2020年

1月

16日

昨年9月の第1回京都から始まった、神戸大学主催の研修事業(※)。

※令和元年度 厚生労働省委託事業 人生の最終段階における医療体制整備事業「患者の意向を尊重した意思決定のための相談員研修会」

 

1月13日(月・祝)の第12回は愛媛県にて開催され、

他の回と同様、盛会のうちに終えることとなりました。

 

弊社は本事業を年間を通して支援させていただいておりますが、

どの研修会においても受講生や講師の皆様の熱量に圧倒されます。

 

参加者の皆様の更なるお力になれるよう、

日々、成果環境プロデュースに励み、事業の発展を願います。

(A.S)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛媛県医師会館にて開催。受付にはインフルエンザ対策として、

会場の方がご用意してくださったマスクと消毒液も。

web拍手 by FC2

2020年

1月

15日

飲食手配の学び

 

 神戸大学主催の全国研修支援事業、先日、岩手県盛岡市で開催されました。

 

 会議・研修環境の要素に「飲食手配」があります。

 

 弊社にとって飲食手配とは、単なる食事の手配ではなく、

 参加者の皆様のモチベーションを高め、事業の意義を繋げる広げる意味を込めています。

 

 予算・男女比・年代・開催地等々を考慮し、

 事業成功に不可欠な重要な要素の一つと捉えています。

 

 

 今回、出張の折、時間を作り盛岡冷麺のルーツと言われる「食道園」を訪ねました。

 

 どんな場面でも学びの場を求め、そしてそれをとことん楽しむ、そして活かす。

 オスカー・ジャパンの日常です。

 

(H.M)

2020年

1月

14日

OJ、原風景。

 

 先日、「年の暮れ、正月が感じられなくなっている。これは、

  日本人の魂が奪われつつあるせいではないか。・・」

  こんな考えに出会った。

 

 日本の原風景を創り出すものは、紛れもなく我が日本人であり、

 昨今の、場当たり的生き方が垂れ流している日本国の情景を見るにつけ、

 合点のいく思いである。

 

 我社にあって、ややもすると、日々の業務に振り回され、

 一日が過ぎていく、そんな光景が散見できる。

 

 多くのお客様の納得、評価を頂くその根源は、

 我社の事業領域において、

 確固たる成果、「繋がる、広がる企画そして運営」を積み上げ、

 

 掲げた理念を実現することであり、

 OJサービスの原風景たる成果を創り続けることである。(T)

 

 

 

日本の四季、見事なる風景

 

 

web拍手 by FC2

2020年

1月

09日

OJカレンダー2020

 

 この季節、一枚もののOJカレンダーをお届けするのが、

 毎年吉例の感謝と喜びです。


「俯瞰」を社是とするOJ、

 社長の一つの思いが年間を見渡せる一枚もののオリジナルカレンダーでした。
 その思いを2007年版で実現、以来、我が社の伝統となっています。


「事業に成果を生む環境をプロデュースすること」が社業のOJとしては、

 カレンダーもその視点での工夫をしています。


  環境開運学である風水に基づく、その年のラッキーカラーの使用、

  その年のテーマを決めての写真の選定、

  年度を見渡せる前年12月から翌年4月までの掲載、

  その年の特記スケジュールの掲載です。


  2020年、ラッキーカラーはグリーン、ゴールド、茶、

  令和時代のラッキーカラー、ラベンダー。


  写真のテーマは四季の息吹。

  春は百花のさきがけ、梅の花。

  夏は五輪に涼と勢いをと清流の滝。

  秋は日本の誇る実りの稲穂。

  冬は百山の雄、富士の頂。


  オリンピック、パラリンピックのスケジュール掲載。


  皆様と共に輝ける2020年への祈りを込めました!  (R.K)

 

 

web拍手 by FC2

2020年

1月

08日

今年やりたいことリスト

 

気持ちも新たに本年も始まりました。

新しい年を迎え「2020年は〇〇な年にしよう!」、

皆さんはどのような目標を掲げたでしょうか。

 

私は1年の始まりに

可能不可能、大小は考えず

「やりたいこと100」を書き出します。

100は出なくとも書き出した後は見返し

「やらなければいけない」と思わず、

「できたらいいな」とワクワク頭の片隅にインプットされているだけで

無意識にそこへ向かい行動し、昨年はいくつか実現しました。

OJでも、インプットアウトプットを重要視しています。

 

2020年も皆さんにとって、実り多き1年になりますように!

(S.H)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       「新幹線から見えた美しい富士山」

web拍手 by FC2

2020年

1月

07日

期待!

2020年がいよいよ明けました。

 

今年はなんといってもオリンピックイヤー!

多くのアスリートの皆さんが、応援してくれる日本中の人たちのため、

何より、今までいろんなことを犠牲にして努力してきた自分に応えるため。

最終調整に入っていることと思います。

 

 

我々OJは、顧客の皆様の期待に応えるため!

日々の努力を続けてまいります。

 

本年も、宜しくお願い申し上げます。

 

(R.T)

web拍手 by FC2

2020年

1月

06日

応えるOJ !

 

 新年、令和2年、2020年、

  思いを漲らせスタートをきる。

 

 

 この時代、この我が日本国の現状を鑑みるに、安閑とすることは許されない。

 

 我社にあっても身の引き締まる新年のスタートである。

 

 創業32年、

 この間、多くの皆様から頂いたご支援、ご愛顧に感謝申し上げ、

 

 弊社の提供するサービス、「国際事業等成果企画・成果運営」に磨きをかけ、

 

 この一年を、「応えるOJ!」としていく決意を以て、

 

 本日スタートです。(T)

見晴らし、良し!

web拍手 by FC2

2020年

1月

01日

今あることに感謝。

 

 初日の出を拝し、我が日本国の総氏神様たる太陽神、

 天照大御神のご加護に感謝申し上げつつ、

 本年、令和2年、2020年が穏やかにして活気漲る一年となることを祈念する。

 

 我社にも、真っ新な一年が与えられた。

 

  思いを強く、思いを形に!

 

 多くのお客様の意義ある事業があまねく成就することを、

 そして、成果を提供する責任遂行企業として、その期待に応えるべく、

 オスカー・ジャパンの無二のサービスを更なる高みへ、

 

 メンバーひとり一人が練磨、成長することを、

 その先にある繁盛店、成長企業となることを、深く心に刻む。(T)

 

2020.1.1. 7:09 OJ本社より初日の出を拝す。

web拍手 by FC2

2019年

12月

26日

敢えて、

 

 本日より年末年始の休みに入ります。

 

 折々に実施してきた検証を、大所高所の視点を入れて

 更なる光をあて、明日に活かしていかねばならない。

 

 様々な思い、考動を積み上げ、多くの出会い、経験を積み上げてきた。

 社会との係わりの中で、否が応にも多くの思いを感じてきた。

 

 その中で、悲しいかな日本人の劣化が著しく進行していることに、

 悔しさ情けなさ、何とかせねばの思いが募る。

 

 根本からの意識改革、制度改革が待ったなしであることを痛感する。

 

 自国である我が日本国を愛する人間造りを大前提に据えることが

 始まりの始まりであると思う。

 政治も、経済、文化、自然も全ては、この大前提あってのものである

 ことを覚醒せねばならない。

 

 あまりに狭量な矮小な保身に満ちた、大人たちの在り様は、

 かのノブレスオブリージュの精神とはかけ離れたものである。

 

 先達がつくりあげてきたこの日本国を、愛する国とし、

 次世代に繋いでいかねば。

 

 新しき年を迎え、良き一年であることを祈る中で、我社は、

 この思いを深め、一歩の歩みをしっかり踏みだしていこうと思う。(T)

web拍手 by FC2

2019年

12月

23日

棚卸

 

 暮れも押し迫ってきました。

 

 暮れ正月を迎えんとするこの時期に、忙しさの中に身を置くことは

 商売人の冥利に尽きます。

 

 一方で、忙しさに目を奪われ、足元を疎かにしては、

 明日に繋がる幸運の女神が通り過ぎていきます。

 こんな時こそ、身の回りを整理整頓、綺麗に保つことが求められます。

 

 我社恒例の棚卸を行いました。

 

 商製品売買業の棚卸とは異なり、

 社内の備品等を全て洗い出し、事業の検証を兼ねた

 景色・環境を一新するものです。

 

 我社の大切な文化の一つであり、

 一丸の考動は、我々の思いを越える別世界の創造でもあり、

 

 参画させていただく事業に、

  お客様の思いを越える世界を提供し続ける我社において、

  自己を見据える、自社を見据える機会でもあります。   (T)

 

 

web拍手 by FC2

2019年

12月

19日

就労支援フォーラムNIPPON 2019が開催されました!

 

12月14日(土)、15日(日)にベルサール新宿グランドにて、

「就労支援フォーラムNIPPON 2019」が開催されました。

 

 このフォーラムは日本財団主催で、全国の障害者支援に携わる人を対象に

 2015年度より毎年開催されています。今回は6回目です。

 

 障害者が得られる工賃の低さや一般就労への移行をはじめとする諸課題の解決に向け、

 就労支援に関わる多様な関係者が集い、学び、情報交換を行う

 日本最大規模の場となっているフォーラムです。

 

 弊社が事務局として関わらせていただいて3回目。

 毎年パワーアップしていくのを肌で感じます!

 

 継続事業の支援に向け、今回の気付きや課題を洗い出し、

 お客様のご事業がより一層輝くよう、努力していきたいです。

 

(H.M)

web拍手 by FC2

2019年

12月

18日

実りある年

 

 2020年を目前にひかえ、わくわく感が多忙な日々を支えます。

 

  今年も多くの事業に携わりました。

  様々な事業でご一緒したお客様から、

  「よいオーガナイズだった」「次回もぜひ」

     といったお言葉をいただくことが出来、

   成果を生み出す事ができたと実感できる1年でした。

 

  2019年、まだまだいくつもの事業が控えています。

  実りある年として締めくくり、新しい年への活力とすべく、

  真摯に取り組みたいと思います!

      (S.K)

web拍手 by FC2

2019年

12月

17日

繋がる、広がる

 

 先週末、

 『就労支援フォーラムNIPPON 2019 

       障害者就労支援、その喜び、憂い~総力戦のSEASON2スタート』

  (日本財団主催、日本精神科看護協会はじめ12協働企画団体、厚生労働省後援)

  が,1500名を超える参加を得て盛会裏に開催されました。


 オープニングのメッセージは、村木厚子津田塾大学客員教授(元厚生労働事務次官)。

 障害のある人が「ともに社会を支える仲間」であるという共生社会の理念を改めて提示され、   就労支援のベースとしてICFを紹介されました。

 

 ICFといえば、新年早々に開催の第8回厚生労働省ICFシンポジウム

 も継続担当させて頂いており、多くの皆様のお申し込みを頂いています。


 様々な事業に横断的に参画させて頂いているOJ、

 事業を繋ぐ横糸となり、OJの参画で「繋がる、広がる」の貢献へ、決意の年末です。

 

就労支援、ここでもグローバルな価値基準ICFがベースに
就労支援、ここでもグローバルな価値基準ICFがベースに
恒例のツリー前集合!
恒例のツリー前集合!

(R.K.)

web拍手 by FC2

2019年

12月

16日

課題解決

 

OJの今月の言葉「悔いなき歩み」のもと

各スタッフが30の課題を洗い出し、現在、

「この課題、自分ならどうする」を考えるプロセスへ移行しています。

 

皆、だれでも積年の課題を抱えてます。

洗い出すと、頭が整理され、

自分で解決すべき課題か、他力を入れた方が良いのか、

そもそもそれに取り組むべきなのかが見えてきます。

 

課題を解消し、軽やかなOJの明日へ、チャレンジは続きます。

 

時代を切り開いた名車として鉄道王国英国の鉄道博物館の入り口を飾る新幹線

 

web拍手 by FC2

2019年

12月

13日

学びにわくわく。

 

 この間、様々な提案を日常化し、

 一つひとつ創り上げてきた多くの事業が次々と本番を迎えている。

 

 必ずや、お客様の思いを越える成果を提供し、

 次なる関係性を深く広く繋げていけるものと確信している。

 

 一方で、新たな出会いも生まれ、

 最初は小さな小さなサービス分野ではあるが、

 そこにも、我社サービスの神髄、その一端を体験して頂ける出会いがあり、

 この出会いから、やがては大いなる期待を持って頂ける

 事業提案の機会が与えられるものと思っている。

 

 人間性・社会性・専門性を磨き、

 その総合力から生み出されるOJサービス作りへ、

 

 内外の様々な場面での学びにわくわくの12月。(T)

web拍手 by FC2

2019年

12月

10日

為せば成る、為さねば成らぬ何事も

ある有名な方が出演されている番組を見ていた所、

成功の秘訣について問われた際に

話された人生が、

その美しく優雅でユーモアがある

苦労を感じさせない、見た目からは想像できない程の苦労と努力がありました。

 

また、そんな方が発する

ずっと大切にされてきた言葉には、

心を動かされます。

「為せば成る、為さねば成らぬ何事も」 

 

 

弊社の形無いサービス業も

現場当日を迎えるまでの、見えない数々の過程があってこその成功。

その積み重ねの結果が

現在の30年続くオスカージャパンなのだと

思わされます。

 

(S.H)

 

「ネモフィラの花言葉は どこでも成功」
「ネモフィラの花言葉は どこでも成功」
web拍手 by FC2

2019年

12月

10日

働く喜び

12月14.15日に「就労支援フォーラムNIPPON2019」が今年も開催されます。

昨年、ブログに掲載してから1年経ち、感慨深いものがありますが

この1年で、就労の取り巻く環境はどのように変化したのでしょうか。

 

働くことの喜びを感じられるというのは幸せなことです。

 

一人でも多くの人に、そう感じていただけるよう

事業に携わったからには最後まで見届けていきたいという思いで

今週末の本番に向けて邁進していきます!

(R.T)

 

昨年会場にあった クリスマスツリー
昨年会場にあった クリスマスツリー
web拍手 by FC2

2019年

12月

09日

見通し良し!

 

 落葉した木々を通し、日頃見えなかった景色が現われる。

 力強き木々の姿、野鳥の姿、木々越しの街並み、 晩秋の楽しみである。

 

 この、季節のめぐりに合わせるように、

 我社の視界を遮る、積年の課題を出し切り、

 その解消、そして、明日の支えに変えていく取り組みを、

 この12月のテーマに据えて実行中である。

 

 世の中の動きがいかに変わっていこうが、

 季節は確実にめぐりめぐって人間社会に大いなる恩恵を与え続けている。

 

 ならば、我社も、環境激変の中にあっても、

  あるべき姿を見据えての在り様作りへ!

  存在意義を戴しての夢多きサービス提供へ!

 

   見通し良しの12月創り!  (T)

web拍手 by FC2

2019年

12月

05日

12月

 

今年も早いものでもう12月となりました。

 

5月から令和の時代が始まり、新元号の発表に

わくわくしていた頃がついこの間のように思い出されます。

 

毎年この時期になると「年内にやり残しがないように」と

日々意識するようになりますが、それと同時に来年の準備も進んでいきます。

 

お陰様で来年も1月からたくさんの事業に携わらせていただきます。

来月良いスタートを切れるよう、残り少ない2019年を駆け抜けていきたいと思います。

(A.S)

web拍手 by FC2

2019年

12月

04日

立ち止まってみる

先日、新潟県出張の際、信濃川を眺める機会がありました。

 

長野から新潟にかけて流れる日本一長い川。

 

そんな日本一の川の流れと並行に歩きながら、

人間は川の水と違い、自分の意志で立ち止って

ゆっくりと後ろを振り返ることができることに、あらためて気付かされました。

 

前に進むことも重要ですが、自分が歩いてきた道を振り返ることも同じくらい重要です。

 

仕事においても検証が大切。

各事業のしっかりと立ち止まって振り返りを行い、その先につなげていきたいです。

 

(H.M)

青い空と日本一の信濃川
青い空と日本一の信濃川
web拍手 by FC2

2019年

12月

03日

国際プロジェクトの本領発揮

 

師走に入り早々、

国立がん研究センターとIAEA(国際原子力機関)

のワークショップを受注しました。

 

今年はTICAD7(HHA主催、世界保健機関アフリカ地域事務局担当)、

WDC 世界認知症サミット(World Dementia Council主催)等

国際機関とご縁が多く、

短期間で協力して1つのものを作り上げる中で、

国際プロジェクトの企画運営会社として

学びや刺激の多い一年となっています。

 

ありがたいことに今月も重要な事業が目白押しです。

引き続き気を抜かず、業務に邁進してまいります。

 

web拍手 by FC2

2019年

12月

02日

彩り

 

 12月に入り、思いも深まる季節。

 

 「若さ、挑戦、勝利」を年間のテーマとして掲げ、

 自己を変え、会社を変え、様々な挑戦を繰り返してきた。

 

 我社の強い思い・提案への共鳴・共振を得て、参画の機会を得た事業、

 門前払いに苦い思いの残る事業、

 一歩及ばず悔しさに必死に耐えた事業、

 今一つ一つを鮮明に思い出す。

 

 一つ一つの事業に、真摯に誠実に成果志向の責任遂行企業として

 取り組んできたが故に、

 今、国際事業に、各種会議・フォーラム・セミナーに、研修事業にと、

 彩り豊かな意義ある事業に参画させて頂いている。

 

 お客様の期待を越える企画・運営一体の無二の企業として、

 更なる飛躍を期して、

 この一か月をしっかり創っていかねば、思いは深い。  (T)

 

彩り豊かな上水の桜木

web拍手 by FC2

2019年

11月

27日

病は気から

 

 インフルエンザが流行り出してきました。

 

 私は最近「病は気から」のことわざを身を持って経験しました。

 

 体調を崩しそうな環境の時も、体調を崩してはいけない!と

 気を強く持っている時は元気でいられたのが、

 環境の整ったつい気が緩まる場で過ごしたとたん体調をくずしてしまい、

 病は気からのことわざを身を持って経験しました。

 

  オスカージャパンは

  大切な事業が次々、立ち上がっています。

 

  一人一人が風邪を寄せ付けないぐらいの 

  エイエイオー!な元気を出して,残り約1ヶ月となった2019年を

  悔いなく過ごしたいと思います。  (S.H)

 

web拍手 by FC2

2019年

11月

26日

本物のサービス

 

 先日、年間支援事業の1つである研修があり、「情報」をテーマにしたものでした。

 

 その中で、「情報を、まず批判的な目で見てみよう」という内容がありました。

 この情報は最新のものなのか、また正しいものなのか等、

 批判的に見てみて確認してみよう、ということです。

 

 なるほど、これだけ多くの情報があふれている現代、

 よく言われることですが、見極める力と取捨選択が必要なのだと感じました。

 

 オスカージャパンの提供する「本物のサービス」

   を追求し、多くの必要としている方々にお届けしたい。

 そんな思いを強くしました。 (R.T)

 

 

川越にある喜多院・五百羅漢の中にある亥のお地蔵様。 そろそろ子年を迎える準備です!
川越にある喜多院・五百羅漢の中にある亥のお地蔵様。 そろそろ子年を迎える準備です!
web拍手 by FC2

2019年

11月

25日

両輪

 

 論語に出会い、自己の支えの一つに加えている日本人は多い。

 

 その論語から多くを学び、自著にまとめ出版している方も見うけられる。

 そのお一人の方が、道を究めた人とのインタビューをしていることを見かけた。

 驚いたことに、大変不遜な態度がありありで、

 論語読みの論語知らずとはこのことかとの思いを持った。

 

 孔子の生まれた国の現政権の指導者の面々が、

 その教えとは真反対の言動を垂れ流している現実にも唖然とせざるを得ない。

 

 この顕著な例は、悲しむべきことであり、看過できないことである、が、

 物事の真意を理解することの難しさ、ましてや実行することの難しさを思い知る。

 

 我社は、公機関の事業に参画の機会を得、長年のご愛顧を頂いている。

 事業成果への戦略的提案、戦略的運営をその役目としている。

 

 事業の理解と事業の広報この両輪を以て、

 成果足らしめる無二の会社の自負を持つ。

 

 軽々な考動であってはつくりえない、

 難しさと、遣り甲斐が織り成すサービス提供領域である。(T)

web拍手 by FC2

2019年

11月

22日

形ないものだからこそ

サービス業のOJ、形がないものを売りものとしているOJ。


提供できるもの・創り出せるものが何なのか、
お客様にお見せしにくいと感じることも多々あり。


前職で経験した販売のように具体的な商品をお見せできないことを
歯がゆく思ったりします。

 

でも形ない売りものだからこそ、
希望・予算・イメージに寄り添い、
イメージ以上のものをご提供できるのがOJのサービス!

 

事業の折々に見られる関係者の満足なお顔が成果であり、励みになります。

 

年内まだまだ大きな事業を控え、
OJだからこそ提供できるサービスを実感いただけるよう邁進します。

(S.K)

web拍手 by FC2

2019年

11月

20日

楽しくなければ仕事じゃない

以前お世話になった方がこの度定年を迎えられるということで、先日、当時の関係者が集合しお祝いをしました。

 

働くことが大好きで、定年を迎えたあとも別の会社で働くことが決まっているとのこと。

とてもパワフル!

笑顔いっぱいで周りの人を元気にしてくれるお人柄は、昔のままでした。

 

その方が常々おっしゃっていた言葉。

「楽しくなければ仕事じゃない」

今回のご挨拶の中でも、あらためて聞くことができハッとさせられました。

強い思い、考え方の軸があるからこそ、ぶれずに何十年も仕事を続けてこられたのだと思います。

 

「仕事は楽しい」と思うことの意義を改めて深堀し、

前向きな強い思いを、お客様へのワクワクのサービスを提供することで表していきたいと思います。

 

(H.M)

2019年

11月

19日

正しい知識

11月17日(日)、厚生労働省主催の

医療用麻薬に関するシンポジウムが大阪で開催されました。

 

本シンポジウムはがんの痛みの治療のために処方される

「医療用麻薬」に関する正しい知識を広く普及することを目的としており、

弊社は事務局と当日の運営を担当させていただきました。

 

当日は東京開催(10/27)に続き多くの方にご参加いただきました。

最近、「違法麻薬」に関するニュースが多く報道されています。

本シンポジウムを通して、一人でも多くの方に「医療用麻薬」の正しい知識が広まることを願うと共に、

弊社の「日本を正しく強く発信する」という理念を改めて再確認いたしました。

(A.S)

 

web拍手 by FC2

2019年

11月

18日

相乗効果

 

 インタビュー番組をよく見る。

 その人の人生を垣間見ることでその時代、空気感を共有したい、

 生き様、功成り名遂げるに至ることへの興味がそうさせるのか。

 

 

 話し手の、内容に加え魅力を発信する能力、

 聞き手の、魅力を引き出し、視聴者に思いを越える世界を提供する力量、

 相俟って創り出される世界は魅力的である。

 

 我社は、お客様の事業目的を理解し、

 その事業の成果環境をプロデュースすることを社業としている。

 

 

 良き事業、良き人との出会い、その出会いを誘引する

 我社の確固たる実績・評価、そして、その周知、それぞれが前提である。

 

 この出会いを得た事業が、

 今日も多くの課題を乗り越えつつ、活気ある日々をつくっている。(T)

 

web拍手 by FC2

2019年

11月

15日

東西ドイツの壁の崩壊から30年

 

 天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典をテレビで見た後、

 ドイツのベルリンで行われている壁崩壊30周年式典をネットで眺めていました。

 どちらも感慨深いものがありました。

 

 壁が崩壊しなければ、旧東ドイツ出身のメルケル首相が演説をすることはなかったでしょう。

 

 旧東ドイツではブランドであった約700点の商品のほとんどは

 壁の崩壊とともに店頭から消えていきましたが、

 フロレナのクリームやロートケプヒェン(発泡酒)など生き残った商品は

 今でも旧東ドイツの人にとっては郷愁をそそるものです。

 

 壁が崩壊した当時、私のパートナーは17歳。

 壁の崩壊の日、彼はある学生を訪ねることになっていたものの、その住まいに着いてみれば、   鍵もかけないままもぬけの殻で、仕方なく他の学生の学生寮に行き、そこで初めてテレビで壁   の崩壊を知ったと言います。

 

 1989年9月以降は東ドイツ各地でデモが起こり、

 彼自身も西に逃げることを考えていたものの、降ってわいたような突然の出来事と

 逃亡する必要がなくなったことが即座には理解できなかったそうです。

 

 当時の東ドイツでは一つに統一されたという喜びよりも

 将来に対する不安が大きかったと言います。

 

 自分の国が無くなること、今まで正しかったはずの価値観が間違いだったと言われること、

 努力して築いた財産が目減りすること、キャリアや目標を失うこと、失業すること、

 家族が崩壊すること…。

 望む望まないに関わりなく、

 歴史に残る出来事はそれに関わる人々の生活を大きく変えていきます。

 

 旧東ドイツ人を侮蔑的に表現する「オッシー」という言葉を聞くことは少なくなりましたが、「B級国民」というレッテルを貼られたと感じた人は多くいます。

 

 壁崩壊は「20世紀の政治において極めて喜ばしいことであった」とはいえ、

 自分の人生を狂わせてしまった出来事であればそれを手放しで喜ぶことはできません。

 

 次の10年で東西の経済格差が改善され、

 意識の壁がさらに低くなっていくことを期待しています。  (Y.A)

 

web拍手 by FC2