ロシア サンクトペテルブルクより

~ オスカー・ジャパンは日々、わくわくへ ~

 

プロムナード・コンサート   ~白夜のオルガン~


前回、サンクトペテルブルクへ里帰りした際、スモリヌィー聖堂で行われた

プロムナード・コンサート~白夜のオルガン~」というイベントを訪れる機会があり,

とても楽しむことができ、今回も行くことにしました。


コンサート開演30分前から閉演までの間に行われる鐘楼の開放がこのイベント特徴です。

鐘楼は50mの高さにあり、市内最高位の展望台です。(建物の高さは約94m)

市の中心から少し離れた立地ですが、素晴らしい見晴らしの景色を堪能することができます。


人通りが多く階段が狭かったので上り下りが大変でしたが、

音楽が響きわたる前に演奏会場に間に合いました。

 

今回の編成はオルガンとフルートでした。

オルガン独奏(バッハ、リストなど)、

フルート独奏(フォーレ、ドビュッシーなど)、

オルガン・フルートのデュオ(グルック、ピアソラなど)による演奏が聴けました。

特にフルートはレガートが驚く程技巧的で、演奏がとても表情に富み感動しました。

オルガンもトーンの多様性や演奏者の技法が素晴らしかったです。


プロムナードはフランス語で「散歩」を意味しますが、 

このイベントの名づけ方は偶然ではありません。

約2時間半の演奏の間に席を離れて周りに展示されている絵などを楽しんだり、

コーヒーなどを飲んだりすることができるだけでなく、

以前礼拝堂として使われていた演奏会場を出て鐘楼に再び登ることもできます。


もっとも、私は素晴らしい演奏を聴いていただけでしたが・・・


(アプフチン)

 

web拍手 by FC2