ロシア(ソ連)とアメリカの文化

ロシアセンター: ロシア モスクワ (1998年開設)

メディアを超えて、今、思いを伝えて参ります。

 

3月17日、アメリカのフォートワース(テキサス州)で

痛ましい事件が起きた。

 

2013年、ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝した

ワジム・ホロデンコの妻(但し、離婚調停中)が1歳と5歳の娘と無理心中を図り、

娘二人は亡くなった。

 

ヴァン・クライバーンの優勝者といえば、

高額の賞金とおびただしい数のコンサート契約が約束される一方、

そのコンサートのあまりの多さに音楽家が消耗されるという見方もある。

 

ホロデンコが優勝した直後、私は彼とマリインスキー(ペテルブルグ)の楽屋で会い、

フェイスブック上「友達」になってもらった。

 

極めて精緻な彼のピアニズムも魅力的だが、

非常に理知に富んだ皮肉屋としても知られ、彼の投稿を読むのはいつも楽しみだったものの、

そこには絶えずアメリカを揶揄するような発言が見られた。

 

ホロデンコはウクライナ人で妻はロシア人だが、

2014年からはフォートワースに移り住んでいたという。

 

一説には、ウクライナ人ということで,ロシアで嫌がらせを受けた、

とも書かれていたが真相はわからない。

 

詳細はまだ不明だが、

アメリカに渡った旧ソ連人音楽家の悲劇は

ラフマニノフ、ホロヴィッツ、スルターノフ…といくつも数え挙げることができる。    

 

(石井)

 

web拍手 by FC2