を救う対策を早期に実行していくこと。

 

 厳しさを通り越し生き続けることが困難な状況下、

 この現実に逆行する、他人ごとであるかの如き在り様に憤りを込めて、

 今、日本国民が希求していることを提案したい。

 

 ・国会の皆さんの歳費の自主的返納、

 ・マスメディアの無広告放送、

 ・NHKの受信料の一か年の凍結、

 ・経済活動の日本回帰の宣言、 を実行し、その決意を示して頂きたい。

 

 率先しての動きが、冒頭の我が国民の力を奮い起こす大きな力となり、

 大きな成果を共に勝ち取る在り様と思える。(T)

三鷹駅ビルでの営業も休業、右へならえの日本国づくりへ。

web拍手 by FC2

2020年

4月

09日

未来に向かって

 

4月もあっという間に2週目となりました。

 

ちょうど1年前の今頃は新元号の「令和」が発表され、
新たな時代の幕開けを目前に、
日本全体が胸を躍らせていた頃だったと思います。

 

たった1年で状況は大きく変化してしまいましたが、
この状況だからこそ、今があることに感謝の思いも強くなります。

 

今は一人ひとりが己の行動を省みて、
日本の未来のためにやるべきことを考えなければいけない時だと感じます。

 

来年の春は、「令和」の元となった万葉集の梅花の歌のように
外で思い切り梅の花を愛でることが出来るような良い季節になっていることを願います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「初春の令月にして、気淑(よ)く風和らぎ、

梅は鏡前の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香を薫す」

 

「令和」の元となった万葉集の歌であり、美しい日本の情景が思い出されます。
「平成」までの元号は中国の古典が元とされ、日本の古典から引用されたのは「令和」が初です。

 

(A.S)

 

web拍手 by FC2

2020年

4月

08日

働き方 ~WEB会議~

今、働き方が大きく変わってきています。

 

特に、社内外問わずWEB会議の重要性が高まっています。

 

弊社では以前より、WEB会議システム(Cisco社 Webex)を導入し、

国内・国外のお客様とのミーティングを実施してきました。

離れていても顔を見て対話ができ、移動の必要もないため、

お互いの時間を有効的に活用できます。

 

あるデータによると、会社員は定年までに約3万時間を会議に使っているそうです。

これは年数にすると約8年に相当します。

1日10時間、休日なしで会議を行った場合

 

WEB会議の活用で、効率性と成果主義、両者の実現に取り組んでいきます。

 

(H.M)

web拍手 by FC2

2020年

4月

07日

未来への遺産

 

第一次世界大戦終結100周年記念に制作された

「彼らは生きていた」というドキュメンタリー映画を見ました。

 

帝国戦争博物館(英)で100年の眠りについていた記録映像が、

ピーター・ジャクソン監督の手により、最新テクノロジーの力を得て、

鮮やかに命を吹き込まれました。

 

100年前からの、生のメッセージが胸に刺さります。

「戦争を正当化できる理由はない」「避けるべき努力をするべきだ」

 

弊社は、1991年から旧ソ連抑留中死亡者の慰霊事業に携わっています。

これを未来へ「形」として、遺していくことは、改めて

弊社の使命だと、強く思いました。

 

(K.K.)

 

C2018 Worner Bros Ent. All Rights Reserved

 

左 再現後 右再現前

原題はThey Shall Not Grow Old

 

帝国戦争博物館(IWM)所属の2000時間以上の映像(音声なし)、

BBC保管の600時間に及ぶ退役軍人インタビュー音声から選ばれた素材は、

映像技術や読唇術を駆使し、リアルに

再現されました。

 

ピーター・ジャクソン監督の祖父は、

第一次大戦で塹壕戦を経験後ニュージーランドに移住、監督はその体験談を聞いて育ったとのこと。

まさに渾身の一作。第一大戦の風化阻止に多大な貢献。

 

Amazonで有料配信中

 

web拍手 by FC2

2020年

4月

06日

今求めていることは。

 

 東京では、散り始めた桜に重なるように新緑が一瞬の輝きを増している。

 わくわくとする季節の到来、与件の中で謳歌しておきたいものである。

 

 今一番求めたいことは、安心の醸成、安心の伝播である。

 我が日本民族は、現実を受入れ、

 賢く、我慢強く生活を維持しようとしている。

 

 ついこの間の築地移転の折、施策を掲げたものの、

 莫大な都税を浪費した挙句、何も変わらず、豊洲に移転。

 今またぞろ、人心を煽り、

 必死に生きている事業者を窮地に陥れる施策を掲げている。

 もう繰り返しは願い下げである。

 

 安心感の醸成、素早い施策の実施をこそ、

 今我々は求めているのである。そして、

 必死に生きようとしているのである。

 

 世界各地で拍手をして医療機関で働く人々を応援している映像が届く。

 我が国においても、座して待つことなく、手を差し伸べる動きが加速している。

 変革の時の企画会社、我社の出番でもある。(T)

 

 

浮足立った動きを諭すかのように、我慢を癒すかのように。

web拍手 by FC2

2020年

4月

03日

歴史に学ぶ

第二次世界大戦は、日本にとって、人類にとって未曾有の試練、艱難でした。
2020年は戦後75年。
その節目の年、しかも半世紀ぶりの東京オリンピック開催の年が、日本にとっても人類にとっても新たな試練、艱難の年となってしまいました。

 

歴史は、まず、正確な情報をきちっと把握すること、そして大局観に立った戦略的な取組みと交渉、思い切った決断と実行で自国を(状況を)有利に、犠牲を最小限にすることができることを多くの犠牲の上に教えてくれます。

 

弊社は、2001~2008年の8年間、総務省・平和祈念事業特別基金の戦後強制抑留史編纂に係る事業に日ロ政府間協力による旧ソ連の公文書調査等で参画、史実を明らかにし、戦争の真実の姿を後世に伝える事業の中でも貴重な教えを胸に刻みました。

 

いつも、試練、艱難は形を変えてやってきますが、史実が教える本質は普遍です。

 

現下の新型コロナウイルス感染症による災禍を乗り越えるためにも、政治の決断、私たちもそれぞれができることに精一杯取り組むことが、今こそ求められています。

ロシア公文書庁との協力事業。ロシア側行政資料入手で全体像が明らかに。
ロシア公文書庁との協力事業。ロシア側行政資料入手で全体像が明らかに。

R.K.

web拍手 by FC2

2020年

4月

01日

見える化し、滞りなく

OJは、形なきものを「見える化」し提供するプロ。

 

社内でも、滞りがあれば

誰かの問題では無く、我事として

様々な意見を出し、文字に起こし

見える化し、滞りを無くします。

 

今この状況だからこそ

1人1人が今出来る事を見える化し、動く。動く。

常に、パイプの詰まりの無い新鮮な流れを!

 

情勢が停滞気味であっても、

日本の四季は、あるがままに循環し続け

暖かく穏やかな気温と、彩り豊かな花が、私たちを喜ばせてくれます。

 

今日から、新年度の始まりです!

(S.H)

 

3月末の小金井公園
3月末の小金井公園
web拍手 by FC2

2020年

3月

31日

SDGs!

新型コロナウィルス感染症の影響が各所に出ている中、

せめて、楽しい気持ちになれるような本はないかと探してみました。

 

そこで、遅ればせながら「SDGs」をテーマにした本を。

 

SDGs=「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」

の略称ですが、今までよく知らなかったのがもったいないほどの目標でした!

 

17のゴールと、169のターゲット。

 

この中から、何か現在に活かせる事業はないかと

考えるだけでワクワクしてきました。

 

大変な時こそ、未来につながる希望を。

明るい未来を、OJはお届けしてまいります!

(R.T)

 

 

web拍手 by FC2

2020年

3月

30日

中国ウィルスを撲滅するぞー!/ 有難き日本人のDNA

 

 先般の我がブログにて、

 “外出が制約される中で、読書の時間が増えている”との発信があった。

 何とも頼もしい在り様である。

 

 現下の中国ウィルス禍にあって、

 無論、自己中心の狭量なご仁は存在し、責任転嫁を恥じることなく、

 目障り極まりない言動を見聞きはするが、

 

 後手後手に回った政策をよそに、日本国民は冷静である。

 

 とは言え、厳しき状況下にあり、明日をも知れない渦中にあることは

 押しなべての共通項である。

 

 いかなる時にも、どこにあっても、出来ることはある。

 この気質を冷静に穏やかに持ち続けているのが我が民族である。

 

 これを活かさずしてなんとする、そんな声が聞こえてくる。(T)

 

昨日の雪。重たい雪もやがては消える。

web拍手 by FC2

2020年

3月

25日

こんな時こそ

 

新型肺炎の影響でイベントが次々と延期・中止になり、

いわゆるエンタメ業界が打撃を受けています。

 

音楽や演劇といったものは形として手元に残るものでなく、

ましてや生活に必須というわけでもありません。

自粛は賢明な判断ではありますが、

それを心の支えや楽しみにしている人も多くいます。

 

イタリアでは外出禁止令が敷かれ、

市民はバルコニーで歌ったり楽器を演奏したりしているそうです。

こんな時でも音楽の街ナポリがあるイタリアらしいなと、

大変な状況の中でも心が明るくなりました。

 

我が社も含め、全ての人がおしなべてこの厳しい状況下にあります。

早く日本に元の活気が戻るよう、

こんな時だからこそOJは元気を発信してきたいです。

 

(A.S)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年、帝国劇場にて観劇したミュージカル『レ・ミゼラブル』

決して明るいストーリーではないですが、キャストの熱量、

迫力のある生演奏にたくさんの元気をもらいました。

web拍手 by FC2

2020年

3月

24日

春のあたたかさを感じる日が増えてまいりました。

 

うららかな日差しの中、いろとりどりの花々を眺めながらの散策は、

心を落ち着かせ、気持ちを豊かにしてくれます。

 

今年は現下の情勢、お花見での宴席自粛の方向にありますが、

こんな時にあっても少しの時間をつくり、

日本人として季節を愛でること、自然に触れることを大切に、

厳しき状況を想定しつつも、いつでも心にゆとりを持って行動したいと思います。

 

(H.M)

web拍手 by FC2
春の日差しの中、活き活きと咲く花たちにパワーをもらう
春の日差しの中、活き活きと咲く花たちにパワーをもらう

2020年

3月

23日

思えば遠くに来たもんだ。

 

 「思えば遠くへ来たもんだ」、

  武田鉄矢氏の曲のこのフレーズが、最近よく頭をよぎる。

 

 創業32年の重さ故か、

 数えきれない挑戦の戦歴の重さ故か。

 

 

 創業32年、多くの意義ある事業に参画、山あり谷あり、

 成果志向の責任遂行企業として、学びを多とし、

 真摯にそして堂々と歩みを積み上げてきた。

 

 その評価を頂けたが故の32年であることは、我社の誇りでもある。

 

 今、日本国が劣化し、正に国難というべきこの時、

 固定観念を打破し、出来ないを出来るとする企画の生命線を戴して、

 企画会社OJの出番を更にしっかり創っていきたい。

 

 この曲の最後は、「この先どこまでいくのやら」となっている。

 我社が、最後の歌詞を考えるなら、

 

 “今日から今から夢造り、

  成果の支援はどこまでも、まだまだ続くよOJロード” (T)

我が日本国の美しき桜、永遠に咲き続けて行く。

web拍手 by FC2

2020年

3月

18日

戦後75年の春、決意新た

 

 昨日、「令和2年度ロシア連邦等における慰霊事業の実施支援業務」

 (厚生労働省社会・援護局)の受注が決まりました。

 

 1991年(平成3年)ゴルバチョフ大統領の来日を受けて

 旧ソ連地域で抑留中死亡された皆様のご遺骨収集が可能となった当初より、

 OJは支援業務(埋葬地調査・現地政府等との交渉・通報・資料翻訳・派遣団通訳等)

 を担当させていただき、29年目を迎えました。


 この間、旧ソ連地域で抑留中に亡くなられた約5万5千人の方々のうち、

 約2万人のご遺骨のご帰還が果たされました。


 戦後半世紀近くたってからの事業スタート、

 国土も体制もすっかり変わった困難な状況下で、各地方政府等ロシア側の協力を得て、

 慰霊を通じ、平和の礎を創る稀有な事業となっています。

 

 2020年は、戦後75周年。世界各国でも歴史を風化させない取り組みが展開されています。
 OJも当該事業の今日的課題解決の貢献へ、決意も新たです。 (R.K)

 

   関連記事:戦後70年 ~平和の礎~ 2015年4月(リンク)

 

地元の多くの市民、子供たちが献花に(樺太・千島戦没者慰霊碑竣工追悼式)
地元の多くの市民、子供たちが献花に(樺太・千島戦没者慰霊碑竣工追悼式)
web拍手 by FC2

2020年

3月

17日

しぶとく生きる。

自粛を余儀なくされたこの機に読書の時間も増え、

勧められた本に「緩和ケア医が、がんになって」がありました。

 

以前の私だったら、興味を抱かなかっただろう題名だったが

OJが携わってきた事業の一つに、ブログでも何度も紹介してきた

「人生の最終段階における医療体制整備事業」

があるからこそ、新しい世界へ関心を持ちます。

 

著者の「ガン患者として」「緩和ケア医として」「生と死」

自分らしくしぶとく生きる、飾り気のない語り口調の文体に、

本人のお話を聞いているかのように

あっというまに読み進んでしまいました。

 

緩和ケアとは、生きるとは、死と向き合うとは…

1冊の本を通して様々な事を思わされました。

 

(S.H)

著者とは地元が同じなので、気持ちの入りも強い。
web拍手 by FC2

2020年

3月

16日

蔵出⑥インターナショナルプラザ

 

新型コロナウィルス感染症で自粛が続く毎日、

ふと、集客2万人の、華やかな事業を思い出しました。

 

第25回京国際女子マラソンの、サブイベント、

インターナショナルプラザをOJで企画・運営。

東京国際女子マラソンに出場した選手を輩出した国々の

ブースを展示、コンセプトは、

「スポーツを通じて世界を理解して頂く」

国際交流はOJの十八番、各国大使館にやる気をだして頂き、

賑やかなイベントになりました。

 

明けぬ夜はない。再び活気が戻る日に向け粛々と準備。

 

(K.K.)

 

 OJチームはピンクのスタジャンを着用 

web拍手 by FC2

2020年

3月

16日

決断の時。

 

 明日は彼岸の入り、暖かさも増し、

 土手にも春がその姿を見せ始めている。

 

 我が日本民族は、我が先達は幾多の困難を乗り越えてきた。

 そして、折々の課題を明らかにしている。

 

 歴史の主人公たる人間は同じことを繰り返す、故に今、歴史の教訓を活かす好機でもある。

 

 どこを目指すのか、どうありたいのか、

 そのために、何をどうすべきか。

 

 新たな歴史を創り出す気概を持って、

 あらゆる組織、個人が前向きに動く、そこにこそ次なる展開が見えてくる。

 

 我社も動く、我社は動く!  (T)

web拍手 by FC2

2020年

3月

11日

日常

新型コロナウィルスのニュースが少しく強調されて伝わってきます。

今こそ終息へ、日本人の力量が試されています。

 

9年前の東日本大震災時、そして今回

卒業を迎える子供達にとって、せめて、

何らかの形で思い出を作って卒業を迎えてくれれば、と思います。

 

情勢が早く落ち着くことを祈りながら。

OJも、新たな出会いを求めつつ、

より良いサービスを追求すべく、動きます。  (R.T)

web拍手 by FC2

2020年

3月

11日

9年

東日本大震災からはや9年。

被災者の方にとっては、まだまだの思いと思われます。

地震による被害は地震大国である以上避けられないとしても、

年数が経過してもなお片付かない問題はまだ多い。

何かできることはないかと考えてみても、ひとりの限界を感じるが、

目の届く範囲・手の届く範囲で可能な限り良き影響をもたらすことができればと願う。

 

出来ることをできる範囲でかつ継続可能な方法を見いだす。

個人にも企業にも等しく求められることと感じている。

 

(S.K)

web拍手 by FC2

2020年

3月

10日

情報の取捨選択

 

明日3月11日は東日本大震災から9年目になります。

 

当時日本中が混乱し、

テレビやネットでも連日様々な情報が流れ、

SNSでは多数の「デマ」が拡散され、

更なる混乱を招きました。

 

ネットで検索をかければ、

どんなことも簡単に調べられる時代。

代わりに嘘の情報も含め多く溢れている上、

ちょっとしたきっかけですぐに広まってしまいます。

 

今、日本では当時と同じような状況に陥っています。

 

改めて情報を正しく伝えること、

そして取捨選択することの重要性を実感しています。

 

(A.S)

 

web拍手 by FC2

2020年

3月

09日

さあー、次は夢作り!

 

 中国ウィルスも入口を塞いだ。最大の不安が取り除かれた。

 

 日本人の清潔感、日本の医療環境をもってすれば、

 油断することはあってはならないが、

 終息への出口が見えてきたと言える。

 

 どこで決断するか、この選択・戦略を誤ったが故の現下の惨状、

 自国民を犠牲にしてまで、一国に偏る経済構造、等々

 学びを多とし、日本の転換に繋げていかねば、多くの人の思いであろう。

 

 我社も新年度事業獲得へ決断の時、

 厳しき状況下にあること現下のごとし。

 

 が、使命感あるお客様との出会いを求め、

 創業以来32年、企画会社の夢、

 「より良い未来社会の建設(Building a Better Future!)に向かい、

 

 ぶれることはない! 動くオスカー ! (T)

元気をつくるが如く、ひとり咲く桜木

web拍手 by FC2

2020年

3月

05日

3月

弊社のお客様は公の機関が多いため、3月は1年間のまとめの月でもあります。

 

4月からの新年度へ向け、まずは今年度の検証をしっかりと。

複数の視点で事業の振り返りを行います。

検証の積み重ねと繰り返しが新たな気付きを生み、未来の成果を作ります。

 

日本のよりよい未来のために、弊社の提案・貢献の場は多い。

この思いを強くし、トライ!です。

 

(H.M)

 

マーガレットの花言葉:誠実、信頼
マーガレットの花言葉:誠実、信頼
web拍手 by FC2

2020年

3月

04日

工夫次第

 

新型コロナウィルス関連の風評で店頭からトイレットペーパーが消えた様子に、

1990-91年のモスクワ留学時代が重なりました。

 

ソ連崩壊の一歩手前、当時はとにかく物不足で、

すべてないのが当たり前。

買い物の際には住民票提示が求められ、

大学事務の滞りで、住民票をもらえなかった私は、

お宝トイレットペーパーを前に、

レジで学生証を手にひと悶着もありました。

ロシア人宅のトイレに置かれたメモ用紙サイズにカットされた新聞紙、

猫用かな?と思ったら人間用で驚きました。

 

工夫次第。

その経験は今の仕事にもいきています。 

 

  ※ロシア人の友人は私にはゲスト用の秘蔵トイレットペーパーを出してくれていました。

  ソ連のトイレットペーパーはすらすら文字がかけるバリバリした代物でしたが、ありがたかったです。

  日々、目から鱗の発想で次々と迫りくる危機を克服するソ連人のたくましさとユーモアに

  心底感服していました。

 

web拍手 by FC2

2020年

3月

02日

3月、弥生スタート

 

 中国ウィルスを前に、全てが後手にまわり、苛立つ我が民を

 落ち着かせるかのように、神は雨降る週の始まりを演出してくれている。

 

 種々の動きを封じられ、今後の厳しさが予想されるが、

 留まることは許されない。正にピンチをチャンスに。

 

 春の息吹を感じつつ、思いも新たに挑戦の日々を積み上げ、

 見通し良き事業環境に新機軸を立ち上げていきたい。

 

 企画会社OJの動きに期待を頂きたい。(T)

春の息吹

web拍手 by FC2

2020年

2月

27日

共に歩むオスカージャパン

OJの形無き売り物

お客様の思いを実現に向け

企画・提案しプロデュースする。

 

お客様の思い

「あの頂上に辿り着きたい!」

を理解し、実現(成功)に導く為に

何日かかる?何人必要?服装は?持ち物は?食料は?

 

頂上に辿り着くまでの様々な工程を

提案し、話し合い、お客様が納得いくまで、

プランニング(見える化)するプロがOJ

 

そして、いざ本番

「いってらっしゃいませ」ではなく、

「共に登り、共に頂上の景色を見て感動し、共に下山する」

最後まで共に歩むのがOJ

 

お客様の喜び笑顔・成功が

我々の成果・成功であります。

 

益々、素晴らしい景色をお客様と共に見る為に

OJは進化し続けます!

(S.H) 

web拍手 by FC2

2020年

2月

26日

温故知新

先日、渋谷にある國學院大學の考古学博物館に行ってまいりました。

 

無料での開放にもかかわらず、なかなかの充実ぶり!

大学が何年もかけて調査と研究を重ねてきた時間を感じることができました。

 

温故知新という言葉があります。

古きものを調べて、そこから新しい知識や見解を得ること。

 

OJも、過去の経験から学び考え検証を重ね、新しきを見出し

皆様により良いサービスを提供していきます。

(R.T)

 

 

静かで     とても居心地の良い博物館でした。
静かで とても居心地の良い博物館でした。
web拍手 by FC2

2020年

2月

25日

腹が減っては!?

日々の仕事の中でささやかな楽しみの一つ、お昼ごはん。

一押しのラーメン屋さんがなんとOJのオフィス近くへ2号店を出すという情報が。

私のための出店だと勝手に決めつけ、オープン初日に駆けつけました。

 

ここ数年通っているお店。

おいしいご飯と、朗らかなスタッフに毎回癒されますが、

新店舗もかわらずのおいしいご飯、

活気あるスタッフの皆さんに加えフレッシュさが。

通い始めた頃は小さな店だったのが、

移転し大きな店舗へ、そして2号店出店と拡大して行く様子に、

こちらも頑張らなくては、と励まされました。

 

新年度もすぐそこ。

モリモリ食べてバリバリ働こう!

web拍手 by FC2

2020年

2月

20日

行動

 

連日、ニュースで新型肺炎の話題を

耳にしない日はありません。

 

特にSNSで目にするのは日本の初動対応に対する意見です。

もっと早く対策を取っておけば防げることは多々あったはず。

事が大きくなってから動いたのでは遅いと強く感じました。

 

心のどこかで「なんとかなる」と思っている内は、

人はなかなか行動に移せません。

自分だけは大丈夫という気持ちは捨て、

ありとあらゆる可能性を想定することで、

初めて危機に立ち向かうことができるのだと思いました。

 

 

web拍手 by FC2

2020年

2月

19日

はたらくということ

先日メディアで、「分身ロボットカフェ」が取り上げられていました。

 

生まれつきや事故などで寝たきりとなり、体を動かせない障がいのある方が、遠隔ロボット操作によって接客をし、「はたらく」ことができるという取り組みです。

カメラで相手をみることができ、手足を動かしたり会話をすることもできます。

 

実際に働いている方々の活き活きとした表情や、こうしたらもっとコミュニケーションがうまく取れるかもといった上昇志向に胸を打たれました。

 

「はたらく」ことに生きがいややりがいを感じ、

社会とつながることで幸せや自己肯定感を強く感じることができる。

 

働き方が多様化していますが、やはり同じ「はたらく」のであればワクワクとした仕事を作っていきたいとあらためて思いました。

 

(H.M)

2020年

2月

18日

完璧はない

 

春を目前に、漠然とした不安に襲われる。

新型肺炎流行で、マスク着用のため、慢性酸欠だから?

 

感染症で世界中がギスギスとしている。

水際対策もなく、日々増える日本の感染者数に無力感を覚える。

EU離脱の英国を暴風雨キアラと、ダメ押しとばかりにデニスが襲い

警告空しく甚大な被害がでる。

 

知らず人智を過信ししすぎている?

万能ではないと認め、状況を受け入れ、謙虚に前を向くことが

スタートかもしれない。

 

暴風雨「デニス」が直撃した英ウェールズ南部ポースコールの防波堤に打ち上がる波(2020215日撮影)。(c)GEOFF CADDICK / AFP

 

普通に人がうつりこんでいるのが謎?!

 

web拍手 by FC2

2020年

2月

17日

限定の底力。

 

 先月1月に比べると、時の歩みが早い。

 

 日々を大事に、そんな意識を強めている。

 

 我社の本分、企画提案に休みはない。

 社内外あらゆる場面に、

 我社の売り物「事業成果つくり」への企画・提案の芽は潜み、

 その具現化の機会を求めている。

 

 このことに意識を研ぎ澄まし、準備を常態化していく。

 

 限られた時間であるが故に、持てる資源の顕在・潜在能力が発揮される。

 

 我社の行動基準にもうたう大事な考えである。(T)

 

厳冬、寒さ故の鮮やかさ

web拍手 by FC2

2020年

2月

14日

全国研修、47都道府県開催達成!繋がる、広がる

 

 人生の最終段階における医療体制整備事業,

 「患者の意向を尊重した意思決定の為の研修会」。

 ナショナルプロジェクトとして厚生労働省の委託を受け、神戸大学が主催、

 アドバンス・ケア・プランニング(ACP)の実施による終末期のQOLの向上に向けて、

 47都道府県、全国の病院施設等会場で足掛け4年の研修会を順次開催、

 このたび、全都道府県での開催を達成されました。

 

 明日の景色を創る研修事業においても、

 事業責任者が自ら網羅的に全国を巡回された事業は稀有です。

 この間、弊社も使命・意義を戴して、事務局の任に当たらせて頂き、

 この4年で事業が繋がり、広がり、景色が変わっていくのを目の当たりにさせて頂きました。


 各地での開催においては、ご当地の関係者の皆様に多大なご協力を賜りました。

 

 常に成功のイメージを持って事業の目的と成果を理解、

 事業関係者のモチベーションを高め、

 所与の環境を最善の環境にすることをモットーとするOJも面目躍如でした。(R.K.)

 

 

 

web拍手 by FC2

2020年

2月

12日

久しぶりの試験

大人になると、試験にまつわる

「勉強しておかなければ」との思いや、緊張感、

 成績結果に嬉し恥ずかしの思いの機会は少なくなりました。

 

先日、プライバシーマーク研修後の試験、

オスカージャパン理解度の試験

久しぶりに、試験が社内で2度行われました。

 

試験前には、皆ソワソワと学生時代のようで

終わった後は、安堵の表情でした。

 

意気込んで予習する人。ぶっつけ本番で恥ずかしい結果となり、振り返って学ぶ人。

どちらにせよ学びがあり、

社会に出てからの久しぶりの試験もいいものだな、と思いました。 (S.H)

 

web拍手 by FC2

2020年

2月

10日

役割に真剣!

 

 先月、1月20日に召集された通常国会、

 1日数億円の国税を投入して、6月17日までの150日の会期。

 

 あなたたちはどこの国の政治家ですか、

 こんな問いかけをしてみたい。

 

 人は生を受けて後、それぞれの役割を与えられ、今を生きる。

 ましてや、公僕として、100年の大計を掲げ、

 我が愛するかけがえのない日本国・日本人をいかに守り抜き、

 成長発展させていくか、たったその一つの役割のために今があるはず。

 

 現実を見るに、その姿はかけらも見ることも感じることも出来ない。

 

 明日は、皇紀2680年、我が日本国建国記念日。

 

 お花畑の生き様に気付き、どこかで踏みとどまらないと、

 日本・日本人の劣化を止めることはできない。

 

 ひとり一人が己の力を出し惜しみせず、その役割を全うすれば、

 流れは変わる、変えられる。

 

 我社では今日も、責任遂行企業として、

 事業成果環境つくりへ、思いを形に! 邁進中である。(T)

初代神武天皇。今上天皇陛下126代、永永として続く我が日本国。

web拍手 by FC2

2020年

2月

04日

立春

 

今日2月4日は立春。

まだまだ外で過ごすには寒い時期ですが、

暦上では本日から春、どこか心躍る思いです。

 

オスカー・ジャパンも多くの事業に参画すべく、

来年度に向け着々と土台作りに励んでいます。

 

7月から始まるオリンピックも、

開会までいよいよ半年を切りました。

日本全体がわくわくムードに包まれる2020年、

弊社もその波に乗り更なる進化を遂げられるよう、

日々思いを強くしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

立春からの最高気温の合計が540℃になると、

桜が開花するという概算法があるそうです。

web拍手 by FC2

2020年

2月

03日

「応えるOJ!」再始動

 

 OJ,2月スタート。

 

 折りしも今日は節分、季節の変わり目、冬から春へ。

 

 季節の分かれ目には邪気が入り易いと言われ、

 玄関に魔除けを設け、豆まきで邪気を払う。

 季節の行事、なんともいえぬ温かみ、重みを感じる。

 

 我社も年度の狭間にあって、気を抜くことなく、機を意識し、

 経験、課題を活かした新たなサービスで、

 

 無二の成果環境プロデュースを確固たるものとし、

 多くの期待に応えていきたい。

 

 「応えるOJ!」 再始動です。 (T)

成果事業の太陽、OJを目指して。

web拍手 by FC2

2020年

1月

30日

毎朝の習慣

オスカー・ジャパンでは朝の始業時に、みんなで輪になって挨拶をします。

「おはようございます!」という元気な挨拶は、社内のコミュニケーションを円滑にする大事な習慣です。

 

輪になることで、全員の顔がよく見えます。

見えるということは、見られているということ。

 

表情、姿勢、動作、視線など、

ノンバーバルコミュニケーションの実践の場と考えると、自然と緊張します。

 

毎朝実践の場があることに感謝。

 

(H.M)

2020年

1月

29日

会社は現場

 

OJは企画・運営の会社です。

運営には、シンポジウム等「現場」での当日運営業務が含まれます。

 

OJでは、「会社は現場」との考えの下、日常における考動を重要視しています。

・トイレットペーパーはなくなったら新しいものに替える

・水回り(流し等)を使用したら水滴を拭いて綺麗にする

・ゴミは分別し、かさばらないようにして捨てる

 

次に使用する方のことを考え、快適な空間をつくる視点に立てば

当然のことですが、

公共のスペースで、以外と、出来ていないことが多いように思います。

 

日々習慣化していないと急には取り繕えません。K.K

 

 

web拍手 by FC2

2020年

1月

28日

「よくなったこと」を数えよう!

 

 悪いニュースが毎日、駆け巡り、
 世の中はどんどん悪くなっているかと思いきや
 良くなっていることも沢山あると私は常々実感しています。

 

 身近な所でも、駅をはじめ公共のお手洗いが、本当に美しくなりました。
 全国の病院も名実ともにホスピタリティにあふれています。
 寝たきりゼロも実現中。


 SDGsの推進等、地球環境、社会の環境をよりよくする意識改革の進展。
 皆がそれぞれ、その人らしい人生を全うできる価値観の普及。
 視点を変えれば、よくなったことに満ちています。

 

 この国をこの世界を変える仕事をフルサポートするオスカー・ジャパン!


  Building a Better future since 1988
 これからも「よくなったこと」つくりに邁進します。 (R.K)

 

  

事業で訪れた大分県庁前から、

大分府内城天守ライトアップを望む。

 

天守は骨組のみ。夜、イルミネーションで

お城が現れるアイディアに感動!

 

web拍手 by FC2

2020年

1月

27日

新たなる始動!

 

 東京もそれなりに寒い。今日は午後から雪の予報。

 肩を丸め目線を落としがちな冬の只中にあっても、

 百花の先駆け、梅が咲き始め、その香が漂う。

 

 季節はその歩みを止めることはない。自然の力に改めて驚きと喜びを得る。

 

 我社も、昨年末から年始にかけて息もつかせぬ賑わいの中に、

 今、新年度に向けた挑戦が始まっている。

 

 この間、全力で取り組み提供してきた事業成果環境、

 その評価をもってしての、業務委託を期待したいところであるが、

 ゼロからのコンペへの挑戦とは、なんとも辛い季節でもある。

 

 我社が選んだ道である。

 「この世界での無二のサービス提供」への自負を現実化するためにも、

 果敢に挑み、安心して任せて頂ける企業へ、

 

 そんな思いを強くしての、新たな始動である。 (T)

 

web拍手 by FC2

2020年

1月

24日

沖縄!

このブログでも何度か紹介しておりますが、神戸大学主催の研修事業が

先週末沖縄で開催され、準備万端で臨みました。

 

海を越えての研修会。

沖縄にしては、少し肌寒い気候の中での研修会でしたが

他の地域と変わらず、熱気ある研修となりました。

 

参加者の皆様のモチベーションをあげ、事業成果を作り出すOJの広報手段

日本中を一緒に回っているバナーも、各会場で好評です。

 

残り、あと3か所となりました。

 

どの会場も受講生の実りある時間となるよう、

バナーと共に、OJも駆け抜けていきます!

(R.T)

 

 

web拍手 by FC2

2020年

1月

23日

映画を通しての学び

先日、久しぶりに映画を見に行きました。

多数の賞をとっている「パラサイト半地下の家族」です。
第一印象は暗そうで、乗り気では無かったですが誘われるままに行ってみると
あっという間に映画の世界に引き込まれていました。
「格差社会」をコミカルから恐ろしい展開へ、この世界は現実か非現実か。                             

映画を通してのメッセージ、貧富の差からなる社会カーストの課題。見終わった後もしばらく頭から離れませんでした。 

様々な課題のある現代
我社の、日本を正しく強く発信することに貢献したいという理念の実現へ
さまざまな事業に関われる事はとても光栄な事です。

オリンピックで海外から沢山の方々を迎えます。
これを機に、我社の理念を具現化し、誇らしく、又来たいと思っていただける日本をつくりたいと願います。

(S.H)
web拍手 by FC2

2020年

1月

21日

あたらしい試み

 

 昨日のブログで紹介しました、

「第8回厚生労働省ICFシンポジウム」がイイノホール(虎ノ門)にて開催されました。

 

今回は当シンポジウム初の試みとして、

舞台上に設置したスクリーンの文字通訳と合わせ、ヒアリングループが設置されました。

企画・提案を日常とするOJ、また一つ環境が整ったシンポジウムとなりました。

 

 更なる環境整備も含め、事業成果環境づくりのOJに

 ご期待ください。 S.K

 

web拍手 by FC2

2020年

1月

18日

第8回ICFシンポジウム開催

 

 2020年1月18日(土)開催の

 第8回厚生労働省ICFシンポジウムの企画・運営を担当いたしました。

 

  継続開催への思いが形に!

 

 今年は参加登録者(405名)、※ポスター登録(17件)とも過去最高を記録、

 ポスターのテーマも「医療、介護、福祉、教育現場におけるICFの活用紹介」

 とより具体的になりました。

 

   ※ポスター…研究・取組を大判のポスターにまとめて発表するものです。

 

 ポスターの1つ、「ナースケアたんぽぽ(看護小規模多機能)」の

「ICFの活用で,生きる目的を持てたと実感された人々の事例紹介」では

 50年間の入院生活から退院され、地域で社会の一員として暮らす夢を

 実現された方等、

  ICFとそれに携わる方々の熱意で、夢を実現された4事例が紹介され、心をうたれました。

 

 つながる、広がる、ICF ! 

 

  配布資料、ポスターは、日本国際統計分類協力センターのページに

  アップ予定です。乞、ご期待!

   (K.K)

 

web拍手 by FC2

2020年

1月

16日

昨年9月の第1回京都から始まった、神戸大学主催の研修事業(※)。

※令和元年度 厚生労働省委託事業 人生の最終段階における医療体制整備事業「患者の意向を尊重した意思決定のための相談員研修会」

 

1月13日(月・祝)の第12回は愛媛県にて開催され、

他の回と同様、盛会のうちに終えることとなりました。

 

弊社は本事業を年間を通して支援させていただいておりますが、

どの研修会においても受講生や講師の皆様の熱量に圧倒されます。

 

参加者の皆様の更なるお力になれるよう、

日々、成果環境プロデュースに励み、事業の発展を願います。

(A.S)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛媛県医師会館にて開催。受付にはインフルエンザ対策として、

会場の方がご用意してくださったマスクと消毒液も。

web拍手 by FC2

2020年

1月

15日

飲食手配の学び

 

 神戸大学主催の全国研修支援事業、先日、岩手県盛岡市で開催されました。

 

 会議・研修環境の要素に「飲食手配」があります。

 

 弊社にとって飲食手配とは、単なる食事の手配ではなく、

 参加者の皆様のモチベーションを高め、事業の意義を繋げる広げる意味を込めています。

 

 予算・男女比・年代・開催地等々を考慮し、

 事業成功に不可欠な重要な要素の一つと捉えています。

 

 

 今回、出張の折、時間を作り盛岡冷麺のルーツと言われる「食道園」を訪ねました。

 

 どんな場面でも学びの場を求め、そしてそれをとことん楽しむ、そして活かす。

 オスカー・ジャパンの日常です。

 

(H.M)

2020年

1月

14日

OJ、原風景。

 

 先日、「年の暮れ、正月が感じられなくなっている。これは、

  日本人の魂が奪われつつあるせいではないか。・・」

  こんな考えに出会った。

 

 日本の原風景を創り出すものは、紛れもなく我が日本人であり、

 昨今の、場当たり的生き方が垂れ流している日本国の情景を見るにつけ、

 合点のいく思いである。

 

 我社にあって、ややもすると、日々の業務に振り回され、

 一日が過ぎていく、そんな光景が散見できる。

 

 多くのお客様の納得、評価を頂くその根源は、

 我社の事業領域において、

 確固たる成果、「繋がる、広がる企画そして運営」を積み上げ、

 

 掲げた理念を実現することであり、

 OJサービスの原風景たる成果を創り続けることである。(T)

 

 

 

日本の四季、見事なる風景

 

 

web拍手 by FC2

2020年

1月

09日

OJカレンダー2020

 

 この季節、一枚もののOJカレンダーをお届けするのが、

 毎年吉例の感謝と喜びです。


「俯瞰」を社是とするOJ、

 社長の一つの思いが年間を見渡せる一枚もののオリジナルカレンダーでした。
 その思いを2007年版で実現、以来、我が社の伝統となっています。


「事業に成果を生む環境をプロデュースすること」が社業のOJとしては、

 カレンダーもその視点での工夫をしています。


  環境開運学である風水に基づく、その年のラッキーカラーの使用、

  その年のテーマを決めての写真の選定、

  年度を見渡せる前年12月から翌年4月までの掲載、

  その年の特記スケジュールの掲載です。


  2020年、ラッキーカラーはグリーン、ゴールド、茶、

  令和時代のラッキーカラー、ラベンダー。


  写真のテーマは四季の息吹。

  春は百花のさきがけ、梅の花。

  夏は五輪に涼と勢いをと清流の滝。

  秋は日本の誇る実りの稲穂。

  冬は百山の雄、富士の頂。


  オリンピック、パラリンピックのスケジュール掲載。


  皆様と共に輝ける2020年への祈りを込めました!  (R.K)

 

 

web拍手 by FC2

2020年

1月

08日

今年やりたいことリスト

 

気持ちも新たに本年も始まりました。

新しい年を迎え「2020年は〇〇な年にしよう!」、

皆さんはどのような目標を掲げたでしょうか。

 

私は1年の始まりに

可能不可能、大小は考えず

「やりたいこと100」を書き出します。

100は出なくとも書き出した後は見返し

「やらなければいけない」と思わず、

「できたらいいな」とワクワク頭の片隅にインプットされているだけで

無意識にそこへ向かい行動し、昨年はいくつか実現しました。

OJでも、インプットアウトプットを重要視しています。

 

2020年も皆さんにとって、実り多き1年になりますように!

(S.H)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       「新幹線から見えた美しい富士山」

web拍手 by FC2

2020年

1月

07日

期待!

2020年がいよいよ明けました。

 

今年はなんといってもオリンピックイヤー!

多くのアスリートの皆さんが、応援してくれる日本中の人たちのため、

何より、今までいろんなことを犠牲にして努力してきた自分に応えるため。

最終調整に入っていることと思います。

 

 

我々OJは、顧客の皆様の期待に応えるため!

日々の努力を続けてまいります。

 

本年も、宜しくお願い申し上げます。

 

(R.T)

web拍手 by FC2

2020年

1月

06日

応えるOJ !

 

 新年、令和2年、2020年、

  思いを漲らせスタートをきる。

 

 

 この時代、この我が日本国の現状を鑑みるに、安閑とすることは許されない。

 

 我社にあっても身の引き締まる新年のスタートである。

 

 創業32年、

 この間、多くの皆様から頂いたご支援、ご愛顧に感謝申し上げ、

 

 弊社の提供するサービス、「国際事業等成果企画・成果運営」に磨きをかけ、

 

 この一年を、「応えるOJ!」としていく決意を以て、

 

 本日スタートです。(T)

見晴らし、良し!

web拍手 by FC2

2020年

1月

01日

今あることに感謝。

 

 初日の出を拝し、我が日本国の総氏神様たる太陽神、

 天照大御神のご加護に感謝申し上げつつ、

 本年、令和2年、2020年が穏やかにして活気漲る一年となることを祈念する。

 

 我社にも、真っ新な一年が与えられた。

 

  思いを強く、思いを形に!

 

 多くのお客様の意義ある事業があまねく成就することを、

 そして、成果を提供する責任遂行企業として、その期待に応えるべく、

 オスカー・ジャパンの無二のサービスを更なる高みへ、

 

 メンバーひとり一人が練磨、成長することを、

 その先にある繁盛店、成長企業となることを、深く心に刻む。(T)

 

2020.1.1. 7:09 OJ本社より初日の出を拝す。

web拍手 by FC2

2019年

12月

26日

敢えて、

 

 本日より年末年始の休みに入ります。

 

 折々に実施してきた検証を、大所高所の視点を入れて

 更なる光をあて、明日に活かしていかねばならない。

 

 様々な思い、考動を積み上げ、多くの出会い、経験を積み上げてきた。

 社会との係わりの中で、否が応にも多くの思いを感じてきた。

 

 その中で、悲しいかな日本人の劣化が著しく進行していることに、

 悔しさ情けなさ、何とかせねばの思いが募る。

 

 根本からの意識改革、制度改革が待ったなしであることを痛感する。

 

 自国である我が日本国を愛する人間造りを大前提に据えることが

 始まりの始まりであると思う。

 政治も、経済、文化、自然も全ては、この大前提あってのものである

 ことを覚醒せねばならない。

 

 あまりに狭量な矮小な保身に満ちた、大人たちの在り様は、

 かのノブレスオブリージュの精神とはかけ離れたものである。

 

 先達がつくりあげてきたこの日本国を、愛する国とし、

 次世代に繋いでいかねば。

 

 新しき年を迎え、良き一年であることを祈る中で、我社は、

 この思いを深め、一歩の歩みをしっかり踏みだしていこうと思う。(T)

web拍手 by FC2

2019年

12月

23日

棚卸

 

 暮れも押し迫ってきました。

 

 暮れ正月を迎えんとするこの時期に、忙しさの中に身を置くことは

 商売人の冥利に尽きます。

 

 一方で、忙しさに目を奪われ、足元を疎かにしては、

 明日に繋がる幸運の女神が通り過ぎていきます。

 こんな時こそ、身の回りを整理整頓、綺麗に保つことが求められます。

 

 我社恒例の棚卸を行いました。

 

 商製品売買業の棚卸とは異なり、

 社内の備品等を全て洗い出し、事業の検証を兼ねた

 景色・環境を一新するものです。

 

 我社の大切な文化の一つであり、

 一丸の考動は、我々の思いを越える別世界の創造でもあり、

 

 参画させていただく事業に、

  お客様の思いを越える世界を提供し続ける我社において、

  自己を見据える、自社を見据える機会でもあります。   (T)

 

 

web拍手 by FC2

2019年

12月

18日

実りある年

 

 2020年を目前にひかえ、わくわく感が多忙な日々を支えます。

 

  今年も多くの事業に携わりました。

  様々な事業でご一緒したお客様から、

  「よいオーガナイズだった」「次回もぜひ」

     といったお言葉をいただくことが出来、

   成果を生み出す事ができたと実感できる1年でした。

 

  2019年、まだまだいくつもの事業が控えています。

  実りある年として締めくくり、新しい年への活力とすべく、

  真摯に取り組みたいと思います!

      (S.K)

web拍手 by FC2

2019年

12月

17日

繋がる、広がる

 

 先週末、

 『就労支援フォーラムNIPPON 2019 

       障害者就労支援、その喜び、憂い~総力戦のSEASON2スタート』

  (日本財団主催、日本精神科看護協会はじめ12協働企画団体、厚生労働省後援)

  が,1500名を超える参加を得て盛会裏に開催されました。


 オープニングのメッセージは、村木厚子津田塾大学客員教授(元厚生労働事務次官)。

 障害のある人が「ともに社会を支える仲間」であるという共生社会の理念を改めて提示され、   就労支援のベースとしてICFを紹介されました。

 

 ICFといえば、新年早々に開催の第8回厚生労働省ICFシンポジウム

 も継続担当させて頂いており、多くの皆様のお申し込みを頂いています。


 様々な事業に横断的に参画させて頂いているOJ、

 事業を繋ぐ横糸となり、OJの参画で「繋がる、広がる」の貢献へ、決意の年末です。

 

就労支援、ここでもグローバルな価値基準ICFがベースに
就労支援、ここでもグローバルな価値基準ICFがベースに
恒例のツリー前集合!
恒例のツリー前集合!

(R.K.)

web拍手 by FC2

2019年

12月

16日

課題解決

 

OJの今月の言葉「悔いなき歩み」のもと

各スタッフが30の課題を洗い出し、現在、

「この課題、自分ならどうする」を考えるプロセスへ移行しています。

 

皆、だれでも積年の課題を抱えてます。

洗い出すと、頭が整理され、

自分で解決すべき課題か、他力を入れた方が良いのか、

そもそもそれに取り組むべきなのかが見えてきます。

 

課題を解消し、軽やかなOJの明日へ、チャレンジは続きます。

 

時代を切り開いた名車として鉄道王国英国の鉄道博物館の入り口を飾る新幹線

 

web拍手 by FC2

2019年

12月

13日

学びにわくわく。

 

 この間、様々な提案を日常化し、

 一つひとつ創り上げてきた多くの事業が次々と本番を迎えている。

 

 必ずや、お客様の思いを越える成果を提供し、

 次なる関係性を深く広く繋げていけるものと確信している。

 

 一方で、新たな出会いも生まれ、

 最初は小さな小さなサービス分野ではあるが、

 そこにも、我社サービスの神髄、その一端を体験して頂ける出会いがあり、

 この出会いから、やがては大いなる期待を持って頂ける

 事業提案の機会が与えられるものと思っている。

 

 人間性・社会性・専門性を磨き、

 その総合力から生み出されるOJサービス作りへ、

 

 内外の様々な場面での学びにわくわくの12月。(T)

web拍手 by FC2

2019年

12月

10日

為せば成る、為さねば成らぬ何事も

ある有名な方が出演されている番組を見ていた所、

成功の秘訣について問われた際に

話された人生が、

その美しく優雅でユーモアがある

苦労を感じさせない、見た目からは想像できない程の苦労と努力がありました。

 

また、そんな方が発する

ずっと大切にされてきた言葉には、

心を動かされます。

「為せば成る、為さねば成らぬ何事も」 

 

 

弊社の形無いサービス業も

現場当日を迎えるまでの、見えない数々の過程があってこその成功。

その積み重ねの結果が

現在の30年続くオスカージャパンなのだと

思わされます。

 

(S.H)

 

「ネモフィラの花言葉は どこでも成功」
「ネモフィラの花言葉は どこでも成功」
web拍手 by FC2

2019年

12月

10日

働く喜び

12月14.15日に「就労支援フォーラムNIPPON2019」が今年も開催されます。

昨年、ブログに掲載してから1年経ち、感慨深いものがありますが

この1年で、就労の取り巻く環境はどのように変化したのでしょうか。

 

働くことの喜びを感じられるというのは幸せなことです。

 

一人でも多くの人に、そう感じていただけるよう

事業に携わったからには最後まで見届けていきたいという思いで

今週末の本番に向けて邁進していきます!

(R.T)

 

昨年会場にあった クリスマスツリー
昨年会場にあった クリスマスツリー
web拍手 by FC2

2019年

12月

09日

見通し良し!

 

 落葉した木々を通し、日頃見えなかった景色が現われる。

 力強き木々の姿、野鳥の姿、木々越しの街並み、 晩秋の楽しみである。

 

 この、季節のめぐりに合わせるように、

 我社の視界を遮る、積年の課題を出し切り、

 その解消、そして、明日の支えに変えていく取り組みを、

 この12月のテーマに据えて実行中である。

 

 世の中の動きがいかに変わっていこうが、

 季節は確実にめぐりめぐって人間社会に大いなる恩恵を与え続けている。

 

 ならば、我社も、環境激変の中にあっても、

  あるべき姿を見据えての在り様作りへ!

  存在意義を戴しての夢多きサービス提供へ!

 

   見通し良しの12月創り!  (T)

web拍手 by FC2

2019年

12月

05日

12月

 

今年も早いものでもう12月となりました。

 

5月から令和の時代が始まり、新元号の発表に

わくわくしていた頃がついこの間のように思い出されます。

 

毎年この時期になると「年内にやり残しがないように」と

日々意識するようになりますが、それと同時に来年の準備も進んでいきます。

 

お陰様で来年も1月からたくさんの事業に携わらせていただきます。

来月良いスタートを切れるよう、残り少ない2019年を駆け抜けていきたいと思います。

(A.S)

web拍手 by FC2

2019年

12月

04日

立ち止まってみる

先日、新潟県出張の際、信濃川を眺める機会がありました。

 

長野から新潟にかけて流れる日本一長い川。

 

そんな日本一の川の流れと並行に歩きながら、

人間は川の水と違い、自分の意志で立ち止って

ゆっくりと後ろを振り返ることができることに、あらためて気付かされました。

 

前に進むことも重要ですが、自分が歩いてきた道を振り返ることも同じくらい重要です。

 

仕事においても検証が大切。

各事業のしっかりと立ち止まって振り返りを行い、その先につなげていきたいです。

 

(H.M)

青い空と日本一の信濃川
青い空と日本一の信濃川
web拍手 by FC2

2019年

12月

03日

国際プロジェクトの本領発揮

 

師走に入り早々、

国立がん研究センターとIAEA(国際原子力機関)

のワークショップを受注しました。

 

今年はTICAD7(HHA主催、世界保健機関アフリカ地域事務局担当)、

WDC 世界認知症サミット(World Dementia Council主催)等

国際機関とご縁が多く、

短期間で協力して1つのものを作り上げる中で、

国際プロジェクトの企画運営会社として

学びや刺激の多い一年となっています。

 

ありがたいことに今月も重要な事業が目白押しです。

引き続き気を抜かず、業務に邁進してまいります。

 

web拍手 by FC2

2019年

12月

02日

彩り

 

 12月に入り、思いも深まる季節。

 

 「若さ、挑戦、勝利」を年間のテーマとして掲げ、

 自己を変え、会社を変え、様々な挑戦を繰り返してきた。

 

 我社の強い思い・提案への共鳴・共振を得て、参画の機会を得た事業、

 門前払いに苦い思いの残る事業、

 一歩及ばず悔しさに必死に耐えた事業、

 今一つ一つを鮮明に思い出す。

 

 一つ一つの事業に、真摯に誠実に成果志向の責任遂行企業として

 取り組んできたが故に、

 今、国際事業に、各種会議・フォーラム・セミナーに、研修事業にと、

 彩り豊かな意義ある事業に参画させて頂いている。

 

 お客様の期待を越える企画・運営一体の無二の企業として、

 更なる飛躍を期して、

 この一か月をしっかり創っていかねば、思いは深い。  (T)

 

彩り豊かな上水の桜木

web拍手 by FC2

2019年

11月

27日

病は気から

 

 インフルエンザが流行り出してきました。

 

 私は最近「病は気から」のことわざを身を持って経験しました。

 

 体調を崩しそうな環境の時も、体調を崩してはいけない!と

 気を強く持っている時は元気でいられたのが、

 環境の整ったつい気が緩まる場で過ごしたとたん体調をくずしてしまい、

 病は気からのことわざを身を持って経験しました。

 

  オスカージャパンは

  大切な事業が次々、立ち上がっています。

 

  一人一人が風邪を寄せ付けないぐらいの 

  エイエイオー!な元気を出して,残り約1ヶ月となった2019年を

  悔いなく過ごしたいと思います。  (S.H)

 

web拍手 by FC2

2019年

11月

26日

本物のサービス

 

 先日、年間支援事業の1つである研修があり、「情報」をテーマにしたものでした。

 

 その中で、「情報を、まず批判的な目で見てみよう」という内容がありました。

 この情報は最新のものなのか、また正しいものなのか等、

 批判的に見てみて確認してみよう、ということです。

 

 なるほど、これだけ多くの情報があふれている現代、

 よく言われることですが、見極める力と取捨選択が必要なのだと感じました。

 

 オスカージャパンの提供する「本物のサービス」

   を追求し、多くの必要としている方々にお届けしたい。

 そんな思いを強くしました。 (R.T)

 

 

川越にある喜多院・五百羅漢の中にある亥のお地蔵様。 そろそろ子年を迎える準備です!
川越にある喜多院・五百羅漢の中にある亥のお地蔵様。 そろそろ子年を迎える準備です!
web拍手 by FC2

2019年

11月

25日

両輪

 

 論語に出会い、自己の支えの一つに加えている日本人は多い。

 

 その論語から多くを学び、自著にまとめ出版している方も見うけられる。

 そのお一人の方が、道を究めた人とのインタビューをしていることを見かけた。

 驚いたことに、大変不遜な態度がありありで、

 論語読みの論語知らずとはこのことかとの思いを持った。

 

 孔子の生まれた国の現政権の指導者の面々が、

 その教えとは真反対の言動を垂れ流している現実にも唖然とせざるを得ない。

 

 この顕著な例は、悲しむべきことであり、看過できないことである、が、

 物事の真意を理解することの難しさ、ましてや実行することの難しさを思い知る。

 

 我社は、公機関の事業に参画の機会を得、長年のご愛顧を頂いている。

 事業成果への戦略的提案、戦略的運営をその役目としている。

 

 事業の理解と事業の広報この両輪を以て、

 成果足らしめる無二の会社の自負を持つ。

 

 軽々な考動であってはつくりえない、

 難しさと、遣り甲斐が織り成すサービス提供領域である。(T)

web拍手 by FC2

2019年

11月

22日

形ないものだからこそ

サービス業のOJ、形がないものを売りものとしているOJ。


提供できるもの・創り出せるものが何なのか、
お客様にお見せしにくいと感じることも多々あり。


前職で経験した販売のように具体的な商品をお見せできないことを
歯がゆく思ったりします。

 

でも形ない売りものだからこそ、
希望・予算・イメージに寄り添い、
イメージ以上のものをご提供できるのがOJのサービス!

 

事業の折々に見られる関係者の満足なお顔が成果であり、励みになります。

 

年内まだまだ大きな事業を控え、
OJだからこそ提供できるサービスを実感いただけるよう邁進します。

(S.K)

web拍手 by FC2

2019年

11月

20日

楽しくなければ仕事じゃない

以前お世話になった方がこの度定年を迎えられるということで、先日、当時の関係者が集合しお祝いをしました。

 

働くことが大好きで、定年を迎えたあとも別の会社で働くことが決まっているとのこと。

とてもパワフル!

笑顔いっぱいで周りの人を元気にしてくれるお人柄は、昔のままでした。

 

その方が常々おっしゃっていた言葉。

「楽しくなければ仕事じゃない」

今回のご挨拶の中でも、あらためて聞くことができハッとさせられました。

強い思い、考え方の軸があるからこそ、ぶれずに何十年も仕事を続けてこられたのだと思います。

 

「仕事は楽しい」と思うことの意義を改めて深堀し、

前向きな強い思いを、お客様へのワクワクのサービスを提供することで表していきたいと思います。

 

(H.M)

2019年

11月

19日

正しい知識

11月17日(日)、厚生労働省主催の

医療用麻薬に関するシンポジウムが大阪で開催されました。

 

本シンポジウムはがんの痛みの治療のために処方される

「医療用麻薬」に関する正しい知識を広く普及することを目的としており、

弊社は事務局と当日の運営を担当させていただきました。

 

当日は東京開催(10/27)に続き多くの方にご参加いただきました。

最近、「違法麻薬」に関するニュースが多く報道されています。

本シンポジウムを通して、一人でも多くの方に「医療用麻薬」の正しい知識が広まることを願うと共に、

弊社の「日本を正しく強く発信する」という理念を改めて再確認いたしました。

(A.S)

 

web拍手 by FC2

2019年

11月

18日

相乗効果

 

 インタビュー番組をよく見る。

 その人の人生を垣間見ることでその時代、空気感を共有したい、

 生き様、功成り名遂げるに至ることへの興味がそうさせるのか。

 

 

 話し手の、内容に加え魅力を発信する能力、

 聞き手の、魅力を引き出し、視聴者に思いを越える世界を提供する力量、

 相俟って創り出される世界は魅力的である。

 

 我社は、お客様の事業目的を理解し、

 その事業の成果環境をプロデュースすることを社業としている。

 

 

 良き事業、良き人との出会い、その出会いを誘引する

 我社の確固たる実績・評価、そして、その周知、それぞれが前提である。

 

 この出会いを得た事業が、

 今日も多くの課題を乗り越えつつ、活気ある日々をつくっている。(T)

 

web拍手 by FC2

2019年

11月

14日

いざ、いざ新しい時代を拓かん!

 

  我社は、

 新しい時代を拓く国際会議等開催事業

 (国際会議、シンポジウム、セミナー、フォーラム)において、

 

 当該事業の発展段階に呼応し、

 発展を加速する開催企画・運営で定評を頂いております。

 

 2015年から参画させて頂いている

 神奈川県の未病チャレンジ!ヘルスケア・ニューフロンティア事業、

 この一環で、本日そして明日

 「最先端医療・最新技術の追求」の最前線を切り拓く

 シンポジウム、そして、セミナーの当日を迎えます。

 

 成功裏の開催で事業への貢献を目指します!!

 

 神奈川最先端医療国際シンポジウム(11/14)・セミナー(11/15)、

 パシフィコ横浜、そして、湘南ヘルスイノベーションパークが舞台です。

     ( R.K.)

 

web拍手 by FC2

2019年

11月

13日

どう仕事と向き合うか

 

先日新宿駅で、りんかい線が20分遅れになっており、

正しい情報が知りたく、ホームに駅員さんを探しましたが、

JRの職員らしき方をみつけることができませでした。

仕方なく開札に行くと無人。

 

新宿駅の1番線~4番線は、同じホームを埼京線、りんかい線、

湘南新宿ラインが走っており、

平時でも、正しいホームにいるか不安になります。

 

その時、一人のおばあさんがガードマンらしき方に

果敢に「中央線はどこですか?」と質問をし、

ガードマン氏はよどみなく回答。

とたんに、次から次へのその方へ乗客から質問が。

どの質問にも丁寧に答えていました。

 

職業に貴賤はないけれど働き方には貴賤がある。

ホームで働く以上、基本的な質問には的確に答えるように準備する。

プロとして、日々研鑽を積もうと気持ちをあらたにしました。

 

web拍手 by FC2

2019年

11月

11日

覚悟

 

 週末、天皇皇后両陛下のご即位をお祝いする、

 国民祭典、そして即位のパレードが行われた。

 

 澄み渡った秋晴れの下、

 祝福と歓喜溢れる祝賀が滞りなく行われたことを大きな喜びとしている。

 

 この間に、皇后陛下から垣間見えた目頭を押さえる光景に接し、

 僭越ながら、その覚悟の表れとの思いを強く致し、胸の高まりを覚えた。

 

 行事の持つ計り知れない、見えざる力が関係者の深奥に響き渡り、

 その人の在り様を確固たるものにしていく、

 そんな思いを強くした。

 

 我社では、国際会議、各種研修をプロデュースすることを社業としている。

 その空間・環境を企画し、運営をつつがなく行うことは無論のこととしつつ、

 行事の持つ意義と同じく、

 主催者、参加者の皆様が、この会議、研修に参加したことを通し、

 爾後の事業発展に繋げる、ある種の覚悟を創って頂く環境を提供することを

 サービスの根幹に据えている。 (T)

 

     ”OJ企画で、広まる、繋がる” 

          ”OJ運営で、高まる、満ちる”

 

日経新聞より

web拍手 by FC2

2019年

11月

07日

守り続ける

10月22日に、天皇御即位による「即位礼正殿の儀」が執り行われました。

京都御所から分解して運んだという高御座と十二単等の美しさに目を奪われ、

なぜか自然と涙が出てくる光景でした。

 

数日前には、沖縄県民の魂ともいえる首里城炎上の映像に

別の涙があふれてきました。

 

何千年もの間、文化を守るということは大変な事です。

 

今後も、弊社の理念である

「日本・日本人を正しく強く発信広報することに貢献」できるよう

心掛けてまいります。

(R.T)

 

 

「涙そうそう」 沖縄の方言で涙がポロポロとこぼれ落ちる、という意味です。
「涙そうそう」 沖縄の方言で涙がポロポロとこぼれ落ちる、という意味です。
web拍手 by FC2

2019年

11月

06日

今日のこと、翌月のこと、そして来年のこと

スケジュール管理をスマートフォンからアナログな手帳へ。

思いのほか調子がよく、来年も手帳を使おうと早速新しいものを購入。

 

年明けの予定を書き込みつつ、

今日のこと、翌月のこと、そして来年のことを考えると、

考えも少しずつ前に進む感覚を覚えました。

 

残り少ない2019年。

着実で確かな明日をつくり上げ、締めくくりたい!

web拍手 by FC2

2019年

11月

05日

11月

今年もいよいよ残すところ2ヶ月。

2ヶ月というとまだ時間があるように感じますが、

それを残り8週間と考えると、

そして毎週「1週間が過ぎるのは早い」と

感じていることを思うと、

2ヶ月もあっという間に駆け抜けていくのだろうと実感します。

 

先日社内では恒例の月初研修が行われました。

新たな月に入り各々の目標を確認しつつ、

「確かな明日をつくり上げる」という共通の思いのもと、

大変意義のある研修となりました。

 

今一度、今ある環境に感謝し、全社一丸で

思いを強くした1日でした。

(A.S)

web拍手 by FC2

2019年

10月

31日

弊社の経営理念

神戸大学主催の研修事業(※)が、今年度、全国16カ所で開催されています。

※令和元年度 厚生労働省委託事業 人生の最終段階における医療体制整備事業「患者の意向を尊重した意思決定のための相談員研修会」

 

第2回が10月19日に、鳥取県にて開催されました。第1回(京都)の記事は→こちら

 

全国各開催地を訪れると、その土地の文化や芸術に触れる機会が多々あります。

 

鳥取では、駅の構内で、巨大な「しゃんしゃん傘」を見ることができました。

※しゃんしゃん傘を持って、年4千人を超える踊り子が一斉に踊る華麗な「鳥取しゃんしゃん祭」は、第50回記念大会(平成26年)に『最大の傘踊り』で世界記録を達成したとのこと。

 

「日本を日本人を正しく強く発信、広報することに貢献する」を経営理念としている弊社。

あらゆるアンテナを張って、もっと日本を知り、学び、まさに正しく強く広報していきたいと思います。

 

(H.M)

web拍手 by FC2

2019年

10月

30日

事業環境プロデュース

 

10月27日(日)に厚生労働省主催の

医療用麻薬に関するシンポジウムを、

東京で開催いたしました。

 

今年2回目となる本シンポジウム、

昨年担当いたしました事務局に評価を頂き、

今年は、当日運営も担当させて頂くことになりました。

 

2回目ということで、内容も充実。

事業環境プロデュースの会社として、限定された予算の中でも

統一デザインのバナー、PPT表示、配布資料で、

関係者、参加者の皆様に好環境をご提供できました。

 

このシンポジウムは11月17日(日)に大阪でも開催予定です。

 

web拍手 by FC2

2019年

10月

29日

明日の景色・常識を創るバナー

 

 オスカー・ジャパンは、明日の景色を創る、明日の常識を創る、

 息の長い取り組みを必要とする事業、

  国境を越えた協働事業、

  普及啓発のナショナルプロジェクト

   でご愛顧いただいております。

 

 今月10月も、

 ・認知症を世界的取り組みで克服していこうという

 「Tokyo Dementia Summit 2019(東京認知症サミット2019)」

   (英国WDC:World Dementia Council主催、日本医療医療政策機構共催)、

 ・がんの痛みをとる医療用麻薬の適正使用の普及啓発シンポジウム

   (厚生労働省主催、日本緩和・医療薬学会共催)

  においても、また、大きく前進しました。

 

 当日も事業の成功へチーム一丸、

 OJ好評の「明日の景色を創るバナー」が支えます。  (R.K)

 

web拍手 by FC2

オフィシャルブログ